顛末書 書式、書き方

顛末書の書式と書き方について。顛末書とは、事件や事故、トラブル、あるいは不祥事などの一部始終を記録した書面のことです。基本的に、事が起こった後にそれが解決してから、その内容が明確になった時点で詳細を客観的な立場の当事者以外の第三者が、その事実の原因や責任の所在など、もろもろの事実を報告する目的で書かれるのが顛末書です。

会社によっては事件や事故、トラブル、不祥事の報告を全て顛末書とするところもあるのですが、実際には、細かく切り分けた方がよいと思われます。では、顛末書の書き方について考えてみましょう。

顛末書の書き方としては、トラブルが起こった状況の説明がきちんと事実に基づいて書いてあるかどうかが重要です。処分や対策を決定する経営幹部や管理者が信頼できる報告書であるべきなので、公平で正確な内容でなくてはなりません。さらには、その経験を今後に生かすための貴重な資料となりますので、必要な写真や書類などは添付した方がよいでしょう。

顛末書の書式について具体的に説明しますと、まず見出しは「顛末書」とします。宛名を「株式会社 ○○本社 御中」などとします。そして、自分の氏名をフルネームで書きます。顛末書の本文の項目としましては、(1)トラブルの経緯と状況(2)事後の経緯(3)結果としての被害や損害、それによって起こった問題(4)責任の所在や加害者および責任者への損害賠償請求などの対応策(5)所見および結論(今後の対策案など)などを記載します。

以上の書き方や書式を参考に、正確な顛末書を書いてみましょう。

書類の書き方