石川遼

石川遼 彼女

石川遼の彼女について。「会いたい女性はAKB48」なんて石川遼が言っていたのを覚えているでしょうか。人気実力共にあるプロゴルファーの石川遼。彼女がいるんじゃないかとか気になる人もいるでしょう。

以前、記者の方に彼女がいるのかどうかと聞かれると「彼女は今はいらないです。」とハッキリ答えていたと言います(しかしお父さんがゴルフ雑誌のインタビューでもらしたところによると、中学時代には彼女がいたそうです)。まだ10代の男性です。彼女が欲しいと思って当然の様な気がしますが、人気や実力、現在の自分の状況を考えると難しいし大変と言った感じでしょうか。石川遼は多分ですが物凄く真面目な方なんだと思います。今は彼女やプライベートと言うよりはゴルフでの課題やプレッシャーに打ち勝つ為に必死になっているのではないでしょうか。

プロゴルファーで若くて好感が持ててお金もたくさん稼いでいてとなると寄って来る人もたくさん出て来ると思いますハニカミ王子と騒がれていたあの雰囲気も無くなり、男性らしくスマートな感じに成長してきたと思います。言動や仕草に男性らしい大人っぽい感じを受けて来ましたのでますます人気が高まってくる事と思います。今はCMやバラエティーにも登場していますので、結構顔を見る日も多いと思います。そんな石川遼さんが選ぶ女性と言うのはどんな人なのか、興味がありますし、その日が楽しみでもありますよね。

Permalink

石川遼 パター

石川遼のパターについて。パッティングが得意なゴルフ選手は自分が使っているパターをあまり変えないと言われています。もちろんパターを変えたり持ち方自体も変えたりするプロもいますが、大抵は同じパターを使い、同じ持ち方でプレイするのが常の様です。何故パターを変えないのか、それはパッティングをする時のパターとボールとの距離感や方向性を身体で覚えている為に、変えてしまうとそこに大きな影響を与えてしまうからではないかと考えられるのです。ゴルフは精神的な面も影響しますし、期待が大きければ大きいほどプレッシャーとも戦わなくてはなりません。クラブのセッティング自体もとてもシビアにしていかなければならないのです。ですからパターの感覚はどうしても変えない方が良い、つまりパターを変えると言うのはなかなか無いと言う事になります。

そんな中、石川遼は何回かパターの変更を行っているそうです。石川遼が使っているパターは小ぶりな物が多かった様です。石川遼が使っていたパターはL字マレットと呼ばれている物で、ニック・ファルドがマスターズで二連覇をした時に使っていたテーラーメイド「TPA XVIII」と言うパターの進化系だと言われています。L字型パターは女子プロゴルファーにも人気で、色々種類も有るそうです。石川遼がこのL字型パターを使うきっかけになったのはジャンボ尾崎プロに使ってみたら良いと勧められたからだと言われているのです。L字型の使い手として知られていたジャンボ尾崎プロに勧められたからこそ、石川遼のパターは冴えているのかもしれませんね。

Permalink

石川遼 スピードラーニング

石川遼のスピードラーニングについて。男子ゴルフ界のハニカミ王子こと石川遼くんは日本だけじゃなく世界でも活躍していますよね。テレビで見ていて思うのは世界のプロゴルファー達と英語で会話しているということだと思うのです。

石川遼が全英オープンに出場したのは高校生の時で海外の記者からインタビューを受けた時に英語で返して「英語が上手い」と褒められていたと話題にもなりました。他にも海外で活躍している色んなスポーツ界の人は何年も生活をして徐々に英語をマスターしていると思いますが、石川遼はそれとは違い、海外でプレイすることを念頭に入れ、時間がない中うまく時間を使って英語を勉強していたそうです。

その英会話の勉強方法とは「スピードラーニング」です。日本人が英会話が苦手なのは英語を聞き取る力が弱いからだといわれています。言葉を理解するためには赤ちゃんの時みたいに何回も繰り返して聞き、理解して、口に出すことが必要になります。英語の発音は日本語の発音と違いますから聞き取りにくくて当然、だったら何度も英語を聞こう、という考え方がスピードラーニングだそうです。

1日わずか5分でも良いのでスピードラーニングを聞くこと、それもしっかりと考えるのではなく聞き流すこと、こうしたスタンスだからこそ長続きしていつのまにか英語が上達していくのです。お試しで10日分の試聴用CDがスピードラーニングにはあるそうなので是非試してみると良いと思います。

Permalink