秘書検定

秘書検定 申し込み

秘書検定の申し込みについて。秘書検定は、一年に2回受験時期があります。6月と11月です。それぞれ、3ヶ月ほど前に受付期間があり、その期間が終了すると受験できなくなります。定められた一定期日に、申し込みを済ませると、試験の10日前までに受験票が届きます。1級と準1級の面接試験は、試験後しばらくすると、合否結果が届いて合格していれば、最初の秘書検定試験の一ヶ月後くらいに、面接試験が行われます。全国で行われますが、試験の日にちは少しずつ、地方によって変わっています。合否結果は、2級や3級は、試験後1ヶ月以内に送られます。一級や準一級の合否結果は、面接試験後約1ヶ月以内に送られるようです。

秘書検定を受検する人の中で一番多いのは、大学生で、二番目に高校生、三番目に専門学校生のようです。やはり、目の前の就職に向けて、秘書を目指している人だけでなく、就職活動の一環として受験する人が多いようです。企業で仕事をして行く上で必要なマナーや立ち居振る舞いを磨くために、秘書検定は必要なものだと言えます。秘書検定を受検するには、願書の付いた秘書検定案内を受付書店で入手します。そこへ必要事項を書き込んで書店で受付をすると、秘書検定の申し込みをしたことになります。書店では、それぞれの級によって必要な受験料を支払います。そして、願書を送る80円切手も必要です。全国の受付書店は、秘書検定のホームページに掲載されています。また、受付書店が、近くにない場合には、ホームページ上から願書を請求することが出来ます。

Permalink

秘書検定 過去問

秘書検定の過去問について。秘書検定の勉強をして行く時に必要なものが、秘書検定の過去問です。問題集や参考書を基にして、独学で勉強していく人には、過去問はとても有効な合格の手段です。ただし、この場合大切なことは、自分が間違ったところに関する考察です。一度間違えたところは、二度と間違えないように、きちんとノートに整理していくのも良いでしょう。

出来れば、早稲田ワーキングスクールなどの、秘書検定専門のスクールに行って、過去問対策に参加すると良いでしょう。それは、秘書検定の過去問を受験会場と同じように、会場で解答し、そこで講義を聞きながら採点していくといった方式です。過去問を解く場合、自分ひとりで勉強するのと、こうしてスクールで解説を受けながら採点していくのとでは、やはり理解度が違います。スクールで解説を聞くことによって、間違ったところがより印象に残ります。

秘書検定の過去問を一通り解けば、後は、予想問題集を解くことをおすすめします。実際に自分が受験するのと同じように、問題を解いていくことが出来ます。実績のある、早稲田ワーキングスクールのような、秘書検定専門のスクールでは、問題傾向に合った、的確な予想問題が作成されこれらを、実際の試験と同じように解くようになっています。問題出題傾向がある以上、やはり予想問題こそが頼りになる合格のための手段だといえるでしょう。また、スクールでは、秘書検定の模擬テストも行われています。マークシートだけでなく、筆記試験の場合、自分の解答が合っているかがはっきり分かります。


★秘書検定 過去問★



Permalink

秘書検定 面接

秘書検定の面接について。秘書検定の1級と準1級の筆記試験の合格者は、後日面接試験があります。この面接試験が、秘書検定試験の合否に大きく係わっています。そこで、秘書検定の面接試験のために対策を取らなければなりません。

筆記試験と違って、面接試験は単に問題集や参考書だけで合格できるものではありません。そこで、やはり秘書検定試験の面接講座を専門学校で受けたいものです。早稲田ワーキングスクールでは、少人数制で面接試験対策講座が行われています。少人数制なので、秘書検定の筆記試験合格者を優先して面接対策講座を受けることができるようになっています。早稲田ワーキングスクールの面接対策では、まず、実際に面接をして、自分の態度を分析するようになっています。面接しているところをビデオ撮影して、その後で分析していくので、確実に合格への道が開けると言えます。

