賃貸契約書 書式

賃貸契約書の書式について。不動産物件の賃貸契約に欠かせない書類といえば、賃貸契約書です。アパートやマンション、駐車場や店舗などの物件に関して、家主と借主の間で交わす約束事を記したものです。

賃貸契約書は必ず2通作成して、家主が1通、借主が1通保管することになります。そして、借主がその物件を退去するまでなくさずに持っていなければなりません。

通常は、不動産管理会社が家主と借主との間に入って賃貸契約書を交わすというのが一般的です。この賃貸契約書を作成する上での書式は、特に決まったものはないのですが、賃貸契約書の雛形として国土交通省が作成した「賃貸住宅標準契約書」というものがあります。

この「賃貸住宅標準契約書」というのは、賃貸借契約をめぐる紛争が耐えない中で、それを防止することを目的とし借主の居住の安定及び貸主の経営の合理化を図ることを十分に考慮したうえで作成されました。内容が明確であり、かつ合理的な賃貸契約書のモデルといえます。もし、賃貸契約書の書式で悩んでしまったら、 「賃貸住宅標準契約書」を参考にするという方法もあります。

賃貸契約書に明記したほうがよい事項は、(1)建物の名称、所在地(2)住戸部分(3)付属施設(4)賃貸借期間(5)賃料(支払期限・振込先)(6)共益費、敷金の性質(7)貸主及び管理人(8)借主及び同居人(9)禁止・制限される行為(10)契約期間満了・契約解除について、などになります。

これらが明記されていれば、書式にこだわらなくても賃貸契約書として成り立ちます。借主の立場からすると、契約書で特に注意してチェックしたいのは金銭面です。賃貸のトラブルで多い敷金や、更新料、仲介手数料など、トラブルを未然に防ぐために賃貸契約書はしっかりチェックしますから、金銭に関する事項は細かく記載した方が良いかもしれません。

書類の書き方