エクセル テンプレート

エクセルのテンプレートについて。エクセルでよく使うフォームを上手く活用するにはエクセルのテンプレートが便利です。テンプレートというとなんだか難しそうですが、テンプレートは簡単に言うと雛型(ひながた)のことです。よく使うフォームをテンプレートにしておけば、毎回内容をゼロから作り始める必要がないので非常に便利です。テンプレートはファイルの保存形式を変えるだけで簡単に作ることができます。

<エクセル テンプレートの作り方>
1.エクセルでテンプレート保存したい内容を作ります。
2.ファイルメニューの「名前をつけて保存」を選択します。
3.ファイルの種類で「テンプレート」を選択します。そうすると自動的に保存先が「Templates」ファイルになります。
4.ファイルに保存して終了です。

<エクセル テンプレートの使い方>
1.エクセルを立ち上げます。
2.メニューのファイル→新規作成→「標準タブ」にあるファイルから使いたいテンプレートを選択し開きます。
3.テンプレートに必要事項などを入力し、名前をつけて保存します。

エクセルのテンプレートは基のデータをベースにして必要に応じて追加事項を入力したり、修正したりして使います。テンプレートは追加入力や修正をしても基となるデータは変わらないという特徴があります。テンプレートを使って作ったものは保存時に「名前をつけて保存」するようなシステムになっているので安心です。テンプレートを自分で作ることもいいですが、もともとエクセルの中に入っているものもあるので、是非チェックしてみるといいでしょう。また、テンプレートの無料サイトもたくさんあるのでチェックしてみてください。

エクセル