Brevet

2012年06月04日

週末の事。

週末の土曜日はBRM602アタック会津600km。
e1173dd1.jpg風邪は治りきって無かった・・・が。
熱は下がった、咳もあまり出ない。
天気もいいし、どうにかなるべ。
と、集合場所へ・・・受付を済ませ。
atmosさん、kashiwabaraさん、赤スコットさんにご挨拶。
世間話をしぃの、コースの話をしぃの。
ブリーフィングを済ませ、いざ出発。
出だしはのんびりムードだったが、少し速めの人達が。
その後ろを追いかけ始まった。
速いっす、34・5〜40km/hぐらいで走る。
我々4人と混在となりながら走るうちにkashiさん先頭。
速度が落ちない。kashiさんギザロでガンガン飛ばす。
序盤の市街地区間は信号が多くて助かっていた。
信号が無くなってくると、ジリジリと下がってしまう。
18c0985c.jpg利根川のCR。
走りやすいはずなのだが
次第に遅れていく。
自分の意識に体が付いて来ない。次第に道は上り基調になっていく。
元気なら、フラットだと思える程度だが私には上り。
もう付いて行けない、28km/hが出せなくなる。
・・・腹減った・・・暑いし。
皆さんに待って貰う事が増えてきた。
第一PCの手前で休憩・・・道の駅?みたいなとこ。
一応トイレへ・・・あれ?出ない・・・。
やっと出た・・・痛い・・・ちびちびしか出ない。
それも、真っ赤なやつが痛みと共にちびちびと。
・・・思えば、ここで心が折れた。
色は薬のせいもあるだろう・・・が、痛みは?
サドルのせいなのか?初体験な痛み。

もう、ここで心を決めていた。
「第一PCまで行ったら、リタイヤしよう」

身体は全然付いて来ないし、楽しく無い。
苦痛しか無い状態で走ってもつまらない。

その後、第一PCで皆さんとお別れし、少し走って分岐点。左折箇所を直進し、本部へ連絡。
「体調不良でリタイアします」
111kmで私のブルベは終了した。

18cd5ba6.jpg鹿沼市街の案内を頼りに走って到着。
新鹿沼駅?
電車を待つ間にビール。
ここから東武線を乗り継いで大宮まで。大宮からはクロスバイクに抜かれながら、自走で帰った。

意気消沈な週末であったさ。

はたして、風邪のせいなのか?
いや、実際に弱くなってるだけなんじゃね?

・・・と、自問自答を繰り返す日曜日。

次は、どうするかなぁ。



ka_s_page at 08:29|PermalinkComments(18)TrackBack(0)

2012年05月24日

困った。

ブルベの話である。
前回の400kmはDNSになってしまった。
次は602埼玉600に出走の予定である。
前回、DNSした時点ではスーパーアタック奥志賀に出るつもりであったのだ・・・が、親父の三回忌とブッキング。
狙いがSRだけなら、もう1本600kmを走れば良いのだが、私の狙いはメダルなのである。
このままでは400のメダルが手に入らないではないか。

・・・困った。

秋のスーパーアタックに賭けるしか無いのか?
コースを見ると怖いのだが・・・う〜む、メダルか。

・・・400kmのスーパーアタックは今の私には荷が重いぞ。


ka_s_page at 12:51|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2012年03月26日

2012 BRM324 アタック愛鷹

cd6ec392.jpgQシートとコマ図
愛鷹300kmへの出発。

bd3fd68c.jpg第一チェックポイント。
PC1 スリーエフ藤野店
スタートから52.2km
ここからがブルベの始まりみたいなものである。

bdccad83.jpg2年前は素敵な道だった道志道
今年はつらい道だった。
2年前はいつの間にか超えてたはずの山伏峠。
今年は辛い登りの峠になっていた。
←中山湖ね(笑
天気予報を信じて薄着、指切りグローブの格好で出かけたのだが・・・。
寒かった・・・手袋カバーを持ってなかったらと思うと・・・。
雨も落ちてたし・・・本降りにはならなかったけど、冷たい。
2年前、山中湖に降りる時に見えた「でっけぇ富士山」に感動した。
今年は残念ながら雲に隠れていた。ま、これも旅さね。
山中湖を後にして少し登ってから下る・・・どんどん下る。
下りは楽しいはずなのだが・・・寒いっす(笑
今年は下るのが、辛かった(いや、登りもかなり辛かったのだが)

