2007年01月09日

カフェオレボウル専門店 le bols

ロングテールの実験。
カフェオレボウル専門店 le bols

【検証項目】
・ニッチな市場だが、日本全国には一定数のファンがいる市場なら、インターネット専業の小売店が成り立つか?
・mixiの「カフェオレボウル」コミュニティにて、カフェオレボウルが好きな人との交流が、販売につながるか?

現状で、非常に難しいのは検索上位に食い込むこと。
充分なアクセスをもらい、一時はgoogleで「カフェオレボウル」のキーワード検索すると、トップページに表示されていました。
しかしながらその後、楽天の他の店舗の下につけられてしまい、検索で表示されたり、されなかったり。googleのエンジンは、このへんがうまくできていません。


kaboch99 at 17:50|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 中小企業経営 

2006年07月31日

「顧客から差別発言」と在日社員が提訴

積水ハウスの社員が、顧客を差別発言で提訴したそうです。
「顧客から差別発言」と在日社員が提訴

言葉の暴力は、時に暴力より非道です。
この件で連想したのは、ワールドカップ決勝でジダンがマテラッツィに頭突きをした件です。マテラッツィをかばうイタリアの選手は「挑発はサッカーの試合では日常茶飯事。しかし、暴力は違う」と言ったそうですが、差別発言は挑発を超えた、言葉の暴力だと思うのです。

暴力以上に卑劣な言葉の暴力に対してジダンが受けた心の傷の深さは誰にもわかりません。その上、ジダンは怪我にならないよう手や足でなく頭で胸を突くという気配りまでしたのですから、ある意味日常茶飯事のラフプレイよりずいぶんマシではないでしょうか。

私は、学生時代の憲法の教授から、「精神的自由が肉体的自由より重要だとされるのは、精神的自由は被害がわかりにくく、救済しにくいからだ」と教えられました。刑法では、精神的苦痛を与えることが、傷害罪に問われる場合もあります。

この提訴された人物は、新聞の本紙によれば50代の方だそうですが、どういう人物なのでしょう? マンション投資をするほどお金があり、2時間にわたって差別発言をするほど暇というのですから、想像した人物像で合っているような気がします。

しかし、事なかれ主義に陥らなかった積水ハウスの態度には感心するばかりです。最終判断をした経営者、報告をあげた中間管理職、誰かが口を閉めたらこうは行かなかったはずです。一人の顧客は失っても、代わりに得るものは大きいと思います。


kaboch99 at 22:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日経新聞に一言 

2006年07月25日

良心から人の心は見える

京セラの会長の稲盛さんという方には、いろいろな気付きを与えていただいています。

会計では、固定資産の法定償却期間のナンセスさや内部留保は何のためにあるのか、などなのですが、心構えでは、先に日経ビジネス誌で連載されていた「愛他敬天」などに共感します。

たまたま私の顧客の社長の記事を読んでいたところ、やはり稲盛さんの影響を受けていたようなのです。
出会い 良心から人の心は見える

日銀の福井総裁の引き合いもあるのでより同感するのですが、「私心が国を悪くしている」と思う人は、決して少なくないと思います。
矢崎会長も「公共哲学」を積極的に支援するなど、その資力を使う方向にもはっきりしています。

矢崎会長には仕事のつながりでお会いする機会もあると思いますが、稲盛さんにはきっとお会いできなんでしょうね。
でも、自分も同じ道を追っていければと思います。


kaboch99 at 00:32|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 中小企業経営 

2006年07月11日

8年間欠陥放置の疑い トヨタ部長ら送検

トヨタもリコール隠し?
8年間欠陥放置の疑い トヨタ部長ら送検

トヨタもリコール隠しか? という記事なのですが、興味を引くのはトヨタの見解なのです。
----
これに対して、トヨタは、熊本県警と真っ向から異なる見解を表明。送検された3人について、「対応に落ち度はなかった」としている。
----
トヨタは証拠不十分とみて、強気の対応のようです。
これが吉と出るのか、凶と出るのか?

