ビジネスマナー検定

ビジネスマナー検定について。ビジネスマナー検定は、正式名称をビジネス実務マナー検定といい、財団法人実務技能検定協会が主催している検定試験です。民間資格ではありますが、文部科学省が後援している資格試験なので、これから就職活動を始める学生や新社会人のスキルアップに役立つでしょう。

ビジネス実務マナー検定試験は年二回、六月末と十一月末の日曜日に行われます。受験資格に制限はありません。三級は受験料2,500円、二級は3,700円、一級は5,500円の受験料がかかり、一級のみ筆記試験に合格後、面接試験があります。

第三十六回のビジネス実務マナー検定の合格率は、三級が66.3%、二級が59.5%、一級が34.2%ですから、受験参考書などでしっかり勉強しないと合格は難しいでしょう。筆記試験の内容は、ビジネス実務の遂行に「必要とされる資質」と「企業実務」の理論、「対人関係」と「技能」の実技に分かれており、理論と実技のそれぞれ60%以上の正解で合格となります。

ビジネスマナー検定1級の面接試験はロールプレイング形式で行われ、審査員の前でスピーチを行うので、人前で話す練習も必要です。ビジネス実務マナー検定を受験するには、特約受付書店や大学生協、財団法人実務技能検定協会のホームページなどで受験案内書・願書を入手し、受付書店か現金書留で申込期間内に申し込みます。ビジネス実務マナー検定の他にも、ビジネス文書検定やビジネス電話検定、秘書検定、ビジネス能力検定などの資格もあるので、合わせて取得しておくといいかもしれません。

ビジネスマナー