2017年04月03日

2017年4月曲リスト ver.1.0

4・5・6月に人前で歌わなければならない曲が
間に合ってなくて焦っています。

同時に発声の見直しをしないといけないですが、
時間がたっぷりあったからといってそれができるとも限らないので、
たくさんの発表の場を有意義に経験させていただきたいな。


***********<2017月4月>*******************************
-----------------
日本歌曲レッスン
-----------------
中国地方子守歌(山田耕筰編曲)

-----------------
発表会
-----------------
Qui tollis peccata mundi(J.S.Bach)
Suleika(F.Mendelssohn)

※音楽による葬送自主練
※5月のコンサートの合わせ・レッスン
※6月のコンサートの譜読み・レッスン


***********<2017月5月>*******************************

※9月のコンサートの移調決定・移調譜作成

-----------------
Space1Fコンサート
-----------------
・Singet dem Herrn ein neues Lied BuxWV.98(D.Buxtehude)
・Evening Hymn(H.Purcell)
・No, di voi non vo' fidarmi(Heandel) 
・Laudamus te(Vivaldi)

-----------------
森の音楽会
-----------------
日本歌曲弾き語り?

-----------------
志木チャーチコンサート
-----------------
ゼレンカ


***********<2017月6月>*******************************

※志木が終わったら9月のコンサートの曲を再度譜読み

-----------------
志木
-----------------
BWV202-1,6,7,8,9

-----------------
日本歌曲レッスン
-----------------
かやの木山の(山田耕筰)

-----------------
シュッツ
-----------------
音楽による葬送 レクチャーコンサート


***********<2017年7月>*******************************
-----------------
日本歌曲レッスン 発表会
-----------------
未定

-----------------
バッハ合唱団
-----------------
BWV23,40,229,233


***********<2017年8月>*******************************
-----------------
バッハセミナー(未定)
-----------------
マタイ 第1部


***********<2017年9月>*******************************
------------
日本歌曲
------------
木下牧子「花のかず」
ほか  
Posted by ka__no at 19:44Comments(0)曲リスト

2017年03月19日

オーディション講評

所属合唱団のソリストオーディションの講評のメモ。

<ゲスト審査員の先生(ソプラノ)>
・跳躍のときの音程のブレが気になる。
 息を吸う時に、跳躍する前と後の両方の音を感じるとよい。
 (確かに、すぐ次の音のことしか考えてないような。。。)

<指揮者の先生>
・ロングトーンが、ぱっと音が出てから色が変わらないままになる。
 合唱だとそれでいいんだけど、ソロではもっと色合いを表現できるとよい。


こちらの合唱団、通常は2年で3回のインターバルで
コンサートをしてきていたので、だいたい8ヶ月に1回は
オーディションがあるのが通常でした。

が、折からのホール不足により、コンサートのインターバルが長くなり、
前の演奏会からちょうど1年、間があくことになり、
オーディションも1年ぶり。

これだけあくと、もう、すんごい久しぶりな感じで。
オーディションって、本番よりも緊張します。

練習では何の問題もなくつながったところも、
緊張したオーディションではなかなかつなげることが難しいことも多く。
緊張した状態でも上手く歌えるようになるには、
元をもっとうまくしないといけないんだろうなぁ。

指揮者先生からは、もっと観客を包み込むように歌えるといいね、
そのためにいろんな本番を経験するといいよ、と言っていただきました。

はーーーい!そうしたいです。  

2017年03月04日

2017年3月曲リスト ver.1.0

***********<2017月3月>*******************************
-----------------
バッハ合唱団
-----------------
オーディション 233-4、23-1

-----------------
音楽による葬送PJ
-----------------
シュッツ「音楽による葬送」合わせ

-----------------
日本歌曲レッスン
-----------------
もう一度の春(木下牧子)


***********<2017月4月>*******************************
-----------------
日本歌曲レッスン
-----------------
中国地方子守歌(山田耕筰編曲)

-----------------
発表会
-----------------
Qui tollis peccata mundi(J.S.Bach)
Suleika(F.Mendelssohn)


***********<2017月5月>*******************************
-----------------
Space1Fコンサート
-----------------
・Singet dem Herrn ein neues Lied BuxWV.98(D.Buxtehude)
・Evening Hymn(H.Purcell)
・No, di voi non vo' fidarmi(Heandel) 
・Laudamus te(Vivaldi)

-----------------
森の音楽会
-----------------
日本歌曲弾き語り?

