コンサルタント 意味

コンサルタントの意味について。この世の中には本当に沢山の業界があり、膨大な種類の仕事があります。
その中のひとつ、コンサルティング業界と言うものがあり、その中で仕事をする人がコンサルタントと呼ばれるわけです。

コンサルタントは、自分、または会社が持っている知識や、ノウハウ、または戦略などをお客さんにアドバイスする仕事です。
アドバイスすることから、別名でアドバイザーとも呼ばれていますが、それもコンサルティングの仕事です。

そもそも、コンサルティングとは、英語でconsultingと書き、業務または業種に対しての専門知識を持って、会社の外部から客観的に観察、問題点を指摘、または、改善する業務とされています。
簡単に言えば、第三者として会社にアドバイスをし、環境整備や、売り上げ向上などに貢献することだと言えます。

一般のサラリーマンと違って、ちょっとカッコイイ響きでもある職業ですから、コンサルティング業界に転職したいと思っている人も多いようですね。
確かに与えられた仕事をするだけではない業種ですから、やりがいもある職業だと思います。

さて、ひと言でコンサルタントと言っても、何を対象とした仕事なのか、どのような職種の企業、または個人を相手にするかで、コンサルタントがする業務内容も変わってきます。
例えば、ホテル、レストラン、または一般の会社で、接客について教える、コンサルタントもいるでしょう。
それは接客コンサルタントと呼ばれます。


コンサルタント