今日はユニットバスの床をプチリフォームして来ました。

ご覧の通り床が剥がれすごい状況になってます。
IMG_0976
 
ここにダイノックと言う塩化ビニールのシートを貼り付けて行きます。

ただ、そのままだは貼れませんので下地の処理が必要です。
まずは、床面の脱脂をしていきます。
シンナーもしくはシリコンオフのスプレーなどがオススメです。
次に、接着力を高める為に専用のプライマーを塗布します。
ここまでが下地の処理になります。

次は、床面とダイノック シートの接着になりますが、ダイノックシートには
すでに糊が付いていて剥離紙を剥がせばすぐに貼れる状態です。
気温は低い状況での施工は糊の付きが悪くなるのでドライヤーで温めながら
施工する事がポイントです。
夏季は必要ないですね!

IMG_0979
IMG_0982



排水口回りの処理も綺麗に収まりました。
IMG_0980


最後にスキージーで圧着して完了です。
IMG_0983