中洲ガールズバーの女・・・その6中洲ガールズバーの女・・・その8

2013年05月12日

中洲ガールズバーの女・・・その7

ちゃぷん・・・。


少し熱めの風呂につかる・・


ええあああ!!


熱さと気持ちよさから声が漏れる。


お風呂って気持ちいい。


長風呂できないけど・・。


腕や肩にお湯をかけて、バー子を待つYUTARO。






「おおい〜そろそろおいでよおお〜」


待ち遠しくなってバー子を呼ぶ。


バー子「すぐ行く〜!体洗うの早いよ〜ちゃんと洗った?」


洗面所からバー子の声が聞こえる。



ガチャリ。



バスルームの扉が開く。



バー子が入ってくる。



薄暗いのもあるが、コンタクトを片方しかつけていないので、視界がぼやける。



片方の目をさっとかくして、



バー子にピントを合わせるYUTARO。



大きな胸に少し下腹の出た、少し油断した体。



良く言えばグラマーなバー子。



薄暗い中でも下の毛は、結構濃いのがわかる。



バー子「お邪魔〜☆体洗うの恥ずかしいからむこうむいてて。」



「ほほい。」



・・・というかあんまり見えませんが。



わっしゃああああ。



シャワーの音がバスルームにこだまする。



水滴がYUTAROに飛び散る。



数分して、体を清め終わったバー子が



湯船に入ってきた。



バー子「失礼。」


もたれかかる感じで、


YUTAROに背中を預けてきた。



「いらっしゃい。」



早速、胸に手をやる。



ぽつっと乳首の感触がする。



バー子「ちょ、いきなりww」



「バー子のおっぱい気持ちいいです。」



バー子「ダメ!こら!乳首よわいからあ・・・くううう・・」



バー子のかわいい反応を見て息子はすでにギンギンである。



YUTAROはバー子の胸の弄ぶのをやめない。



バスルームに甘い吐息が漏れる。



バー子「やばいスイッチ入っちゃった。」


「さっきから入ってるでしょ?」


バー子「調子に乗るな〜」


ぐっとバー子を引き寄せ。


口づけを交わす。


「やわらかい唇、おっぱいと一緒。うにゅにゅ。」


バー子「・・・・うん・・・うああ・・・」


バー子の下半身に手をやる。


ぬるり。



しっかりと濡れていた。



バー子は後ろでにしっかりと息子をしごいている。


器用である。


なかなか体の柔らかい女だ。


息子も興奮と刺激でいきり立っている。



焼肉を食べたことでスタミナが付いたのも影響しているかもしれない。



「暑いね・・クラクラする」


バー子「出ようか?」



バスルームを出てバスタオルで体を拭いていると、



バー子が息子に噛みついてくる。



ジュッポジュッポ!



いきなりのなかなか激しいフェラチオだ。



大きな鏡にバー子の前後する顔が映る。



なんともエロい状況だ。



さっきまで和気藹々と焼肉を食べて、ペットショップではしゃいでいたとは思えない。



バー子「ふうう・・・もう入れていい?」



赤くなった顔でバー子がおねだりしてくる。



「うん・・・」



バー子がそのままバックで入れようとするので、



「まって!ゴムゴム!」



と急いでベッドルームにゴムを取りに行く。



速足で戻る間にゴムを装着。



我ながら早業だ。



「ごめんごめん」


バー子「もう!早く!」



完全に雌豹のビッチだこの野郎!




                    ―――続く―――



すいません今から出かけるので続きはまた明日(o・・o)/~



最近絶好調の出会いサイトは・・・⇒ココ

ka1192296 at 10:24│Comments(5)TrackBack(0)出会い日記 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by ああ   2013年05月12日 10:28
1ゲット
2. Posted by くまめん   2013年05月12日 10:29
1番のり〜
3. Posted by 001   2013年05月12日 10:52
バー子チャンかわいいね!(^o^)
4. Posted by チャン   2013年05月12日 10:56
ええな〜
5. Posted by YUTARO   2013年05月13日 14:01
ああさん
1ゲトおめでと!

くまめんさん
おしい!2番でした!

001さん
バー子は痩せたらもっとかわいい気がする・・・

チャンさん
ええよ☆

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
中洲ガールズバーの女・・・その6中洲ガールズバーの女・・・その8