自己破産

自己破産 デメリット

自己破産のデメリットについて。借金がどうしても返せなくなった時の対処方法の一つとして自己破産があります。
その他にも任意整理、特定調停、個人再生、過払い金請求などが考えられます。
それぞれにメリット、デメリットがありますが、あなたが借金したことが発端ですから、あなたにある程度の責任があるのです。
全くデメリットがない方法はないと考えてください。

自己破産をした場合のデメリットについて考えてみましょう。
自己破産とは全財産を処分しても返済できないのですから、無一文になってしまうことになります。
もちろん、日常生活を営むためのお金は残ります。
直接的なデメリットとしては金融機関のブラックリストに載ることです。
約5年から7年ぐらいは新たな借り入れやローン、クレジットカードを作ることなどができなくなります。
これは借金が返済できなくなったのですから、当たり前のことですね。

また、自己破産のデメリットとして、官報に氏名が掲載されます。
現実には官報を見る人はほとんどいませんから、他人に自己破産したことを知られる心配はないでしょう。
官報と同時に本籍地の破産者名簿に記載されます。
それから、資格を持つ職業には就けません。
例えば弁護士、会社の取締役、警備員などです。

もう一つの自己破産のデメリットとしては、7年間は自己破産できないというのもあります。
借金をすることができませんから、再度の自己破産はめったにないと考えてよいでしょう。
しかし、もっと大きなデメリットは借金がなくなったことによって、当事者が借金の怖さを自覚しないことかもしれません。

Permalink

自己破産 クレジットカード

自己破産とクレジットカードについて。クレジットカードの利用者は、どこにメリットを感じているのでしょうか。
ボーナス一括払いや分割払いなどをすることによって、月々の給料よりも高い買い物が簡単にできます。
しかし、考えてみましょう。
自分の年収を上回るような買い物をしたら、借金の支払いができなくなります。
続けていれば、いずれ自己破産になるのです。
それがわかっていながら、クレジットカードの利用を止められない人は多いのです。
浪費癖があるとは、クレジットカードの利用の仕方を間違っていると言うことですね。

自己破産のデメリットとして7年間や10年間クレジットカードが作れないと言うことが挙げられています。
しかし、それをデメリットと考える必要はないのです。
自分の収入の範囲で買い物をするならば、クレジットは必要ないからです。
また、7年経っていない時に何とかしてクレジットカードを作ろうとする人もいます。
カードがなければできない買い物はありません。
月収を越える買い物はしてはいけないのです。

自己破産のデメリットと言われるものは、また借金をしようとするからデメリットになります。
借金は懲りたと思うなら、何のデメリットもないのです。
それまでの借金地獄から脱却することができるのです。
贅沢をしなければ、日々の暮らしに困ることはありません。
どうしても収入が少ないならば生活保護を受けることも可能です。
10年ぐらいはクレジットカードのことを忘れたほうがいいかもしれませんね。

Permalink

自己破産 手続き

自己破産の手続きについて。自己破産の手続きをしたことがある人はそれほど多くありません。
自分が自己破産をしようとしている時に、周りの人にその手続きについて聞くのもはばかられますね。
自己破産のデメリットは直接に関係すること以外に、周囲との人間関係にも微妙に影を落とすのです。
もちろん、自己破産したことを自分から公表する人はいません。
黙っていればわからないのです。

さて、自己破産の手続き方法です。
まず、必要な書類を準備して地方裁判所に提出します。
破産申立書と免責申立書が申請の基本書類となります。
その添付として陳述書があります。
この陳述書には借金した理由、破たんに至った理由、自己破産をしなければならない理由、それから、自分の生活状況、反省文、そしてこれからのことなどを書かなければなりません。
口で言うのは簡単ですが、それを文章にしなければなりません。
もちろん、裁判官が読んで筋が通るような文章でなければなりません。
子どもの作文とは違いますから、具体的な記述が必要なのです。
どのように反省しているのかなど、簡単ではありませんよね。
本当のところは心の底から反省していなくても、文章としては誠実に書かなければなりませんね。

それから、自己破産の手続きには債券者一覧表と借金の額などが必要です。
書類を提出してから、裁判所での手続きが始まります。
特に問題がなければ、2か月程度で免責許可が決定されます。
これで借金がなくなるのです。
デメリットとして、この時に官報に自己破産者として記載されます。

