プレゼン

プレゼンについて。プレゼンとは、プレゼンテーションの略で、人々の前で研究の成果、開発した商品や企画の詳細などを説明することをいいます。自分が説明したいことを充分に聴き手に理解してもらうのが、上手なプレゼンです。そのためには、わかりやすい資料や聴き手を飽きさせない話術、どんな質問にも臨機応変に答えられる知識や機転などが必要でしょう。

日本人は社会に出るまでにプレゼンを経験する機会が少ないため、プレゼンを苦手としている人がたくさんいます。でも、営業の成功はプレゼン次第という仕事もありますから、プレゼンをしなければならない立場になったら、よりわかりやすいプレゼンを目指して工夫するべきです。

プレゼンで大切なのは、聴き手の手元に配布する資料、スライドショーの準備、必要最低限の人数だと思います。商品の売込みが目的のプレゼンの場合、人数を多くするのが誠意だと勘違いしている会社も少なくないようですが、無駄な人を連れて行くのは相手側にも迷惑です。また、一方的に話を聞かせるだけのプレゼンでは、相手の集中力が続きません。人間の集中力が持続するのは、長くても30分程度だということを覚えておいてください。

プレゼンでは余分な情報は入れず、どうしても伝えたいことだけに絞り込んで30分以内に説明し、残りは質疑応答などにして、まとめを終えても、与えられた時間が余るくらいでちょうどいいでしょう。決められた時間をオーバーするのは、マナー違反です。終了予定時間を過ぎれば過ぎるほど、相手の貴重な時間を事前の承諾なしに奪っているのですから、印象が悪くなってしまいます。

プレゼン