また、面接試験対応の専門学校の中には、すべて個別で面接を受けて面接試験に備えるといったところもあります。専門学校のオレンヂスクールには、マンツーマン講座があります。すべて実際の面接試験と同じように、ロールプレイング形式で面接練習が行われ、合格実績をあげています。秘書検定の面接対策講座を行っている、どの専門学校でも、まずは合格のためのメイク、服装、髪型などの外見からもきちんと指導してもらうことが出来ます。秘書検定の面接対策講座は、だいたい1日2時間程度で、2日ほど行われるのが普通です。

Permalink

秘書検定 2級

秘書検定2級について。秘書検定講座を長年にわたって研究しているのが、早稲田ワーキングスクールです。秘書検定の2級を受検するには、この専門学校に入って講義を聞きながら学習していくのがおすすめです。ただし、早稲田ワーキングスクールは、東京と大阪の二箇所しかないので、その他の地方の人は、早稲田ワーキングスクールと提携している専門学校に通うと良いでしょう。

また、秘書検定実施団体の監修している専門学校で学ぶのも良いでしょう。秘書検定2級の検定内容は、秘書の資質や職務知識、一般知識やマナー、接遇そして技能です。こうしたことを最近の出題傾向に合わせて、合格するための方法を専門学校では学ぶことが出来ます。

秘書検定2級の内容である、秘書の資質とは、秘書の心構えや人柄、能力です。また、職務知識というのは、秘書の役割と機能、職務、組織の中の秘書といった内容です。一般知識やマナーでは、企業の経営や活動、話し方や聞き方、報告と説明、説得と忠告、苦情と断り方、そして電話応対などの知識のことです。また、技能には会議と秘書、文書の取り扱い、ファイリングや資料管理、環境設備なども含まれます。こうした知識を独学で勉強するのもいいのですが、秘書検定講習では出題傾向に合わせた模擬テストも行われるので、合格率が上がります。

秘書検定を受けるには、実績のある専門学校に通う事が、秘書検定合格への最短の方法だと言えます。秘書検定試験の直前対策講座を含めると、専門学校では、手厚いサポートが受けられます。

Permalink

秘書検定 準1級

秘書検定準1級の試験を受ける人の多くは2級と併願したり、秘書検定1級と準1級を併願します。秘書検定準1級の筆記試験はすべてマークシートではなく、記述式です。参考書や問題集などを買って、ひたすら勉強する必要があります。

秘書検定の記述式の試験は、努力で乗り切ることが出来ます。ただし、準1級と1級の試験に課せられている、面接試験は、問題集や参考書を勉強しても、実際にそのとおりできなければ意味がありません。まずは、面接試験用DVDを購入して、視聴しその上で、ビジネス系の専門学校で秘書検定の面接講座を受けなければなりません。秘書検定準1級ともなると、かなりレベルが高いので、面接には相当の努力が必要です。ただし、秘書検定を受検して合格通知が届いてから、その後面接試験となるので、その後で専門学校を探すのは大変です。そのときにはもう、講座受講の締め切りが終わっているところもあります。筆記試験の合格通知が届いたら、すぐに専門学校の秘書検定面接試験対策講座を受けることができるところを探しましょう。ただし、直前の面接対策講座であっても、受講料は2万円くらい必要となってきます。

準1級秘書検定の面接試験では、まるで劇団の主役にでもなったように、表情を変えず、手振り身振りや立ち居振る舞いなどを優雅に表さなくてはなりません。面接の合格には100%の力が必要なので、たとえ間違っても、慌てず優雅にその後の質問に答えていくのが良いでしょう。

Permalink

秘書検定1級

秘書検定1級の合格率はかなり低いです。しかし秘書検定1級の資格があれば、就職では有利になります。会社の社長や重役のサポートをするような、会社を左右する仕事に就くことができます。また、秘書にならなくても、秘書検定1級を取得していれば、女性としてのマナーがきっちり身につきます。

