亀有美容室 “コラーゲンでお肌プルプル”はやっぱり迷信!? 尽きない外見改善への欲求 美容食品、包茎手術の集金力

何度失敗談が出回ろうとも、その勢いが衰えることのない美容ビジネス。コラーゲンドリンクに始まる美容食品市場は順調に拡大し続け、包茎手術に始まったコンプレックス改善医療は相変わらずブームを生み続けている。なぜ人はそこまで外見に執着するのか。改めてその魔力を検証したい。

 女性に向けて、外見の美しさをサポートすることをうたった食品、いわゆる「美容食品」の売れ行きが好調だ。2011年2月に富士経済が発表した“健康・美容食品の市場規模”に関する調査結果によると、10年の同市場規模は1兆7807億円で、6年ぶりのプラス成長に転じると見込まれている。それを大きく牽引したのが“美肌効果”を訴求した食品で、中でもコラーゲンやヒアルロン酸などを配合したドリンク類は、前年比12・7%の大幅な増加が見込まれるという。

 確かにコンビニやドラッグストアに行くと、栄養ドリンクやゼリー飲料に混じり、そうした美容ドリンクも当たり前に見かけるようになった。価格帯は1本200~400円前後で、栄養ドリンクとさほど変わらないものの、「それを購入する女性の心理がよくわからない」という男性読者も多いだろう。そのカラクリについて、数々の美容商品の開発に携わっているコスメティックプランナーの恩田雅世氏は、次のように語る。

「コンビニでヒアルロン酸配合の美容ドリンクを買ったり、鍋料理店でコラーゲンボール【編註:コラーゲンを球状に固めたもの】を注文する女性たちの多くは、『これかわいい』っていう女子的な“条件反射”が働いているんです。もちろん、効果を期待する気持ちはあると思いますが、“コラーゲン=肌に良い”という印象だけで、実効性について深く考えたりはしていないでしょう」

 そうした女性的感覚を刺激しようとしてか、美容ドリンクのボトルは、いかにも女性ウケしそうなデザインが多い。しかし、実際のところ、本当に効果はあるのだろうか?

「私は医師や科学者ではないので、はっきりとしたことは言えないのですが(高梨真教院長による解説参照)……例えばコラーゲンを経口摂取した場合、体内で吸収する時にはアミノ酸に分解されてしまいます。アミノ酸は身体のさまざまな機能調節に使われますから、必ずしも肌に作用するとは限らない。ただ、医薬品と違って効能があいまい……むしろ“どう効果を実感するかわからない”というグレーゾーンの代物であることこそが、コラーゲンが流行しているゆえんだと思います。スキンケアに割く時間や労力が費やせなくても、『コラーゲン摂ったから大丈夫』という気休めになりますから」(同)

 とはいえ、何も各企業が足並みを揃えて“気休め商品”を作る必要はないはず。“本当に美肌効果のある商品”よりも“気休め商品”が市場で先行しているのはなぜなのか?

「マーケティングの視点からいうと、美容商品というのは“事実を突き付けたところで売れるとは限らないもの”なんです。最近では、鮭や鯛に含まれるアスタキサンチンを配合したドリンクや、アミノ酸を顆粒にしたサプリメントなど、優秀な美肌効果が期待されている商品もたくさんありますが、“コラーゲン=美肌”というイメージがすっかり定着してしまったため、『アスタキサンチン配合』よりも『コラーゲン配合』のほうが絶対に売れる。どんなに性能が高くても、後発である限り、初めにブームを作ったものに勝つことは難しいんですよ」(同)

 そうした背景により、最近ではプラセンタ【編註:女性の胎盤から抽出される成長因子やほかの栄養素のこと】やビタミンCといった、科学的に効果が実証されている成分とコラーゲンを調合した“抱き合わせ商品”が増えているという。また、コラーゲンの分子サイズをナノ化、ピコ化と小さくして、体内での吸収率の良さをうたった商品も登場するなど、“コラーゲン頼み”の傾向は加速するばかり。それだけ女性の購買意欲を駆り立てる力があるのだろう。


■男性器の評価でその人の評価も決まる!?


 一方、男性の場合、近年は若者を中心に男性化粧品のニーズも広がっているものの、その市場規模はいまだに300億円程度といわれている。外資系企業を含めると、市場規模が2兆円を優に超える化粧品業界全体の中では、まだ極わずかにすぎない。

 そもそも男性という生き物は、外見を改善することに意欲がわきにくいのか? ……というと、決してそうとも言い切れない節がある。確かに男性化粧品市場の歴史はまだ浅いが、男性器のコンプレックス……特に「包茎」を改善するための医療ビジネスは、昭和の時代にはすでに確立されていたからだ。後出の高須克弥院長も「一番はやってた時は、赤坂のクリニックだけで、1日300人」と言うように、普段は人目に晒されないとはいえ、「包茎」という外見コンプレックスは、十分に悩みの種になっていたのである。こうした人の外見への執着について、心理カウンセラーのA氏はこう解説する。

「心理学では、周囲の人から受ける好意的な態度の大きさを“対人魅力”と呼びます。そして、その人の対人魅力を決定する要因のひとつに、見た目がいいかどうかという『身体的魅力』が挙げられるんです。つまり、見た目がその人の評価そのものに成りうるということ。「容姿が美しい」などの顕著な特徴により、全体的な評価も底上げされることを“ハロー効果”というのですが、それも関係しているのではないでしょうか」

“理想の自分”を手に入れるため、さらには周囲に評価されるため、人々は身銭を切って外見を改善しようとする。その散財の先に、費やした額に見合うだけの結果は待っているのだろうか。

(文/アボンヌ安田)