-----------------
志木チャーチコンサート
-----------------
ゼレンカ


***********<2017月6月>*******************************
-----------------
志木
-----------------
BWV202-1,6,7,8,9

-----------------
日本歌曲レッスン
-----------------
かやの木山の(山田耕筰)

-----------------
シュッツ
-----------------
音楽による葬送 レクチャーコンサート


***********<2017年7月>*******************************
-----------------
日本歌曲レッスン 発表会
-----------------
未定

-----------------
バッハ合唱団
-----------------
BWV23,40,229,233

***********<2017年8月>*******************************
-----------------
バッハセミナー(未定)
-----------------
マタイ 第1部


***********<2017年9月>*******************************
------------
日本歌曲
------------
未定  
Posted by ka__no at 19:28Comments(0)曲リスト

2017年02月04日

2017年2月曲リスト ver.1.0

***********<2017月2月>*******************************
-----------------
クラ☆クラ
-----------------
お弾き初め大会(オルガン)

-----------------
ジング
-----------------
ブラームス ドイツレクイエム
シュッツ
ヘルツォーゲンベルク

-----------------
日本歌曲レッスン
-----------------
ほんとにきれい(木下牧子)
竹とんぼによせて(木下牧子)


***********<2017月3月>*******************************
-----------------
バッハ合唱団
-----------------
オーディション 233-4、23-1

-----------------
日本歌曲レッスン
-----------------
もう一度の春(木下牧子)


***********<2017月4月>*******************************
-----------------
日本歌曲レッスン
-----------------
未定(テーマは山田耕筰)

-----------------
発表会
-----------------
Qui tollis peccata mundi(J.S.Bach)
Suleika(F.Mendelssohn)


***********<2017月5月>*******************************
-----------------
Space1Fコンサート
-----------------
・Singet dem Herrn ein neues Lied BuxWV.98(D.Buxtehude)
・Evening Hymn(H.Purcell)
・No, di voi non vo' fidarmi(Heandel) 
・Laudamus te(Vivaldi)

-----------------
森の音楽会
-----------------
日本歌曲弾き語り?

-----------------
志木チャーチコンサート
-----------------
ゼレンカ


***********<2017月6月>*******************************
-----------------
志木(仮)
-----------------
バッハ

-----------------
日本歌曲レッスン
-----------------
未定(テーマは山田耕筰)

-----------------
シュッツ
-----------------
音楽による葬送 レクチャーコンサート


***********<2017年7月>*******************************
-----------------
日本歌曲レッスン 発表会
-----------------
未定

-----------------
バッハ合唱団
-----------------
BWV23,40,229,233

***********<2017年8月>*******************************
-----------------
バッハセミナー(未定)
-----------------
マタイ 第1部


***********<時期未定>*******************************
・ドイツリートコンサート
・日本歌曲コンサート  
Posted by ka__no at 23:34Comments(0)曲リスト

2016年12月28日

2017年予定

ざっと。

---

2016/12/30(金)Bleu-t 参加型発表会
 山田耕筰「からたちの花」
 木下牧子「竹とんぼに」
 木下牧子「ほんとにきれい」
 木下牧子「もう一度の春」
 なかにしあかね「愛されている」
 なかにしあかね「悲しみの意味」

2017/1/22(日)チャペルコンサート(ドイツレクイエムほか)

2017/2/4(土)クラ☆クラ 弾き初め大会

2017/2/12(日) コンサート(ドイツレクイエム (オルガン伴奏版)ほか)

2017/2/26(日)瀬山ゼミ
 木下牧子「ほんとにきれい」
 木下牧子「竹とんぼに」

2017/3/18,19 Ensemble14オーディション
・BWV23-1
・BWV236-4 Qui tollis

2017/3/25(土)瀬山ゼミ
 木下牧子「もう一度の春」

2017/4/22(土)瀬山ゼミ
 曲目未定

2017/5/7(日) さよならSpace1F古楽コンサート(仮題)
・ブクステフーデ Singet dem Herrn ein neues Lied BuxWV.98
・パーセル Evening Hymn
・No, di voi non vo' fidarmi(Heandel) 
・Laudamus te(Vivaldi)

2017/5/28(日)志木聖母教会チャーチコンサート ゼレンカ特集

2017/6/24(土)瀬山ゼミ
 曲目未定

2017/6/25(日)シュッツ「音楽による葬送」レクチャーコンサート

2017/7/15(土)瀬山詠子日本歌曲ゼミナール 発表会

2017/7/30(土)Ensemble14演奏会

(2017/8/3〜6 バッハセミナー マタイ第1部)

