さて、今週もまずは先週を振り返ることから。唯一暗示の成績は0-2-0とパッとしませんでしたが、その2着の2頭はいずれも二桁人気の大穴というのがポイントで、どちらにも印が打たれていました。ただ、馬券になった全9頭のうち8頭が、保有するカバラ暗示が1個だけという実に珍しい現象が発生。その悪い風向きも受けて予想は総じて冴えませんでしたが、「◎△で馬連万馬券」があったことは救いであります。厳しい中にも、唯一暗示の異次元パワーを痛感させてくれた先週でした。
なお、あさって18日(金)には秋G1大特集号の「ギャンブル帝王」10月号が発売となりますので、引き続きのご購読をヨロシクお願いいたします!

いつも当ブログをご愛読ありがとうございます!下記の応援クリックをヨロシクお願いいたしますm(_ _)m

最強競馬ブログランキングへ

【紫苑S】9月12日 カバラ聖数=年4・月4・日7
着5枠⑩マルターズディオサ=運命数7(全2頭)
2着8枠⑱パラスアテナ=唯一の強運イニシャルA
3着8枠⑯シーズンズギフト=強運イニシャルS(全6頭)
5→10→3番人気
子音数4などに着目して◎を打ったウインマイティーは6着に惨敗しましたが、唯一の強運Aというわかりやすい暗示で▲を打った10番人気パラスアテナが2着に食い込み、全6頭の強運Sという、やや弱めの馬名暗示だった△シーズンズギフトが3着。
そして勝ったのは無印良馬。しかし全2頭の運命数7のみの暗示では、強く推せないのが正直なところ。5番人気という当てごろハズシごろのポジションでしたが、見送ったのが裏目に出てしまいました。
マルターズディオサにはゲート暗示はなし。パラスアテナの18番は足して日の九星・九紫火星、シーズンズギフトの16番は足して年の九星・七赤金星とそれぞれ九星暗示が表れていましたが、強烈とはいえない弱いもの。
やはりこのレースは、10番人気を走らせた唯一の強運Aパワー。これに尽きるといえましょう。

*********************************
「ギャンブル帝王」10月号はあさって18日(金)全国のコンビニ・スーパーのマルチプリンターで発売となります!
今号はいよいよ2020年・秋G1開幕記念スペシャル号! 「スプリンターズS」「秋華賞」小野十傳の大予言&カバラ攻略データを一挙掲載!
そして今週開催の「ローズS」「セントライト記念」さらに「オールカマー」「神戸新聞杯」「毎日王冠」「京都大賞典」など重要重賞の大予言&カバラ攻略データも掲載!
そして、大好評の小野十傳監修・開運特別付録は、天からのお告げが普段使っているペンに憑依する《自動書記ペンケース》を収録!

※「写真で見る前号の的中実例」など詳細は下記の公式ブログをご覧ください。

http://gambleteio.livedoor.blog/
*********************************
【京成杯AH】9月13日 カバラ聖数=年4・月4・日8
1着5枠⑩トロワゼトワル=子音数4(全2頭)&運命数8(全3頭)
2着8枠⑯スマイルカナ=強運イニシャルS(全5頭)
3着1枠②ボンセルヴィーソ=強運イニシャルS(全5頭)
4→3→13番人気
さて、こちらは振り返るのが苦しい一戦。強運一文字Aに着目して◎を打ったアンドラステは10着に敗れるなど重い印は全の滅。強運Sを保有した★スマイルカナがなんとか2着しましたが、1・3着はどちらも無印良馬にすり抜けられてしまいました。
勝ったトロワゼトワルと3着のボンセルヴィーソはそれぞれ上記の暗示で、強烈なものは見当たりません。トロワゼトワルは前走・関屋記念のときに唯一の強運Zがハマって▲印を打ち見事に2着(8番人気)してくれた縁起のいい馬だっただけに、あえて候補からハズシたのは後悔が残るところであります。
ゲート暗示を見ると、トロワゼトワルはナシ。スマイルカナは日の聖数8枠で年の九星・七赤に通じる強運16番とカバラと九星の混合暗示が見られますが、ボンセルヴィーソはやはり皆無となっていて、馬名的にもゲート的にもなかなかに読めない内容でありました。しいて挙げれば、強運4番人気・13番人気、くらいでしょうか・・・。

【セントウルS】9月13日 カバラ聖数=年4・月4・日8
1着8枠⑯ダノンスマッシュ=強運イニシャルS(全3頭)
2着2枠③メイショウグロッケ=唯一の運命数8
3着4枠⑦ミスターメロディ=子音数4(全3頭)
1→12→2番人気
さて、こちらは強運Sと強運8枠が固いと見て◎を打ったダノンスマッシュが見事に勝利! そして唯一運命数8のお陰で機械的に△を打てた12番人気メイショウグロッケが見事に2着! この2頭の馬連は万馬券=11,990円の高配当となりました。
と、ここで話が終われば良いのですが、3着ミスターメロディは無印良馬。押さえてフツーの2番人気でしたが、弱い馬名暗示を見て、さらなる波乱を期待してしまいました。
しかしミスターメロディは年の聖数4枠で年の九星・七赤の7番と強運ど真ん中のゲート。候補から外すのはちょっと大胆が過ぎました。ダノンスマッシュは前述のとおり日の聖数8枠で、さらに16番は年の九星・七赤にも通じるゲート。メイショウグロッケにはゲート暗示は見られませんが、やはり運命数自体を持っていた馬が同馬しかいなかったというのは大きな動機でありました。
何名かの読者の方々から3連複や馬連の的中馬券が届いたことが救いであります。

 

***************************************

さて明日は、20日(日)に開催される「ローズS」(G2)の強運馬事前チェック! をお届けする予定ですので、お楽しみに!

※下記への応援クリックもヨロシクお願いいたしますm(_ _)m
                         カバラ馬券術©Yutaka Okada

****************************************
読者会員募集中です。このブログ、リストをご覧の方は是非、ご登録下さい。記事が更新されたタイミングで、通知が行きます。

*************************************

⬛「ロト・ナンバーズ当選倶楽部」9月号はただいま全国のコンビニ・スーパーのマルチプリンターにて絶賛発売中です!
詳細は下記のブログをご覧くださいませ!

http://blog.livedoor.jp/hotenloto/