84f598c6.jpgPC2の御殿場だったかな?
皆は冬装備。(俺、春装備)
ここで116.8km。
とっくの昔に帰りたい気分だった。
(これ、マジっす)

f5ec6a14.jpgでもね、ご褒美が待ってたよ。
富士山を下ったら天気も回復。
でっかくて綺麗な富士山。
この富士山の見える道も結構登ってたので辛かったのだが。
忘れるぐらい綺麗だったさ。

14103cef.jpgビューポイントはまだまだあった。
ビューポイントは登るのが難点だが。
富士山の角度が違うね。
回り込んでるんだな。
この後にシークレットのチェックポイントがあったね。
2年前に真っ暗な中を登ったヒキガエルの森への入り口だった。

a3500435.jpgヒキガエルの森を下った。
どんどん下る。
途中で駿河湾が見えた。
思わず立ち止まる。
天気が良ければ最高のコース。
でも、後半に間に合ったね。
天気は回復していた。

c8ae9a7d.jpg沼津を後にし
御殿場を去る時に現れた富士。
夕暮れになってきている。
夕暮れの富士山もいい。
この頃は春装備も快適。
指切りグローブが気持ちよかった。
この後はどんどん暗くなっていく。
コースも神奈川の街中を通り、車も多い道。
ひたすら、埼玉のゴールを目指すんさ。
気温もどんどん下がっていき、真っ暗な宮が瀬湖を通過。
真っ暗で寒い時の宮ヶ瀬湖はつまらん(笑

神奈川の山道を超えて、第4CP・・・むっちゃ寒かった。
ここからは下り基調で埼玉を目指す。
春装備な私には地獄のような道のりなのだが。

快速巡航で走りきり、AM1:15分にゴール。

ご一緒してくれた「ちむしもブルベ班」「Cooブルベ班」の皆様。
ありがとうございました。
おかげさまで、走り切れました。

ちなみに私が自転車に乗ったのは前回のブルベ200km以来。
皆さんが居なかったら、心が折れていたでしょう。
(半分折れかかってたけど、笑)

kashiwabaraさん。
atmosさん。
赤スコットさん。
炭巨人さん。
そして私。ありがとう。
来月の400に出る方々、来月もよろしく。(*゚∀゚)っ[続き]

ka_s_page at 02:10|PermalinkComments(18)TrackBack(0)

2012年02月27日

寒い2

今回のコースは交通量がかなり多かった。
県道は狭いし、R1も渋滞してるし(笑)

山を下り、伊勢原市を抜けてR1・・・いよいよ小田原。
小田原と言えば、酒匂川だよね。
酒匂川を渡る、いい川だったなぁ、川らしい川。
・・・写真は無いけど。
混んでるR1でウンザリだが、良い所もある。
時々、すぐ近くに海が見えるんさ。
・・・写真は無いけど。

8f51e1f5.jpg第2PCは折り返し
13:03(小田原こどもの森公園)
少し登ってPC。
最後の最後は激坂。
埼玉ブルベだから驚かないけど。
折り返して、坂を下り、またもやR1・・・。
午後になって、ますます車が増えていたし。

一人だと、食事も面倒。
美味しそうな店もスルー。
・・・結局、コンビニ飯×2回+おやつ&トイレ×3回(笑)

またもや伊勢原を目指す。
・・・雨が落ちてきていた。時刻も夕方に差し掛かってる。

f0e2b498.jpg第3PC、7−11神奈川清川店
愛鷹では、ここで迂回を指示されたんだったよな。
15:45(この日は風が大人しかった)
第3PCでは、雨もけっこう降っていたさ。
・・・宮沢湖まで登っても相変わらず雨。カッパ着てきて良かったよ。
・・・なんか、白い物も混じっているような・・・。

この頃になると、いつの間にかペダリングから余計な力みが消えていた・・・脚も回り始めた・・・さすがだ、俺。
(いや、力が入らなくなってギヤが軽くなっただけ)
高尾方面を目指す・・・狭い県道も渋滞してたよ、しかもずっと一人旅。
前にも後ろにもブルベな姿は全然見えない。
道を間違えたんじゃね?・・・と、真面目に疑った。
何度もコマ図を確認したさ、何度も(笑)。

