コンサルタント

経営コンサルタント

経営コンサルタントについて。数あるコンサルタント業の中で、一番良く聞く機会が多いのは、経営コンサルタントではないでしょうか?
会社の業績を上げるため、経営コンサルタントを雇っているところも多いと思います。
では、実際に経営コンサルタントは、どのような仕事をするのでしょうか?
みなさんには、どのようなイメージがありますか?
経営コンサルタントは、それまで得てきた経験を生かしたり、または、データなどを参考にしたりして、経営のアドバイスをする仕事です。
現在ある問題点などを分析し、改善出来るように指導します。

このような業務内容、仕事内容であることから、以前、会社の社長をやっていたからと言って、経営コンサルタントに転業しようと思う人もいらっしゃるようです。
確かに一般社員と比べてみると、社長をやったことがある人は、企業、全体のことがわかっているかもしれませんよね。
経営ノウハウも持っていると自負している人も多いでしょう。
ですが、このような考えはちょっと甘いかもしれません。
経営コンサルタントは、調査や分析も行いますから、そうした仕事は社長業にはなかったことでしょう。
企業、経営について深く関わってきた社長業が、そのまま、経営コンサルタントの知識として使えるかと言ったら、そうである部分とそうでない部分があると思います。
経営コンサルタントは、調査し分析する能力を求められるでしょうし、また、それについての資料を作成する能力も求められます。
一方、社長はそのような仕事はしないですよね。

また、マネジメント能力も必要ですし、プロジェクトとして生み出す力も必要です。
これらの業務は社長の仕事とは違っていることがわかりますよね。

経営コンサルタントは社長のような仕事と言うイメージを持っている人がたまにいらっしゃいますが、説明してきたように、それは誤解といえるでしょう。
コンサルタントは、社長と同じく会社のトップに並んで、社員を引っ張っていくような仕事ではないのです。
依頼者である会社がより良くなるように、道筋は作ってあげるでしょうが、決定権や統率力がある仕事ではないと思います。

また、コンサルタントの仕事には、評論と言う業務もあります。
評論することは、とても重要です。
なぜなら、身内の立場で見ていたらわからないことも、第三者の立場から見れば、客観的にわかりますからね。
コンサルタントは客観的に見て、自分の思ったことを、意見として伝えます。

経営コンサルタントの場合も、依頼者である会社のために、他の企業が行っている戦略などを客観的に評価したり、分析したりするケースもあります。
他の会社を評論するケースもありますが、この時、ポイントになるのは、ただ評論するだけでないと言うことです。
他社の評論は、自分のクライアントである企業を良いほうに導くヒントとなっているのです。
評論を仕事としているコンサルタントと違って、経営コンサルタントは、生産することを仕事としています。
物を作り出す生産ではなく、会社の利益になるようなこと、業績アップとなるようなことを生み出し、実践させる仕事と言えるでしょう。

Permalink

コンサルタント 資格

コンサルタントと資格について。コンサルタントとは人気のある職業です。
そのネーミングもなんだかお洒落であり、バリバリと働いているイメージがあります。
若い人たちもいずれはコンサルタントとして働きたいと思ったり、コンサルティング業界に転職したいと思ったりする人もいらっしゃるでしょう。
では、コンサルタントになるためには、どんな資格がなければいけないのでしょうか。

コンサルタントと言えば、身近なところで経済コンサルタントと言う職業があります。
経済コンサルタントは、中小企業診断士と言う資格を持っている人が沢山いらっしゃいます。
国家資格である、この中小企業診断士ですが、ネーミングの通り、中小企業を相手にする仕事であり、大企業ではありません。
大企業ともなると、業務が複雑になり、また業務の種類も多岐にわたり、中小企業診断士ではまかないきれないでしょう。
それは、扱う業務の複雑さが、大企業と中小企業とは違ってくるからです。

その証拠に、海外の大手コンサルティング会社で働いている方などは、中小企業診断士の資格を持っていない人も多いです。
もちろん、公認会計士などの資格を持っている人は多く見られます。
それは、大手のコンサルティング会社が出来た背景にも関係しています。
もともと、会計監査法人の中で、コンサルティング部門として発祥したと言われています。
ですから、公認会計士として働きたいと思った場合、会計系に最も近いコンサルティング会社に勤める人が多かったのです。

ですから、大手のコンサルティング会社の社員には中小企業診断士の資格を持つ人が少なく、公認会計士が多いと言われています。
ところで、中小企業を対象としているコンサルタントは、相手は小さな企業です。
大企業を相手にした場合と比べてみると、お互いの信頼関係を築き易いのではないかと思います。
そして、こちらを信用してもらうには、その材料として中小企業診断士などの国家資格が重要になってくる場合もあります。

コンサルタントになるために資格は必要かと言えば、その質問の答えはNOです。
あれば有利になりますが、絶対に必要かと言われればそうではないでしょう。
ただ、相手に信頼してもらう材料にはなります。
コンサルタントの免許があるわけでもないですから、国家資格などがその材料になるわけです。

しかし、会社の経営相談を受けるため、数字には強くなければなりません。
会社経営には数字が必ず絡んできますから。
もし、数字が嫌い、もしくは数字が苦手なら、経営コンサルタントには向かないでしょう。
社員に会計士や税理士の資格を取ることを勧めているコンサルティング会社もあります。
また、ファイナンシャルプランナー、または、社会保険労務士の資格などは、取って置くよう勧めるコンサルティング会社もあります。
なぜなら、これらの資格は、コンサルタントになるために必須ではありませんが、実際にコンサルタントとして仕事をするときに重要な支えとなってくれるからです。

Permalink

コンサルタント 意味

コンサルタントの意味について。この世の中には本当に沢山の業界があり、膨大な種類の仕事があります。
その中のひとつ、コンサルティング業界と言うものがあり、その中で仕事をする人がコンサルタントと呼ばれるわけです。

コンサルタントは、自分、または会社が持っている知識や、ノウハウ、または戦略などをお客さんにアドバイスする仕事です。
アドバイスすることから、別名でアドバイザーとも呼ばれていますが、それもコンサルティングの仕事です。

そもそも、コンサルティングとは、英語でconsultingと書き、業務または業種に対しての専門知識を持って、会社の外部から客観的に観察、問題点を指摘、または、改善する業務とされています。
簡単に言えば、第三者として会社にアドバイスをし、環境整備や、売り上げ向上などに貢献することだと言えます。

一般のサラリーマンと違って、ちょっとカッコイイ響きでもある職業ですから、コンサルティング業界に転職したいと思っている人も多いようですね。
確かに与えられた仕事をするだけではない業種ですから、やりがいもある職業だと思います。

さて、ひと言でコンサルタントと言っても、何を対象とした仕事なのか、どのような職種の企業、または個人を相手にするかで、コンサルタントがする業務内容も変わってきます。
例えば、ホテル、レストラン、または一般の会社で、接客について教える、コンサルタントもいるでしょう。
それは接客コンサルタントと呼ばれます。


Permalink