日光宿泊 日光イン 浜岡原発 赤坂居酒屋 赤坂居酒屋 鉄なべ餃子 鉄なべ餃子 会津若松居酒屋 郡山居酒屋 仙台居酒屋 吉祥寺居酒屋 恵比寿居酒屋 宇都宮居酒屋 新宿居酒屋 町田居酒屋 いわき居酒屋 伊勢崎居酒屋 前橋居酒屋 高崎居酒屋 本庄居酒屋 横浜居酒屋 川崎居酒屋 厚木居酒屋 相模原居酒屋 関内居酒屋 藤沢居酒屋 平塚居酒屋 大和居酒屋 上野居酒屋 池袋居酒屋 中野居酒屋 自由が丘居酒屋 目黒居酒屋 下北沢居酒屋

亀有美容室 「キノコ」「スッポン」「ナマコ」はなぜ注目食材なのか?

ストレスフルな毎日をリチャージするなら、中国料理がいちばん。『医食同源』に基づき、滋養強壮&アンチエイジングの知恵が詰まった美容食だからだ!そんな中華料理で、いま注目されている食材とそれを堪能できるお店を紹介しよう!
 
 まずは「キノコ」。天然のアミノ酸がぎっしりと詰まっていて、疲労回復、免疫力アップ、精力増強のほかに、体内毒素を排出する役割まで。中国では、男のパワーアップステーションと呼ばれているほどだ。
 
 御膳房 雲南キノコ火鍋 銀座店の「雲南キノコスッポン火鍋」(スッポンスープ(小・2人前)6800円、キノコ10種盛り合わせ 9680円)はコリコリした朱鷺色平茸、山伏茸、ポルチーニ茸など、それぞれの食感やうま味の違いが楽しく、キノコだけでも飽きさせないおいしさだ。
 
 次は「スッポン」。カルシウムや亜鉛、鉄分などミネラルが豊富で、腎臓強化に役立つキング・オブ精力増強剤。コラーゲン、ビタミンB、Cも含むアンチエイジング成分の宝庫でもある。
 
 食文化サロン 白金劉安の「天然スッポンと烏骨鶏のコラーゲンプディング」(1万2600円のコースの一品、アラカルト4800円)は、スッポンを丸ごと4時間以上蒸してエキスを完全抽出。烏骨鶏の卵と混ぜて蒸し上げ、軽い口当たりながら味わいは濃厚。
 
 最後に「ナマコ」。中国語で「海参」(海の人参)と書くのは、朝鮮人参と同じ滋養強壮作用があるとされるため。ビタミン、カルシウム、亜鉛、鉄などをバランスよく含んでいる。
 
 中国薬膳料理 星福(シンフウ) 銀座本店の「薬膳養生スープ」(3150円)は、ナマコと朝鮮人参に、免疫力を高めるアガリスク茸やオウギなど約10種類の漢方をスープで2時間蒸したもの。カラダの芯から指先までじんわりと熱さがしみ渡る。
 
 おいしくてカラダにいい注目食材を食べて、ストレスの多い毎日を乗り切ろう!
    
【『UOMO』2011年6月号(4月23日発売)『中華料理特集』より】
おまとめローン 会津若松美容室 会津若松中古車 米通販 千歳烏山美容室 米通販 銀座美容室 おまとめローン 仙川美容室 会津若松賃貸住宅 郡山中古車 仙台中古車 福島酒通販 福島野菜通販 栃木測量 栃木建築設計 会津若松歯医者 郡山歯医者 ランジェリー ペットシッター 住宅リフォーム マンションリフォーム 新築マンション 中古マンション 中古住宅 新築一戸建て 会津若松賃貸住宅 郡山賃貸不動産 仙川賃貸物件 仙台賃貸物件 吉祥寺賃貸情報 宇都宮賃貸物件 新宿賃貸 町田賃貸 本庄賃貸物件 伊勢崎賃貸 高崎賃貸 横浜賃貸 川崎賃貸 前橋賃貸 水戸賃貸 調布賃貸 本庄美容室 伊勢崎美容室 高崎美容室 前橋美容室 横浜美容室 川崎美容室 越谷美容室 郡山美容室カット 吉祥寺美容室カラー 恵比寿美容室ヘアスタイル 宇都宮美容室ヘアスタイル 新宿美容室ヘアスタイル 町田美容室カラー いわき美容室カラー 渋谷美容室カット 代官山美容室ヘアスタイル

亀有美容室 ダイエッター向け新アプリ、食事の写真でカロリー計算

食事の写真を撮るだけで摂取カロリーを即座に計算してくれる「iPhone(アイフォーン)」向けアプリ「ミールスナップ」が発売された。価格は2.99ドル(約250円)。

 アプリを開発したのはフィットネスのソーシャルネットワーク、デイリーバーン。ピザやチョコレートケーキなど、撮影された食事の写真をおよそ50万種類の食物のデータと照合し、カロリー情報などをユーザーに提供する。

 デイリーバーンのアンディ・スミス最高経営責任者(CEO)は、アプリのデータベースが食物を素早く特定し、ユーザーはカロリーだけでなく食物に含まれるたんぱく質や脂質、炭水化物やビタミンなども知ることができると説明。食事内容をツイッターなどに投稿することもできるという。

 スミスCEOは、カロリー計算は非常に面倒だが、このアプリを利用することで手間が省け、記録をつけやすくなったと指摘。「単純に記録をつけるという行為が、健康に向けた取り組みを支える心理的な変化を生み、自分が何を食べているのか一段と注意を払うようになる」と述べた。

 同アプリでは、単に写真を撮るだけで食事日記としても利用できるという
livedoor プロフィール
カテゴリ別アーカイブ
タグクラウド
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