過敏性腸症候群、うつが劇的によくなりました♪

過敏性腸症候群、うつ病を経験し、克服した私のブログです。その経緯や、考え方、おすすめのものなどを紹介していこうと思います!

真逆の情報に踊らされないために

本当に、世の中は真逆の情報であふれていますね~^^;

たぶん絶対こうという正解なんてないのだろうと思います。。。

科学的には~とかいいますけど、正直科学的でないことのほうが大多数なわけで・・・

科学で証明されていることなんてほんの、ほんのひとさじくらいでしょう。

だから、奇跡なんて言われることがあるわけで・・・

気持ちの持ちようなんてまさにそんなかんじだし

柔軟に柔軟に対応していくことが必要ですね~。

ついつい「正解探し」をしてしまいます^^;

自分でさえも1年前、1年後、3年後には変わっているかもしれないこと。

「今の」「自分」に合うもの。

ただそれだけなんですよね。

ヨーグルト続けています

またずいぶん空いてしまいました!こんにちは^^

前回、ヨーグルトを習慣化してみますと書きました。

毎朝食べています!

おいしいヨーグルトを発見してしまい、少し値は張るのですが、余計なものがなにも入っていないしおいしいので続けて購入しています^^

調子はというと・・・これのおかげかどうかは分かりませんが、落ち着いています!

11月の頭にまたお腹を突然下したのですが、それ以降落ち着いております。

最近玄米も始めました。白米に混ぜて食べています。

玄米も調べてみると奥が深くて深くて抜け出せない・・・(*o*)笑
くらい深い・・・笑

玄米も賛否両論、ただ食べればいいというわけではないようです。

一応自分が納得したもので今は試しています。

これも、自分の体をみながらですよね。

どうもおかしいな、と思ったら、玄米だから悪いはずない!とか思わないで、一度やめてみる。

それで様子見て、よくなったら玄米かもしれないし、変わらなければ他に原因があるかもしれない。

その繰り返しですよね。

何ごとも人によって合う、合わないがあるもの。

妄信せずに、偏りすぎずに。

このまま体調が落ち着くと嬉しいなぁ~^^

とりあえず習慣化します!

最近、お腹が不安定と書きました。

確かに不安定で、痛くて下してげっそりしていたかと思えば

急に元気になったりします^^; 原因不明。。。

そこで、とりあえず色んなものに手は出してきましたが(発酵食品!と、味噌、納豆、キムチ、こうじ、漬物、ヨーグルト・・・)

ヨーグルトにしぼって様子を見たいと思います!

毎朝、ヨーグルト。(種類問わず)

これを、長期的に見てみようと思います!

いつも、なんか効いたような、効いてないような・・・みたいな感じだったので(ーー; 反省。

とりあえず、一つずつ検証!

これは、人それぞれで、人の役にたつことではなく自分の体で実験です。

とりあえず、今年中、約3ヶ月続けてみます!

お久しぶりです

おはようございます*^^*

気づけば1ヶ月以上もあいてしまいました・・・(´▽`;

最近(数ヶ月)は、月に1度くらいのペースでお腹を下すようになり(ーー;)

なんなのだろうと原因を考えています。

食べ物かな?と記録を付け直して検証してみましたが、特に共通点はない・・・

生理周期とも共通点は見出せず・・・

??

なんだか悶々としています^^;

最近、体調のこと以外にもいろいろ考えてしまって気分が落ちることが多いです。

というのも、時間があるからなんですよね。

それで、好きなことをしていても、やはり・・・うまくいかないものです。贅沢ですね。

なにか人の役に立ちたい、人と会いたい、そんなことを考えるばかりで、行動しないからだと思います。

どんどん内に内に思考がいっています。

これはいかん!

ということで、少しでも行動。

今は、考えるよりも、行動だ!と。

考えすぎと、体調の不安定さで本当に気分が滅入り、悪循環をすごく感じています。

そのせいで旦那とも険悪になったり・・・申し訳ない。

ということで、とにもかくにも行動あるのみでやってみようと思います!

