領収書 書き方/書式/見本

領収書の書き方について。ビジネス書類の多くはエクセル書式で作られていますが、領収書に限ってはワード書式が多いようです。なぜなら、領収書は注文書や見積書のように計算が必要な項目がなく、仕上げにハンコを押す、場合によっては印紙を貼るなどの手作業が入るからでしょう。

その分、領収書は市販の物で十分とも考えられますが、逆に考えれば領収書の書き方は自分で作りやすいともいえます。特に、領収書を出す企業や個人がある程度決まっている場合は書式を自作した方が使いやすいかもしれませんね。領収書の書式を自分で作る場合、A4一枚では大きすぎるので、A4に3〜4つの領収書の書式が入るようにするといいです。

領収書の書式に必要なのは、「領収書」の文字に宛名欄と日付欄、金額欄、但し書き欄。さらに印紙を貼るスペースと、自分(自社)の名前、住所、電話番号といったところでしょう。つまり、あらかじめ書式として記入しておく部分がほとんどないのです。領収書を発行する先がいつも決まっているのなら宛名や但し書きは事前に記入しても構いませんが、それ以外はほとんど流動的なものですから、後で書き込んむ書き方がいいでしょう。たったそれだけのために領収書の書式を自作するのは面倒くさいと考えるのなら、市販の領収書を使った方がいいかもしれません。逆に、ビジネス書類や伝票をパソコンで作成した経験があまりないのなら、その入り口としてはふさわしいかもしれません。気軽に挑戦してみましょう。

領収書の印紙税もわかりづらいところですが、このページに詳しく載っていますので参考にしてみてください。

書類の書き方