かなりの時間を一人で走り、ようやく後ろから光が。
よし、と思い元気も復活して走り出した。
・・・が、すぐに抜かれた(笑)

以前、赤スコットさんと迷ったトンネル迂回路が近い場所だったので、必死に前を追った。
難所の迂回路も軽くクリア(人の後について行ったただけ)

後ろから来た3人組が速い、つききれない。
・・・が、信号に助けられる・・・を何度も繰り返した。
私と違って迷いもなく夜道を曲がっていく。
・・・これはついていかねば・・・頑張れ、俺。

最後の十数キロは、3人組みを見失わないように走った。
(正直、ありがたかった)

4a573e82.jpgやっと、ゴール。
7時ぐらいだった
ブルベ記録は10:55。
ゴール後の情報では、コースは雪に変わったらしい。
3人組とブルベのベテランっぽい走りの方に感謝。

ゴールの申請を終えて狭山から帰る途中、白くてキラキラしたもんが風に舞っていた。
綺麗だったけど・・・寒かったなぁ。

久々の遠乗りは疲れたぜ。
次回の300を思うと・・・やっぱり寒い(笑)


ka_s_page at 12:56|PermalinkComments(16)TrackBack(0)

2012年02月26日

寒い

226アタック小田原。
なんとか無事に走りきり、自宅にも帰りつきました。
・・・昨夜は潰れたんで、少しずつ追記していきます。

まずは朝の集合場所。
車検に向かうべく、自転車を取りに行くと・・・名前を呼ばれる。
この場所で私の名前を知っているのはスタッフだけ・・・受付に不備でもあったのか?

「クロ」です。

・・・びっくりです。まさかの展開。
・・・会話は少なかったけど(←人見知り)
・・・癒されました、黒スコットさんありがとうございました。

でもって、挨拶もそこそこに出発です。
道に不安が有るので、人数が多そうなタイミングでスタート。
最初は順調に走れている感じが・・・。
おっ! 行けるんじゃね?しかし、なんか違う。脚に力みがあるのがわかる。

99583437.jpg第1PC、ここで1/4
10:10(・・・7-11)
飲み物とトイレ。
レシートを忘れずに。
第1PCは50kmぐらい。


が、距離に誤差が出て来てる。
??・・・あ、サイコンの設定がMTBのままだったし。
サイコンを外し、B⇒Aに切り替える・・・。
様子が変、表示が点滅してるし・・・あら、電池が切れそう(笑)

第1PCまでで力んでた脚が終わってしまった。
その後の登りでは抜かれる、抜かれる(笑)

f2a18414.jpg登った先は宮が瀬湖
10:33 懐かしい(笑
時間は全て写真撮影時間ね
この辺からだったかな?
もうちょい先だったか?
天気が怪しいと思った。
少し雨が降ってるような・・・標高も高めなので、寒かった。

今回のブルベは服装で悩んでたんさ。
冬用の長袖ジャージ+ウィンドブレーカーにするか、ウィンドブレーカーを兼ねてゴアテのカッパを着ちゃうか。

朝の出掛けにカッパに着替えてた・・・虫の知らせか?

まぁ、とにかく寒かった。


ka_s_page at 20:51|PermalinkComments(18)TrackBack(0)

2012年02月23日

雨だなぁ

昨夜の準備は自転車本体。
チェーンの洗浄、注油、ライトの装着、軽く洗車。
本来ならチェーン、ワイヤーケーブル類も交換しておきたいのだが・・・無理なのである。
睡眠時間の確保も重大なる準備のひとつだから。

チェーン、ケーブルはまだ限界には達していない。
・・・が、私の身体は簡単に限界に達するのだよ。
ハンドル、レバー類の交換と併せて次回へのお楽しみっす。

今年のブルベにもスーパーアタックが設定されている。
走ってみたい気持ちはある。
・・・が、走るのなら、前のでっかいギアを小さくしたい。
コンパクトクランクが欲しいのだよ。
53の39Tじゃ、今の私には荷が重過ぎる。
コンパクトクランク欲しいな・・・。

