さて、今週もまずは先週を振り返ることから。はっきり言って振り返りたくないひっどい予想でありましたm(_ _)m、が、馬券に絡んだ6頭のうち5頭が唯一暗示の持ち主(暗示ナシ含む)。つまりカバラは重要馬をしっかりと示唆していたわけですから、やはりここは粛々と検証しておかねばなりませんです。

いつも当ブログをご愛読ありがとうございます!下記の応援クリックをヨロシクお願いいたしますm(_ _)m

最強競馬ブログランキングへ

【シンザン記念】1月12日 カバラ聖数=年4・月5・日8
1着1枠①サンクテュエール=唯一の強運イニシャルS
2着6枠⑥プリンスリターン=暗示ナシ(唯一)
✕3着3枠③コルテジア=強運イニシャルK(全2頭)&子音数5(全3頭)&唯一の運命数5
2→5→9番人気
唯一暗示ダブルが唯一だった◎ルーツドールは7着に破れたものの、黙って買い!の強運Sが唯一の◯サンクテュエールが勝利! 手堅く唯一のSパワーが強烈であることを証明する結果となりました。
が、2・3着は揃って無印良馬。しかもその2頭ともが唯一暗示の持ち主、というのが不甲斐ないところ。しかもプリンスリターンが唯一の暗示ナシ馬であることは、レースが終わってから気がつく有様。コルテジアの運命数5唯一にも注目できませんでした。
6枠6番は足して12≒3、コルテジアも3枠3番と、昨年19年の年のカバラ聖数だったことが軽視してしまうのを助長していたのかもしれません。「名残り暗示」はまだまだ警戒かもしれませんです。



*********************************
新年2020年・大開運号&特別付録付き!
特別付録!子年(ねどし)の守護神「千手観世音菩薩」付き!
「ギャンブル帝王」1月号はただいま絶賛発売中!
次号2月号はいつもより1日早い18日(土)発売!
※詳細は下記の公式ブログをご覧ください。
http://gambleteio.livedoor.blog/
*********************************
【フェアリーS】1月13日 カバラ聖数=年4・月5・日9
1着1枠①スマイルカナ=強運イニシャルSK(Sは全6頭、Kは全4頭、ダブルは唯一)&母音数9(全2頭)

2着4枠⑧チェーンオブラブ=唯一の強運イニシャルC&母音数9(全2頭)
3着3枠⑤ポレンティア=子音数5(全3頭)
3→7→5番人気
唯一の強運Aに着目して◎を打ったアヌラーダプラが6着に敗れたのをはじめ、重い印のメンバーはいずれも惨敗。唯一の強運Cを背負ったヒモ筆頭★チェーンオブラブが2着に入ったのが最高の結果で、1・3着はともに無印良馬でした。
勝ったスマイルカナは、パッと見ではインパクトのある馬名暗示は見当たりませんが、実はイニシャルダブル暗示が唯一。これは意外に重視できずに、軽く扱ってしまうことが多々ありますので、まさにすり抜けられたかっこう。ポレンティアは後から見ても重視は困難です。
シンザン記念と同様こちらのレースも、4枠8番は足して12≒3、ポレンティアは3枠で、昨年19年の年の聖数3の名残り暗示がくっきり。ここでも聖数3を「終わった暗示」と見てしまったことが読みのポイントをぼかしていたようです。
***************************************

さて明日は、18日(土)開催の「愛知杯」(G3)の強運馬事前チェック! をお届けする予定ですので、お楽しみに!
※下記への応援クリックもヨロシクお願いいたしますm(_ _)m
                         カバラ馬券術©Yutaka Okada

****************************************
読者会員募集中です。このブログ、リストをご覧の方は是非、ご登録下さい。記事が更新されたタイミングで、通知が行きます。

*************************************

⬛「ロト・ナンバーズ当選倶楽部」1月号はただいま絶賛発売中!
詳細は下記のブログをご覧くださいませ!

http://blog.livedoor.jp/hotenloto/