CFD FX

CFDとFXについて。今や世界中で多くの人が取引をしているというFXですが、近年徐々に普及しつつあるCFDとは何が一体違うのでしょうか。

簡単に言ってしまうとCFDとFXには大差がないように思えます。どちらも「差金決済取引」という取引に属するからです。FXをやっている人、勉強している人ならイメージが付くと思いますが、FXもCFDも実際に有る商品で売買取引をする訳ではないのです。CFDは株式や業種別指数、商品先物、株価指数等の値動きを見て取引が行われています。対してFXは世界中の通貨を取引対象とした取引になります。この2つは証拠金取引またはレバレッジ等が使われて行われていますが、その仕組み自体にあまり違いはないと言っていいでしょう。ただし取り扱える商品自体がCFDの方が圧倒的に多いということだと思います。これがCFDとFXの大きな違いです。このことがCFD取引を行う楽しみの幅を広げています。通貨だけじゃない値動きの動向を見て取引が出来るのは、投資家としては楽しい取引に繋がるのです。

こうした事情から、日本では今はFX程浸透していないCFDですが、今後FXと同じ位の成長を遂げるであろうと取り扱い業者の中では思われています。そのためCFDは、「ポストFX」と呼ばれているのです。世界中では当たり前のように取引が行われているCFDですが、日本でこれからどう成長して行くのか今後が気になります。

CFD