失業保険 計算 給付率

失業保険の計算の給付率について。失業保険の計算方法は、とてもわかりにくいものになっています。おおよその金額なら、失業保険の金額を簡単に計算できるサイトを使えば算出できますが、離職理由によっても支給される日数や金額が変わるので、正確な金額は失業保険の説明会で渡される「雇用保険受給資格者証」をみるといいでしょう。

しかし、失業後の生活設計を考えるためには、大体でも給付される金額を知っておきたいものです。失業保険の給付額の大雑把な計算方法としては、「原則として離職した日の直前の6か月に毎月きまって支払われた賃金(ボーナスのように一時的にもらえる金額は含まない。住宅手当や通勤手当など毎月もらっていたものは加算する)の合計を180で割った金額の約50〜80%が「基本手当日額」になります。

退職時の年齢が29歳以下、もしくは、65歳以上の場合で賃金日額が4,180円未満だと給付率は80%と高くなり、4,180円以上12,130円以下だと給付率は50%〜80%になるなど、退職時の年齢と賃金日額の金額によって給付率が変動するので、正確な失業保険の計算が難しいのです。また年齢ごとに基本手当日額の上限も決められています。この上限金額と賃金日額は毎年8月1日に見直しが行われていますから、最新情報をチェックした方がいいでしょう。雇用保険に加入していた期間が長いほど支給される期間も長くなりますが、最長でも20年以上の加入で150日(原則として)です。いろいろと考慮して失業保険の計算をしてみてください。

失業