秘書検定1級の試験は、6月と11月の二回となっています。3級から2級までは、自分で参考書や問題集を購入して、勉強することは出来ますが、秘書検定1級の試験は面接試験があります。面接の試験を独学でするのはなかなか難しいと言えます。そこで、ビジネス系の専門学校で、秘書検定1級のための試験対策講座を受けるのが望ましいと言えます。面接試験は、秘書検定試験の中でも、100%合格しなければならない試験です。そこで、秘書検定1級の合格率の高いスクールでポイントアドバイスを受け、面接の練習を心行くまで受けることが大切な合格の秘訣となります。

秘書検定試験をまったく受けたことがない人でも、最初から1級を受けることができますが、やはり3級から段階を追って学習していくことが秘書検定1級の合格のポイントともなるでしょう。秘書検定一級の資格を取得するには、やはり出来るだけ実績のあるビジネススクールに通うことがおすすめです。もし、どうしても秘書検定1級のための面接講座を、ビジネススクールで受けることができない場合には、秘書検定試験のための面接対策DVDで学習すると良いでしょう。

Permalink

秘書技能検定試験

秘書技能検定試験は、企業の専任秘書として社会で活躍する人材になるための検定試験です。秘書技能検定試験は、文部科学省認定の財団法人実務技能検定協会というところが主催しています。

秘書技能検定試験の実施回数は、年間3回です。受験月は、6月と11月と2月です。秘書技能検定試験のクラスは、3級からあり、2級とその上は、準1級、そして1級です。受験費用は、級が上がるごとに高くなります。3級は2500円、そして2級は3700円、1級になると6000円になります。

秘書技能検定試験の目標は、やはりビジネスマナーを身に付けることが第一となっています。さらに、ビジネス文書に強くなることや、ビジネスの知識や技能を高めることなど、オフィスレディーとしての常識や身だしなみ、それに明るい対応を目指しています。

秘書技能検定試験は、自分で勉強しやすい本を見つけて、独学で勉強して資格を取る人や、商業系の高校の授業の一環で、検定資格を取る場合もあります。また、ビジネス系の専門学校で秘書技能検定試験の資格を取るための講座を受けることもできます。高校の授業や、専門学校では専門の講師によって的確な指導を受けることができるので、秘書技能検定試験の合格率は上がります。

秘書技能検定試験について知りたい人は、書店に行って、秘書技能検定試験の実際の問題に目を通したり、参考書などを探してみても良いでしょう。まずは、3級から始めて勉強してみると、段階的に学習できるので良いでしょう。また、実際の過去問題を見ることで、秘書技能検定試験が自分に合っているかどうか分かります。

Permalink

秘書検定 合格率

秘書検定の合格率について。秘書検定は3級から1級まであります。

秘書検定3級は、マークシート方式で合格率はだいたい、65%程度のようです。各回によっても少しずつ前後しますが、受験者の半分以上は合格するわけですから、合格率は高いと言えます。

秘書検定2級では、47%程度になります。だいたい、受験者の半分が合格すると言えます。試験問題には、論理と実技があります。秘書検定の論理問題には、秘書の資質や職務知識と一般知識、そして実技にはマナー・接遇と技能があります。論理も実技も共に60%正解すれば合格となるようです。ただし、秘書検定試験の1級と準1級の試験には、別の日にちに面接を受けなくてはなりません。秘書検定試験の面接に関しては100%完璧でないと合格するのは難しいようです。これらの秘書検定の答え方においては、準1級から3級まで、マークシート方式と記述式の二つの方法がありますが、1級の場合はすべてが記述式です。さらに1級に合格するには、資格も必要となります。例えば、英語検定試験の二級取得や、英文タイプや珠算、ペン字、和文速記の3級以上などです。この他、英語文書がCクラス以上であったり、60ワード以上の英文速記もあります。もし、何かの資格を持っていれば、秘書検定協会に問い合わせて、その資格が秘書検定に役に立つかどうか、聞いてみると良いでしょう。

秘書検定準1級と1級の試験の合格率は、あまり変わりませんが、他のクラスに比べるとかなり低いようです。これらはたいてい、面接試験で差が出てくるようです。

Permalink