経営学

経営学について。経営学という学問があります。
これはどのようなものでしょうか。
大学の授業などでよく見かけますね。
経営学とは、企業がどのようにすれば業績や収益を伸ばせるのかを考える学問だと言えます。
企業を経営するために必ず必要な知識とはいえませんが、なかなか思うように業績が伸びないのであれば、その原因を探る上で何かの指針になるかもしれません。

例えば、自分の会社と同業他社を比べてみた時に、どのような差があるのか。
その差が業績の差につながっているのかなどを調べることは有意義でしょう。
また、その時の社会情勢における自分の会社の状況を十分に理解して、将来の会社のあり方を考えることも大事です。
そのような一般論的な内容は経営学の内容と言えます。
何となく企業を経営していては、業績を上げることなど難しいのではないでしょうか。
理論的にどうあるべきかを追求すべきでしょう。

もちろん、学問ですからその内容がすぐに実社会に通用するとは限りません。
その内容を理解した上で、自分の会社にあてはめる必要があります。
つまり、理論を応用することです。
大企業ならやっているでしょうが、小さな会社ではそこまで大げさに考えてはいないかもしれません。
しかし、小さな企業だからさこそできることがたくさんあります。
すでに経営を行っている人も、これから経営の道に進もうとしている人も、学問としての経営というものを一度知っておくことは、その後の会社経営に何がしかのプラスになると考えられます。

経営