お腹の調子も、いろいろ試してみようと思います。

この感じは、過敏性ではない感じなんですよね。(多分・・・)

でも、もしかしたら考えすぎがストレスになり、お腹にきているかもしれないので、

まぁいろいろ試行錯誤していこうと思います!^^

みなさんはどうですか?

体調がよいですように*^^*

断食は過敏性腸症候群にも効くのか

こんにちは*^^*

断食、ってすごくいろんなことに良いようですね^^

調べれば調べるほどに。。。

今の人は食べすぎで、そこまで食べなくても生きていける。というか、そのほうが元気でいられる。

断食といってもいろんなものがあり、朝食だけ抜くプチ断食から、何ヶ月もかけて行うものまで。

中には何年も何も食べていません。なんていう人もいますよね。

ニュースでたまにとりあげられては、「えーほんまかいな!」と思っていましたが、

今は信じられます。。。なんか、感覚的に。

そして、以前に書いたか忘れましたが、潰瘍性大腸炎?の方が断食でよくなった、というのを見たことがあり、

さらにガンや、いろんな病気にも有効というのも目にします。

体の不調はたいてい食べるのをやめたら治るともいいますし、とにかくよさ気ではないか!と息巻いております。

もちろん人にもよると思いますし、向き、不向きもあるのでしょう。

なので何事も自己責任なのですが。

私も体験的に、食事は軽めのほうが体は動くし、眠くならない。

朝食は食べるものだとずーーっと思ってきたけど(実際、朝起きたらお腹空いていたし)

最近は朝は食べないことも多いです。

これも、たぶん人によりけり。

そして実際、食べないほうがいい、食べたほうがいい、という真逆の見解があります。

これはもう自分がどっちが向いているのか、自分の体で試すしかない気がします。

過敏性腸症候群ですが、

私個人の考えでは、これは別に「病気」ではなく「症状」であって、生活習慣はもちろんのこと、考え方や人生観やもう生き方そのもの(他の「病気」と呼ばれるものもそうだと思います)の問題、というか関係していることだと思っています。

なので、「治す」という概念がもうしっくりこないのですが、「症状として出ないようにする」というほうが近いかなぁ・・・

なので、「断食で過敏性腸症候群が治るのか」という問い自体なんだかしっくりきませんが^^;

断食っていいじゃんと思っている私にとっては、有効なのではないかと思います。

根拠とか、医学的な説明とか、できません。

しかし、医学自体、全てとは思っていないので、そんな説明はいらないかな、と思います。(私は。)

いろいろ調べたり、学んだりした結果、断食はとてもいいんだなーと思ったし、

実際に色んな人がいい結果を体験しているし、

自分自身、良かったし、

まだまだ言葉で「こう」、と説明できませんが、「なんかいいんじゃない?」みたいな感じです。(軽!!)

何度も言いますが、1人1人違うので、万人に合うものなど存在しません。

ただ、「病気」と呼ばれるものは、突然体にぴゅーんと入ってくるものではなく、

自分自身のもろもろの結果でしかないと思っているので、体や思考からケアしていくのがやはりいいと思います。

つまり、薬で押さえ込んだり、ごまかしたりするのではなく(緊急時以外は)、「自分」だと思います。

「病気」は外から急に来るものではなく、自分の一部です。。。

まとまらないですが、私個人の勝手な思いとして、断食、いいと思います*^^*

まぁ、腸を休めることもできるし、消化にしっかり力をあてることもできるし、それだけでもいいんじゃないか?って思います。

やはり、過敏性腸症候群はどうしても気持ちの問題が大半だと思うので、気休めかもしれませんが^^;

でも、あきらめないで、絶望しないで、真っ暗闇でもどっかに光が見えていると信じて、自分の体や心と向き合えたらなぁと願っています*^^*(まとまらないにもほどがありますね。すみません。)
記事検索
スポンサーリンク
最新コメント
スポンサーリンク
  • ライブドアブログ