吉田秀彦

吉田秀彦13年全日本実業団体現役復帰柔道

柔道の実業団チーム「パーク24」の監督として柔道界に復帰した吉田秀彦氏(41)が4日、埼玉・川口市内で自身が主催する柔道教室「第39回 VIVA柔道」で、2年後に目指す現役復帰の舞台として全日本実業団体対抗大会を挙げた。

 5月の同大会では監督初陣で3部のチームを初優勝に導き、来年の2部昇格を決めた吉田監督は「2部で優勝、再来年は1部で日本一を目指す。ただ、再来年で違うのは自分が選手として出ていること」と予告。5人制の対抗戦で「代打、オレ!」ならぬ「大将、オレ!」でいく構えだ。全日本柔道連盟の規定ではプロ格闘家引退から3年で選手登録が可能になり、13年5月1日付で選手登録を行うという。将来的には全日本選手権出場も視野に入れ、スター不在の柔道界で中年の星になる。