ヒラメ釣り 時期/仕掛け/ルアー

ヒラメ釣りの時期は冬が一番のベストシーズンです。
ヒラメは日本全国に生息しています。
冬のヒラメは春の産卵前にたくさん餌を食べているので脂がのっていてとても美味しいのです。
夏にもヒラメは獲れますが極端に味が落ちます。
ヒラメはまさに冬を代表した高級魚なのです。
ヒラメと先程のカレイはよく似ています。
判別の方法として一般的に「左ヒラメに右カレイ」という言葉を耳にします。
これは魚の腹を手前に置いた状態で左側に頭がある魚はヒラメで右側に頭がある魚はカレイとなります。
さらにヒラメには鋭い歯と大きな口があるのが特徴です。
ヒラメの体長は大きいもので1mを超えます。

このヒラメ釣りのコツとしては、ゆっくりじっくり待つことです。
アタリがあってからすぐに竿をあげるのではなく、しばらく待ってから合わすことにコツが必要となります。
この待っている間が、釣れるか釣れないかのドキドキ感を味わえて、ヒラメ釣りの醍醐味とも言えるのです。

釣り方、道具としては餌釣りとルアーがあります。
餌釣りの場合は、生きているイワシやハゼ、アジなどを餌として使います。
基本的にはその釣り場にいる小魚を使うことが一番の餌となります。
堤防からヒラメを釣る時は岩礁が混じっている砂底や潮目の下などを狙って活き餌を送ります。
このような場所には小魚もたくさんいるのでヒラメも集まってきます。

ヒラメ釣りに向く天気としては、晴天よりも曇天の方がいいです。
海が少しシケているときなど、接岸してくるので釣れやすいです。
時間帯としては日の出の時間が一番釣れます。

実際のヒラメの釣り方としては、「ヒラメ40」という言葉を昔から耳にします。
これはアタリがあっても40数えるまでじっくり待てという意味です。
ヒラメは餌を食べてから食い込むまでに時間がかかるのです。
ヒラメは一度餌をくわえて、そのあともう一度くわえなおすという特有の補食スタイルがあります。
そのため食い込む遅さをカバーした釣り方法をとらなければなりません。
穂先の柔らかい竿で、糸やハリスはナイロン製の柔らかいものを使用します。
ヒラメに与える違和感を極力抑えて、餌をうまくくわえさせるのがヒラメ釣りのポイントとなります。
ヒラメ釣りの仕掛けには食い込ませたい策として親バリと孫バリが使われます。

ヒラメ釣りの別の方法としてウキ釣りがあります。
仕掛けを泳がせ仕掛けにして、ウキの先に餌をつけて自由に餌が動けるようにします。
活き餌を自由に動かすことができるので活き餌の活性を長時間持続することができるメリットがあります。
これは投げ釣りで遊動式仕掛けを使うのと似た方法です。

他の方法としてチョイ投げ仕掛けを使用したものや、サビキで餌となる小魚を釣ってそのサビキに釣った小魚を掛けたままの状態でヒラメがいるスポットへ仕掛けを垂らすと言うサビキ釣りもあります。
小魚に触ることなくそのままヒラメ釣りができるので楽です。

ヒラメにとってのベストな水温は20℃前後ですが、やはり夏のヒラメよりも冬のヒラメの方が断然おいしいです。
ヒラメ釣りを楽しむなら冬が一番です。

釣り情報