20180703
7/2国税庁が2018年の路線価を発表。
(2018年7月3日の記事より)
 
住宅地上昇率トップは沖縄の5%。。。
 
全国平均は3年連続の上昇とのこと、、、
 
一方で、北陸4県や四国4県など29県では下落したとある。
 
ピーク時の1/10以下の都市は、前橋・福島・宇都宮・甲府・高松など7市と記載されています!

東京都の『格差』が大きい県庁所在都市は鳥取でなんと最大403倍に広がったとのこと。
 
 
今後はアパートを建築する都市だけではなく、災害などのことも考慮して住むエリアを選択することになりそうです!
 
私の会社がある三鷹市は一部を除き、地盤も安心できるエリアかな、、、
三鷹市の路線価