福岡再放送・・・その8中洲ガールズバーの女・・・その2

2013年05月03日

中洲ガールズバーの女・・・その1

柔ちゃんとの激しい初エッチを終えて、


シャワーを借りる。


今日一日の汚れを落としたら、


シングルのベッドの半分を借りた。


二人で寝るには、ちょっと狭いが、


彼女のぬくもりと、香りが、


心地よい眠りに誘ってくれる。


・・・・・・・・・・・・・・


あっという間に朝がきた。


まだまだ眠いでやんす。


柔ちゃん「YUちゃん?起きて?」


「・・・・・はひ・・・」


柔ちゃん「もう8時だよ〜私そろそろ仕事行かなきゃ・・・」


「・・・・え?・・・もう8時?・・・・え?」


柔ちゃん「ほらほら、急いで!」


メイクを終えた柔ちゃんが覗き込むように見ている。


「あ・・・ああ・・・ごめん今起きる。」


柔ちゃん「YUちゃん、いびきうるさかったよ〜w」


「マジで?鼻が詰まってんのかな〜?」


上着を着ながら、朦朧とした意識で答える。


そういえば、おじいちゃんもオカンも、


YUTAROの母方系列はいびきがかなりうるさい。


もしかして、いびきは遺伝するのだろうか?


ちょっとショックを受けながら、


「じゃあ、またね〜帰ったらメールして!」


と柔ちゃんに追い出される。


冷たい風が身を震わせた。


うう・・・・寒い・・・眠い・・・キモい・・・。


身をぎゅっと固めながら、


とぼとぼと歩く。


ようやく愛車のある駐車場に到着。


無事格納される。


エンジンをかけ暖房を入れる。


途中でかった缶コーヒー(ホット)をすすりながら、


携帯のメールをチェックする。


今日は夕方から筑紫女とのアポがある。


それまでは、ゆっくりできそうだ。


あれ?


バー子からメールが来ている。


バー子「いまから遊ぼうぜい!今日休みだよん!」


朝の6時に来ている。


今は9時前だ。


もう寝てるよな・・・。


試しに電話してみることにした。


プルルルルル


プルルルルル!


「・・・・・もしもしいい・・・・」


バー子が出た。


「あっメールもらってたみたいだけど?」


バー子「あ・・・ああ・・・もう家だよお〜待ってたのに〜」


「ごめんごめん・・・じゃあ今日はなしやね〜」


バー子「ちょっと寝たいからおきたらごはん食べに行こうよお〜もちろんYUちゃんの奢りだけど・・・」


「おいおいずうずうしいねえ〜」


バー子「ダメ?」


「いいよ♪おっぱいくらい触らせろよ〜」


バー子「まあいいよ・・・減るもんじゃないし。うなぎ食べたい。」


「うなぎ?並ならいいよ〜」


バー子「やった!じゃあ起きたら電話するね〜」


「お、おう」


そう言うと電話が切れた。


かなり寝ぼけてたようだが、大丈夫だろうか?


とりあえず今日もハードなスケジュールになりそうだ。


エンジンを切って、車の中の寝袋にくるまる。


腰がちょっと痛い。


ケツもなんだか痛い。


今日はホテルに泊まろう。


皆さんおやすみなさいませ。



              ―――続く―――



柔ちゃんと出会ったサイト⇒ラブサーチ


ゴールデンウィーク出会えてます!⇒ハッピーメール


ka1192296 at 00:00│Comments(4)TrackBack(0)出会い日記 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 大東ライオン   2013年05月03日 00:10
1番ゲッチョ(^O^)
2. Posted by 001   2013年05月03日 00:10
バー子ちゃん。。。いい感じ(^o^)
3. Posted by チャン   2013年05月03日 00:10
1〜
4. Posted by todo   2013年05月03日 21:54
いつもハードスケジュールのような…
次も期待しています。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
福岡再放送・・・その8中洲ガールズバーの女・・・その2