Permalink

自己破産 官報

自己破産と官報について。官報には紙で配布されるものの他に、インターネット上で公開されるものがあります。
自己破産のデメリットとして、いろいろなところに書かれている官報への記載はインターネットの普及によって状況が変わってきたのです。
通常なら官報をわざわざ購入して読む人はいません。
しかし、インターネットならば無料ですし、検索することによって情報を引き出すことができるのです。
自己破産者にとって大きな脅威となっているのです。
自己破産をしたことを知られたくないと思う気持ちはわかります。
知られなければ会社勤めも継続できるからです。
自己破産したことは自分のだらしなさを表していますから、自慢できることではありません。
しかし、それだけのために社会から隠れる必要はないのです。
自分から言い出す必要はないでしょうが、知られたからと言ってあなたの人間性が否定されるわけではないのです。
債権者以外には実質的な迷惑もかけていないのです。
さて、インターネットの無料官報ですが、掲載期間は30日間です。
内容は印刷物と同じものです。
内容の検索もできるサイトが登場しています。
これだけ自己破産の話題が出ているのですから、官報サイトを興味本位で見る人も増えてくるでしょう。
自分の知り合いでなくても、掲載された内容を誰かに教えたくなる不届き者が出てくるのです。
いずれ情報が漏れることはあきらめましょう。
開き直ることです。
自己破産した事実は消えないからです。
デメリットに振り回されずに、これからの人生をどう生きるかが大切なのです。

Permalink

自己破産 司法書士

自己破産と司法書士について。自己破産手続きを自分で行うのは大変ですから、弁護士や司法書士に依頼することになります。
弁護士と司法書士に依頼するのは違いがあるのでしょうか。
司法書士の仕事は依頼された書類を間違いなく作成することです。
それ以上のことはできません。
自己破産の手続きにおいては、裁判所の提出などは債務者本人の作業となります。
自己破産をすることで、様々なデメリットがあります。
司法書士からそれらのデメリットを十分説明してもらうことが大切です。
ただ、借金を返せなくなったから自己破産と短絡的に考えてはいけません。
司法書士は書類を作る時に、その意義について説明していると思います。
あなたも人に任せるのではなく、主体的に動くことが大切です。
司法書士と弁護士のどちらに依頼してもいいのですが、そのメリット・デメリットを理解しておきましょう。
いずれにしても依頼費用が掛かります。
当然弁護士の方が高くなりますね。
自己破産をするほどにお金がないのに、弁護士の費用をどうやって払うのだろうと考えてしまいます。
このような場合のために、国の扶助制度を利用することができます。
財産がほとんどない場合には、自分で手続きを行うこともできます。
それが一番安上がりですね。
あなたが自己破産しようとしているのであれば、誰に依頼すべきか考えてみましょう。
自分でできるかもしれませんよ。
借金を返せなくなったのですから、自分ができることは何でもやる姿勢が大事ですね。

Permalink

自己破産 債務整理

自己破産と債務整理について。自己破産のときに考える債務整理とは現在の借金を一度整理することです。
もちろん、個人的に行える場合もありますが、ほとんどは司法書士や弁護士に相談するのが早道です。

債務整理には3つの方法があります。
任整理、民事再生、自己破産です。
当事者の立場に立って、どのやり方がベストなのかを考えることから始まります。
それぞれの方法にはメリット・デメリットがあります。
メリットと言うよりもデメリットの大きさでしょうか。
自分がどのデメリットを重要だと考えているかによって、債務整理のやり方を検討しなければなりません。
すべての借金をなくしてしまいたいと思っている人や、少しずつなら返していけると考えている人、自宅を手放すことだけは避けたいと思っている人もいます。
それぞれ、借金はあるのですが自分の事情もあるのです。

弁護士のホームページなどを読んでいると返済した借金が返ってくるケースもあります。
もちろん、それを期待するのは甘いですが、借金額を抑えることはできるのです。
自分が借金をしたのですから、最終的な責任は当人にあります。
まずは、これから借金をしないと言う自覚が大切です。

自己破産者の相談の中で、破産申請をして2,3年目で、ローンを組むことができるかどうか質問している人がいます。
自分が何故自己破産しなければならなかったのかを自覚していないのでしょうか。
お金は生活していく上でなくてはならないものですが、借金をせずに暮らしていく方法を考えなければなりません。

Permalink