カカ

レアル・マドリーに所属するMFカカーが、改めて残留を強調している。今夏の移籍が頻繁に話題となっている同選手だが、次のシーズンもマドリーでプレーするつもりでいるようだ。

最近の報道では、ブラジル代表DFマイコンとのトレードでインテルへ行く可能性があると伝えられたカカー。母国ブラジル『グローボエスポルチ』に対し、次のように話した。

「真実は、僕がレアル・マドリーで続けたいということだ。それを願っているよ。スペインを発つ前、クラブと話をした。そして、状況ははっきりしている。インテルやミランに行くことやブラジル復帰の話は、すべて憶測だ。どれも僕のプランにあることじゃない」

「クラブやファンや記者の期待どおりにいかなかったことは知っている。ただ、個人的な目標はここに残ることだ。あと数年はヨーロッパでプレーしたい。今のところ、ブラジルに戻るという選択肢はないよ」

2009年に6800万ユーロの移籍金でミランからマドリーへ移ったカカーは、次のシーズンこそ本来の姿を見せることができるだろうか


管理人のコメント

カカーミランのイメージしかないが長友の所属するインテルでの競演を

是非見てみたいものです。





スポーツ時々大絶叫
★海外組★
スリーケイ3K
レンタルマンの映画評論X