MTBの純正サドルは非常に私の尻に合っていた。
あのサドルなら欲しいな・・・。

等々、物欲がふつふつと湧いて来る今日この頃。

今日は雨だねぇ・・・寒いし


ka_s_page at 13:02|PermalinkComments(10)TrackBack(0)

2012年02月22日

準備を

昨日はコマ図の編集作業。
私はQシートはあまり見ない。
走っている時は文字より、絵・・・なのか。
自分用にA4版のコマ図を半分のA5版に並べ替えるのだ。
目の良い若い人ならそのまま縮小するのだろうが、私は無理・・・見えなくなっちまう。
A5版なら半分折りにして後ろのポッケに入る、私はいつもポッケ派なのである。

作業が終って、風呂に入ろうとしたら・・・息子に先を超されたし・・・。
しかたないので、夜JOGで時間つぶし。

夕食は既に食べていたので、ゆっくりJOG。
お腹が痛くならない程度に流した。
いつもと違う道を気ままに、のんびりと。

5kmほど走って帰宅・・・と思ってたら、6km走ってたよ。
Aveは5分30秒・・・汗をかかない程度にのんびりと。
のはずだったけど、2km過ぎからはやっぱり汗が。

弱いぜ・・・い、いや、代謝が良いのだ・・・きっと。

ka_s_page at 08:25|PermalinkComments(13)TrackBack(0)

2010年10月11日

BRM1002(1)

ブルベの話である、一週間も経ってしまった。

前の晩(金)は準備に少し手間取った。
睡眠時間は最低でも6時間、出来れば7時間を確保しようと思っていたのだが・・・結局4時間睡眠・・・ま、いつもの事である。
スタートは「越生ゆうぱーく」
1時間15分ぐらいで無理なく着けるはずである(・・・ここで既におかしい)
途中コンビニで朝食を仕入れながら向かった。
仕入れたパンをかじりながら走った。
・・・最初のパンが無くなり、2個目のジャムパン・・・。
ここで気がついた・・・「俺、どこに向かってるん?」
頭で「越生ゆうぱーく」と思いながら明らかに巾着田へ向かっていた。
所要時間の「1時間15分」も巾着田へ行くのに掛かる時間である。
「越生ゆうぱーく」へは急いでも1時間半は掛かる。
既にかなりの道のりをのんびり走っている。
かつ、コンビニなぞ寄ってパンを齧りながら走っている・・・やばい。
急遽進路を微修正して越生へ向かう・・・ブリーフィング(6時半)には絶対に間に合わない・・・でも、7時のスタートには間に合うはず。
・・・最悪7時半でも出走出きればいいや。。。と焦らず進む。
7時前に着き、速攻で受付へ・・・ちむしも3人衆とは話も出来なかった。
受付が終わって後ろを振り返ったら既に彼らの姿は無かった・・・彼らは車検の先頭に並んでたし、私は一番後ろに並んでのスタートだった。
(私より遅かった人が後から2〜3人は来たけど、笑)
ま、先は長いので焦っても仕方ない。
「600kmのスタートである」(*゚∀゚)っ[続き]

ka_s_page at 23:58|PermalinkComments(6)

BRM1002(2)

SBSH0303最初のトンネルである。
一つ目の山を登ったって事だ。
ブルベの600に出る人って凄い。
私が登りで簡単に抜かれるのだ。
(・・・あまり説得力無いな)
このトンネルを抜けると下り?
そしてまた登って、下って、それから三国峠(だったかな?)
三国峠に行く途中にね「猿ヶ京」ってところがあったんさ。
地名の通り猿が多かったね、道路脇の駐車場にも沢山居た。
止まって写真を撮ろうかとも思ったのだが・・・怖かったのでやめた。
木の上からも猿の鳴き声が聞こえてきてたし。
ある一匹なんか、木から下りて私の方へ突進してきたんだもの。
ガードレールを隔てたすぐ近くまで走ってきてた。恐かったよ。
バッグの中にはおやつが入っていたので尚更恐かったさ。

