温泉

2007年05月02日

裏磐梯猫魔ホテル

前回のブログでもちょこっと触れましたが、GWの最初の3連休は裏磐梯にいってきました。
泊まるなら、この辺でトップクラスのホテルを、ということで猫魔ホテルで2泊。以前から通る度にすごいホテルだなぁ〜といつか泊まってみたいと思ってはいたのですが・・・

まず部屋。チビ達がいるので和室をチョイス。これがまぁ、ひどい。畳は古くてかすがすごい。靴下につきまくり。扉等の閉まり具合もおかしいし。

食事。これまたチビ達のためにバイキングをチョイス。まぁ、これまで数え切れないくらい色々なホテルのバイキングを食べたけど、オレンジジュースが別注文で450円くらい?だったかな。こんなの初めて。普通バイキングの中に並んでるだろ。子供3人に注文してやったら大変だよ。料理も大したことないし。

スタッフも忙しい時期用にどっかから借りてきたアルバイトのような子ばかり。
とにかく何かとせこいし、経営が厳しいのがひしひしと伝わってくるホテル。全然リゾート気分を味わえるホテルではありませんでした。

ただ、大浴場は広くてよかった。お客も少なかったしね。最高でした。

ホテル前の五色沼の散策コースは子供でも行けておすすめ。今度は違うホテルに泊まりながら来たいですなぁ。

今回は、100点満点でいったら、そうだなぁ・・・30点。










2006年08月07日

夏休み

0c058f2a.JPG去年に引き続き、西伊豆の宇久須に行ってきました。泊まったのはホテルニュー岡部。海水浴場は目の前でプールもある。値段も夏休みにしては安い。子供連れで行くにはいいとこなんだよね。

内陸よりは大分涼しく湿気も少なくとてもすごし易いですね。
ただ、伊豆は遠い。距離は200キロしかないなにのに、行き帰り共に5時間くらいかかった。東名と首都高はどうにもならない。伊豆はとてもいいとこだけど、渋滞がなければねぇ〜・・・

ホテルニュー岡部の大浴場は2つあって男女入れ替え制なんだけど、檜風呂はとてもいいよ。伊豆随一とうたっているだけある。大きし、檜の香りがとても心地いい。
温泉自体は、無色無臭で面白みはないけど。シャワーも出しっぱなしになるのはいいけど、個々の洗い場の仕切りはなし。僕的には80点というとこかな。

行った日にちょうどお祭りをやってて花火もみれてラッキーでした。
でも、ほんと渋滞にはうんざり。来年はたぶん行かないかな。


ちなみにトレードは、Dreamsのみやりました。木金ともに1万円の勝ちでした。




2006年04月19日

湯檜曽温泉 ホテル湯の陣 5

7facd6a3.jpg

水上のホテル湯の陣、行ってきました。価格の割には良かったよ。建物は少々古かったけど。新館に泊まったけど、まあまあ良かったという感じ。あれじゃあ古いほうの本館には泊まりたくはないなぁ。

お湯のほうはというと・・・無色透明無臭で、少し物足りない。ただ、空いてたぁ〜。3回入ったけど、他のお客が居たのは1回だけ。貸切状態だったよ。

スタッフの方々は皆愛想もよく、サービスも良かったかな。嫁さんは大変気に入ったようで、もう1度きたい、と言っていました。

僕が基本的なこと以外に温泉で重視するチェックポイントはというと・・・
,風呂の洗い場の各々の洗い場が仕切られているか=×
⊆惴は押すと数秒間出てくるタイプでない=×


観光としては谷川岳のロープウェーでしょうか。眺めはよく子供達は大喜びでした。
ただ、往復で大人2000円はどうでしょうか。駐車場代も1000円とられるし。
ちょっと高いよねぇ〜。もう1回こようとは思わないね。ボリすぎ。

帰りは伊香保に寄って、伊香保グリーン牧場に行ってきました。まだ、こちらは桜が満開でしたよ。





2006年04月13日

週末は温泉です。

記念すべき最初の投稿は、いきなり225とは関係ないことから。

今週末は温泉に行きます。群馬の水上です。
最初は栃木の塩原温泉に行こうと思っていたのですが・・・

3件ほど料金の問い合わせ等で電話しましたが、すべて感じが悪い。到底サービス業とは思えない対応ぶり。
ホテル○○塩原、○○屋本館など・・・・
ホテル○○塩原などは、ネットと電話の料金は同じだというので聞いてみたら違う。なんで違うの?同じって言ったじゃん、と言うと「だったらネットで予約すればいいんじゃないですか」だって。どうにもならない。僕的には。
そんなに怒るなよ、という人もいると思うけど、印象の悪いところには行きたいと思わないんだよねぇ〜・・・

そんなこんなで、サービスの良い処、で思い浮かんだのが以前TVでみた水上温泉のホテル湯の陣。評判どおり電話での対応はよかったよ。

あとは実際泊まってみてどうなのか、というとこですね。
来週感想を書きます。

勝つための戦術がここに。
blog
訪問者数










おすすめ
日経225先物の書籍
電話でも手数料は同じ
勝つために・・・
Recent Comments


キーワードアドバイス
ツールプラス





Powered by
SEO




サイトマップラス




Powered by
SEO対策