2017/夏 目に見えるものすべて 目に見えないものすべて
     日本歌曲シリーズ vol.2

2017/? ミルテンクランツ  
Posted by ka__no at 19:06Comments(0)曲リスト

2016年の歌活動を振り返って

今年のトピックは

☆自主企画のコンサートシリーズをいくつか立ち上げています。
 常々、20年後、30年後に歌いたい曲は日本歌曲、と言っていたのですが、
 ついに、日本歌曲のコンサートシリーズを開始しました。
 来年以降も長く続けていきたいと思っています。

☆自主企画シリーズ、これまではいざという時には1人でもリスクが取れる
 こじんまりとしたものをやってきました。客席もせいぜい50くらいまでの
 サロンコンサート的なもの。それを、教会に会場を移し、
 声楽だけでなく器楽メンバーにもたくさんご参加いただき、
 100人以上のお客様をお迎えしたシュッツ「音楽による葬送」プロジェクトは、
 これまでの企画中最大規模となりました。

☆日本歌曲の公開レッスンに聴講で潜入。
 御年86歳の瀬山詠子先生のお声とご指導に衝撃を受ける。


今年人前で歌ったのは、以下の17回。

2016/02/11 シャイン会イスラエルの泉全曲演奏会第1回レクチャーコンサート@スタジオアンダンティーノ(重唱・合唱)
2016/02/27 シャイン会イスラエルの泉善教演奏会第2階コンサート@同仁教会(重唱・合唱)
2016/03/20 Ensemble14ソリストオーディション(BWV014-2,36-7,133-4)(ソロ)
2016/03/21 第5回代官山音楽会 9つのドイツアリア@本多記念教会(ソロ)
2016/03/27 Harmony for JAPAN 2016仙台特別演奏会 ロ短調(合唱)
2016/04/17 mixiオフ会 木下牧子、なかにしあかね(ソロ) シューマン(重唱)
2016/05/03 コーロフォレスタ@川崎ミューザ ラターレクイエム、モーツアルトヴェスペレ(合唱)
2016/05/07 古楽やすおん@滝野川会館小ホール カッチーニ、パーセル(ソロ・デュエット)
2016/05/15 ジングアカデミー東京@石橋メモリアル シュッツ、バッハ、メンデルスゾーン、レーガー(合唱)
2016/05/22 志木聖母教会チャーチコンサート BWV34,39,ゼレンカ(ソロ・合唱)
2016/05/29 ジングアカデミー東京@立教大学レクチャーコンサート(合唱)
2016/06/05 第2回ミルテンクランツ演奏会@スタジオアンダンティーノ シューマン重唱、メンデルスゾーンとブラームス独唱(ソロ・デュエット)
2016/06/25 日本歌曲シリーズ@三鷹福音教会 木下牧子、なかにしあかね(ソロ)
2016/07/31 Ensemble14@浜離宮朝日ホール(ソロ・合唱)
2016/09/03 休みの日には音楽家@仙川フィックスホール ブリテン、ヴォルフ(ソロ)
2016/11/23 シュッツ「音楽による葬送」@神田キリスト教会(ソロ、重唱、合唱)
2016/12/11 志木チャーチコンサート@志木聖母教会(ソロ、合唱)

ソロ・重唱・合唱とバランスよく歌わせていただけたなぁ、と思っています。
上記のほかあと1回、年末にちょこっと歌ってくる予定です。

5月は合唱団のコンサートが重なってしまって、かつ、
仕事でもトラブル対応が発生して体力的・スケジュール的に厳しかったです。

そして体力的に厳しかったのは5月でしたが、音楽的には6月のソロ系のコンサートが
2つぶつかったのが痛くて、もうちょっとじっくり向き合いたかったなぁ、
というのが正直なところ。来年はうまくスケジュールが調整できるといいなぁ。

ぶつかってしまった今年6月のミルテンクランツ、日本歌曲コンサート、
どちらも来年も開催させていただく予定ですので、どうぞよろしくお願いします。
なお、日本歌曲コンサートは今年ご一緒した方は、
いったん次回はお休みの予定ですので、
ゲストをお迎えして開催できるよう、準備中です。

そして今年の話に戻ると、5・6月が大変だった分、
秋はゆったりしたスケジュールで、今年のメイン演奏会と言える
シュッツ「音楽による葬送」にじっくり取り組めて、
メンバーとたくさん声を合わせられてとっても嬉しかったです。
こちらは来年6/25(日)に再度、シュッツ「音楽による葬送」の
レクチャーコンサートを行うので、
さらに演奏を深められるといいなぁ、と思っています。

