過払いを理解する上で大切なのが、まず何故そのようなものが生まれたのか、を知ることです。
そのなかでも耳なじみのある、グレーゾーンから説明していきます。 
債務整理過払いの

グレーゾーン金利とは利息制限法の上限金利と出資法の上限金利の間にある金利のことを言います。
利息制限法の金利の上限は
・10万円未満 年20%まで
・10万円以上100万円未満 年18%まで
・100万円以上 年15%まで
と定められています。

利息制限法の制限利息を超える契約をしても、その利息は無効であると定められています(利息制限法第1条)。 しかし、この上限を超える利息を設定しても罰則が定められておらず、また、貸金業規制法という法律により、利息制限法を越える利息も一定の厳格な要件を満たすことを条件に有効になる場合があると定められています(貸金業規制法第43条)。  過払い 西宮

 それに対し出資法の上限金利は年29.2%となっており、この利率を超える利息を受領すると罰則が規定されています。  西宮 過払い

 以上のように利息制限法(最高20%)の上限利率を超え、出資法(29.2%)の上限利率以内の利率は、上記台3条を満たす場合のみ合法となりますが、それを満たしているかどうか、簡単には判断できません(99%以上は満たせてません。一方、業者側は満たしてる体で現在も営業しています)。そのようなことからグレーゾーン金利と呼ばれています。  
加古川 過払い 明石