プレゼン 資料 作り方

プレゼン資料の作り方について。プレゼン資料の作り方としては、まず説明したいことの全体像や流れを考えることです。聴き手がどんな人たちで、どのようなことに興味があり、どういう風にプレゼンすればわかりやすいのかを考えるのも重要です。

伝えたいこと、伝えたい相手、伝えたい相手にとって理解しやすい資料や表現法を考えてからでなければ、効果的にプレゼンするための資料集めは難しいはずです。必要であれば、視覚的に訴えることのできるグラフや表、写真や映像なども使用します。プレゼン資料を作る上で大切なのは、自分達が伝えたいと思う情報と相手が知りたいと思っている情報がマッチしているかということです。

相手にとってどうでもいい自社の紹介や商品開発までの流れなどを貴重な時間を使って延々とプレゼンしてはいけません。相手が知りたいと思っていることをわかりやすくプレゼンしましょう。下手くそなプレゼンにうんざりしても、相手がそれをいってくれることはほとんどないでしょう。その結果、その相手以外にも下手くそなプレゼンを続けて、何の成果もあげられないことになってしまうのです。

プレゼンの資料は、相手の興味に合わせたものを詳細にわかりやすく作るのが基本です。読みやすさや理解しやすさにも工夫が必要ですし、説明する時の便宜を図るためにも、ページ番号や項番などを振っておくといいと思います。プレゼン資料だけ読んでも、プレゼン内容がわかるというのが、理想です。

プレゼン