歌に関してはこの1年、どのくらい進歩しているのやらいないのやら、
正直自分自身には実感ありません。一進一退といったところで、
ひとつひとつの本番をとにかく全力でこなしている日々です。

もっと音程がよくなると、より音楽の表現を聞いていただけると思うので
もっと音程をよくしたいのですが。
ただ、音程をよくしようとして音程を取りに行かず、
もっと大きいところで歌って、結果的に音程がよくなる、
という方向性を目指したいところです。

来年は1・2月には合唱団の練習にかかりきりになってしまうのですが、
その後は日本歌曲を今年はじっくり取り組みたいと考えています。  
Posted by ka__no at 17:52Comments(0)つれづれ

2016年12月04日

2016年12月曲リスト ver.1.0

***********<2016年12月>*******************************
-----------------
志木チャーチ
-----------------
ゼレンカ
クリスマスオラトリオ2部(天使)
カンタータ171番


***********<2017月1月>*******************************
-----------------
ジング プレコンサート
-----------------
ドイツレクイエム ほか


***********<2017月2月>*******************************
-----------------
ジング
-----------------
ドイツレクイエム ほか

-----------------
日本歌曲レッスン
-----------------
ほんとにきれい(木下牧子)
竹とんぼによせて(木下牧子)


***********<2017月3月>*******************************
-----------------
バッハ合唱団
-----------------
オーディション 233-4、23-1

-----------------
日本歌曲レッスン
-----------------
もう一度の春(木下牧子)


***********<2017月4月>*******************************
-----------------
日本歌曲レッスン
-----------------
未定(テーマは山田耕筰)


***********<2017月5月>*******************************
-----------------
コンサート
-----------------
曲目未定


***********<2017月6月>*******************************
-----------------
日本歌曲レッスン
-----------------
未定(テーマは山田耕筰)

-----------------
シュッツ
-----------------
音楽による葬送 レクチャーコンサート


***********<2017年7月>*******************************
-----------------
日本歌曲レッスン 発表会
-----------------
未定

-----------------
バッハ合唱団
-----------------
BWV23,40,229,233


***********<時期未定>*******************************
・ドイツリートコンサート
・日本歌曲コンサート  
Posted by ka__no at 10:50Comments(0)曲リスト

大きな本番が終わると

不思議なもので、大きな本番が終わると、
それまでできなかったことができるようになっている、
ということが結構あります。

それが本番で出せたか出せてないか、はまた別問題ですが。

今回、シュッツの「音楽による葬送」を1人1パートで歌って、
器楽の方が選曲したバッハのアリアを1曲歌わせていただき、
企画も全面的に行っていたため、わたしとしては今年最大の本番でした。

また、不思議なのが、その練習そのもので得たものもあれば、
それ以外のことで得られたことも、かなり大きいことです。
何でも得たものを、目の前の大きい本番にどうにか結びつけようと、
脳みそがいっぱい頑張っているのかもしれません。

去年受けさせていただいたレッスンで習ってその時は全然できなかった、
「おなかからティッシュを1枚ずつ出す感じ」
(おなかを安定させて、喉からじゃなくておなかから息を送る感じ)
も、ようやくやっと少し分かるようになってきた感じがします。

あと、最近都合がつけば、定期的に行われている日本歌曲の
公開レッスンの聴講に足しげく通っているのですが、
そこで得られたことも大きくて、ロングトーンを以前より
つっぱらずに歌えるようになってきたように思います。

よく「息を回し続ける」と言いますが、その日本歌曲のご指導の先生は
「鼻から吸う」とおっしゃっています。ついている先生に聞いたら
「別に鼻からじゃなくてもよい」とのこと。直接ついている先生は
そのことを「うどんを2、3本吸う感じ、というと、できる人が多い」のだとか。
ちゃんとお腹から息が繋がっていて、どこも詰めてない感じ、なんだと思います。

最近、息の吐きすぎがすこしコントロールできるようになって
歌い出しに勢いをつけずに歌えるようになってきています。
それができると、合唱がほんとうに楽。
おなかをちょっと使うだけでよいので。

