在職証明書 様式/書式/書き方

在職証明書の様式や書式、書き方について。在職証明書は、その職場で働いていることを証明する文書です。職場から発行されるため信頼性があり、保証人になる場合や転職など、さまざまな場合に利用されます。

在職証明書の書き方としては、会社で様式、書式を用意している場合はその通りに書けばよいですが、そうでない場合には自分で様式、書式を用意しなければなりません。ウェブ上で在職証明書の様式・書式・フォーマットをダウンロードすることもできるのでそれほど難しくはないでしょう。

在職証明書の書き方に明確な決まりというものはありませんが、在職証明書に記載する基本的な内容は、氏名、生年月日、現住所、採用年月日、職務内容とその会社での地位になります。公的な証明書には元号が使われるので、生年月日、採用年月日にも元号を用いましょう。このほか、在職証明書を要求する相手の要望に沿った文が必要になることがあるので、この場合は特記、あるいは追記と書いた後に続けて書きます。

在職証明書はパソコンで作っても問題はありませんが、自筆の証明書を求められる場合もあるので注意しましょう。これらを記入した後、会社に提出することで証明印を押してもらえます。この印を押すことでようやく在職証明書として利用可能になります。会社側から在職証明書の使用理由を求められる場合があります。これは強制ではありませんが、できるだけ書き込むようにしましょう。英文の在職証明書が必要になる場合があります。この場合は上記を英訳し、元号を西暦を使用します。さらに外国では印鑑よりサインを重視するので、どちらを必要とするかを確認しておきましょう。

書類の書き方