さて、いよいよ初日のメインである三国峠である。
距離があるはず・・・勾配はどうなんだろ?きついんかな?
序盤は緩い勾配だった、速度も17km/h前後は出ている。
以前にkakoさんから教わったのだが、速度が17km/h出るとね
慣性力が働いて楽になるのだそうだ・・・その通りだったよ。
なるべく17km/hをキープするように登っていった。
このままのはずは無い。。。そのうち急勾配が立ちはだかるに違いない・・・と思いながら登った。
どのくらい登っただろうか、前方にチムシモジャージが見え始めた。
自転車が真っ赤である・・・「赤スコット」さん発見。
並びかけて挨拶すると・・・「バテました」と。
序盤にかなり飛ばしまくっていた模様であります。
「atmosさんは元気にかっとんで行ったので、追いついて下さい」
あ・・・いや、この緩勾配じゃ追いつかないと思うよ。
SBSH0304三国峠はいつ急勾配が出てくるのかと思ってドキドキしてたのだがね。
結局最後まで勾配は緩かったよ。
前の下りはかなり寒かったのでトンネルの手前で止まり上着を着込んだ。
長い下りが始まるのだな。(*゚∀゚)っ[続き]

ka_s_page at 23:57|PermalinkComments(6)TrackBack(0)

BRM1002(3)

長岡〜十日町〜長野への道はね、もう夜中なんでつまんねっす。
だんだん寂しくなっていく道をひた走る。
気温もどんどん下がっていくんさ。道は登り基調が続く。
そろそろ仮眠場所が気になり始めた。
でもさ、あまり山の中は怖いっしょ。
今年は野生動物がおかしいってニュースが頭をよぎるし。
一度、バス停小屋に入ってみた。場所が悪かったね。
目の前に街灯、道の向かいがコンビニ駐車場。
車が出入するたびにヘッドライトで照らされる・・・目が覚める。
もっと条件のいい所はないかなぁ。。。撤退して走り始めた。
適度に静かで、適度に寂しく無いところ・・・とか思ってたら
どんどん山の中に入ってしまった、えり好みしてる場合じゃ無かった。
困ったなぁ・・・思いっきり山の中やん。
猿って夜は寝るんかな・・・あ、熊は活動してるやん・・・くまった。

・・・そのうち眠くなってきた。いい場所は見つからない。
今思うと、さっきのバス停でよかったなぁ・・・。
防雪シェルター地帯に差し掛かった・・・長い・・・かなり長い。
・・・ん?柱の向こうは歩道だな・・・歩道の外は網が張ってある。
網の外は・・・崖っぽいな・・・動物は入って来ないんじゃね?
・・・よく考えると・・・具合よさそうに思えてきた。
(よほど眠くなっていたに違いない)
いったんシェルターを抜けて歩道に入る。
あまり入り口付近は意味が無い、ある程度中の方を目指す。
・・・結構濡れてるんだな・・・ここは?・・・いまいちか。
かなり進み、街灯が近く、床も乾いていてゴミが少ない所を見つけた。
・・・ここでいいや・・・とりあえず落ち着こう、休もう。
柱と柱の間、手すりの石柱を背もたれにして落ち着く。
・・・落ち着けなかった、大型トラックがすぐ後を通るし。
・・・それでも、座ってる間に睡魔に引き込まれていたよ。
・・・寝ていながらもトラックと自転車が通るのがわかる。
・・・自転車も結構走ってるんだねぇ。
・・・1台で走ってるやつ、2台でつるんでるやつ
・・・背中越しに良くわかる・・・でも自分は寝ている。
何台通り過ぎた時だったかなぁ・・・ふいにスッキリと目が覚めた。
おし、走ろう。準備をして自転車に跨る・・・体が冷えている。
脚も冷え切っていた・・・アキレス腱も冷えて痛いし。
でも、身体を温めるように走り始めたさ・・・しばらく走った。
回りはまだ暗い・・・右手の林の中から「パキッ」って音。
枝が折れる音である・・・え?・・・まだ暗いのに。
今度は左手の藪の向こう側がガサガサ、ガサガサ・・・ミシッ・・・
ビビリぃな私はかなり怖かったっす。
夜明け前の一番人気が無い時間帯だったんで、なおさらびびった。
何が居たんだろ・・・。(*゚∀゚)っ[続き]

ka_s_page at 23:56|PermalinkComments(18)TrackBack(0)
Archives
livedoor プロフィール

ka