まだもう少し、ひっかかりがある場所があるような気がするので、
そこを解放できたらなぁ、と思いながら歌っています。  

2016年11月23日

H.シュッツ作曲「音楽による葬送」演奏会

e211212c.jpg11月に行う演奏会のお知らせです。

これまで、さまざまな合唱団やアンサンブルでご一緒してきたメンバーで
シュッツの「音楽による葬送」を歌いたいというメンバーを集め、
バスの中川郁太郎氏を指導者に迎えて実現しました。
今回シュッツの代表作のひとつ、「音楽による葬送」を演奏します。

ドイツ語のレクイエムと言うと、ブラームスの曲が有名ですが、
その200年以上前に、初めてドイツ語で書かれた葬送音楽がこの曲です。

ご存知の通り、シュッツはバッハから遡ること100年前に生まれ、
ドイツバロックの基礎を築いた作曲家。
当時のドイツは30年戦争と言われる長い争いがあり、
ドイツの人口が3分の1にまで減ったと言われています。

死が身近にある中で書かれたシュッツの葬送の音楽は、
時に厳しく、時に慈しみに溢れたハーモニーに彩られています。
最後は、救済される魂が天使によって引き上げられる様子が
曲によって描かれています。この曲を、コンサートホールではなく
教会で演奏できる機会を得ることができて、本当に感謝です。

また、この曲以外にも、指揮をしてくださるプロの歌い手、
バリトンの中川郁太郎氏のソロ曲も聴けてお得な演奏会です。
そのほかバッハの器楽曲・声楽曲もあわせてお届けいたします。

お問い合わせ・お申し込みは、当ブログのメッセージもしくは
音楽による葬送プロジェクト(sosoPJ2016@gmail.com)までお願いいたします。


*~*:._.:*~*:._.*~*:._.:*~*:._.*~*:._.:*~*:._.:*~*

音楽による葬送プロジェクト2016
H.シュッツ作曲『音楽による葬送』

〜わたしは裸で母の胎から生まれ、
 同じようにいつかそこに裸で還るのだ〜

2016年11月23日(水・祝)13:30開場 14:00開演
場所:神田キリスト教会

◇H.シュッツ、G.P.テレマン独唱曲 バス 中川郁太郎

 小宗教コンチェルト 第2集(1639年)より
 Ich liege und schlafe SWV310

 シンフォニア・サクレ第1集(1629年)より
 Jubilate Deo omnis terra SWV262

  Ich will den Kreuzweg gerne gehen TWV 1:884 より

◇J.S.バッハ 器楽曲・声楽曲

 カンタータ156番より シンフォニア
  
 カンタータ84番(ソプラノソロカンタータ)より
 第1曲 Ich bin vergnügt mit meinem Glücke
     わたしはわたしの幸いに満足しています
 第3曲 Ich esse mit Freuden mein weniges Brot
     わたしは喜んでわたしのちっちゃなパンを食べます
 
 カンタータ106番より ソナティーナ
 
 ミサ曲 ト長調より
 第5曲 Quoniam tu solus Sanctus
     主のみが神聖だからなのです

◇H.シュッツ 音楽による葬送
 Musikalische Exequien SWV279-281 (1636年)

 入場料 2000円

指揮・バス 中川郁太郎

ソプラノ 河野優子  平石幸枝
アルト  小田奈穂子 羽賀義成
テノール 小田稔   長澤哲
バス   大内良太郎 松田圭一郎

リコーダー      星野知子 加藤正彦
ヴァイオリン     平松晶子
バロック・オーボエ  星野知子
ヴィオラ・ダ・ガンバ 神山敦子 北田啓子
オルガン       いとうけい

お問い合わせ sosoPJ2016@gmail.com  
Posted by ka__no at 00:00Comments(0)出演情報

2016年11月20日

2016年11月曲リスト ver.1.0

***********<2016年11月>*******************************
-----------------
音楽による葬送PJ
-----------------
BWV84-3
シュッツ 音楽による葬送


***********<2016年12月>*******************************
-----------------
志木チャーチ
-----------------
ゼレンカ
クリスマスオラトリオ2部(天使)
カンタータ171番


***********<2017月2月>*******************************
-----------------
ジング
-----------------
ドイツレクイエム

***********<2017月3月>*******************************
-----------------
バッハ合唱団
-----------------
オーディション

***********<2017月5月>*******************************
-----------------
コンサート
-----------------
曲目未定

***********<2017年7月>*******************************
-----------------
バッハ合唱団
-----------------
BWV23,40,229,233

***********<時期未定>*******************************
・ドイツリートコンサート
・日本歌曲コンサート  
Posted by ka__no at 01:07Comments(0)曲リスト