そういえば、松下電器の暖房器具回収については、結局卑屈なほどの低姿勢が返って好感を呼び、「新しい広告手法」とまで言われていますね。

この件、国土交通省は「平成4年ごろから不具合が断続的に発生した、との情報はトヨタ側から何の報告も受けていない」「平成4年ごろから不具合が断続的に発生した、との情報はトヨタ側から何の報告も受けていない」とのこと。

最近、日本の皆さんはこういうことに過剰反応するので、会社の危機管理能力も問われそうですね。



kaboch99 at 22:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日経新聞に一言 

2006年07月08日

googleは動詞

googleって、英語の動詞だって知ってました?
今やgoogleも立派な英単語--ウェブスターの英語辞典で見出し語に

日本語で「ググる」。英語でgoogle。
意味は、「Googleで検索する」。
検索サイトは、Googleと固有名詞なわけです。

そのうち「ネットの検索」という意味でgoogleが使われるようになったら、「Yahoo!でググる」みたいに言うのが普通になるんでしょうか?


kaboch99 at 00:36|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 企業情報システム 

2006年07月04日

辞めてくれてホッ…「来季に光」ヒデ引退歓迎?

サッカー日本代表の中田英寿選手の引退が今日の日本国民の話題の全てなんですが、経営者としてはこの報道に注目してしまいました。

辞めてくれてホッ…「来季に光」ヒデ引退歓迎?「期待裏切った10番」

よく彼には「ビジネス感覚もある」などと言われていますが、もしそうだとするなら、サッカービジネス界における自分の地位も充分理解していたはずです。

つまり、「あと1年、フィオレンティーナと契約が残っている」状況で、自分がもうJリーグに戻ってプレイするしかないだろうということを。

無理やり中小企業経営に例えるなら、

大企業から高い報酬で引き抜いた役員/管理職が、頭は良いようだが環境適応力が乏しく周りの社員とうまく仕事ができない。社長とも時々意見が相違し、怒鳴りあっているようだ。最近は病気がちで休みも多い。
そこで他の会社に給料はほとんど当社もちで1年間出向させた。そちらでは、特筆するべきことはない働きだったようだ。
そんな役員/管理職が、自分から退職を言い出してくれたので、正直ホッとした。

という感じでしょうか。

中田英寿という人をいろいろ聞く限り、チームプレイは向いていない、中小企業の社長の方が向いているタイプですよ。健闘を祈ります。


kaboch99 at 21:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0) サッカーと経営 

2006年06月21日

日銀総裁、報酬の3割を半年間返納

ひさびさの更新です。
この記事には、がっかりだったので。
日銀総裁、報酬の3割を半年間返納

ルールを決める人がプレイして良いはずがない訳で。
日銀総裁の発言にはアナウンス効果があり、実際に行わなくても、匂わせるだけで株価も、為替も、金利も動く訳です。
そんな人が投資をすること自体、充分インサイダー取引でしょう。

さらに追い討ちをかけたのが、報酬3割の返納です。
福井総裁は、やっぱりことの本質を良くわかっていないですね。
みんなが福井総裁を批判するのはなによりその「強欲」さなんです。
堀江→村上→福井、と続くこの件は、「強欲の連鎖」であって、それが批判されている訳です。

だから、30%半年間の報酬を返しても、村上ファンドに預けた財産を寄付しても、在任していればそちらの方が儲かる訳で、みんなそんな計算はできるんです。それで、さらに強欲さが裏付けられてしまった訳です。

この「強欲な福井」のイメージを回復したいのなら、財産の寄付に加えて、報酬の返納は9割以上にするべきで、そこまでしないとイメージ回復は難しいでしょう。そこまでしてやってられないなら、やっぱり強欲だったのかと言われるだけですね。

欲が資本主義社会の根本にあることは認めますが、それは「強欲」であると犯罪や違法行為につながり、福井さんのように規則に違反してなくても、あたりまえのことに目が行かなくなるんですね。

この「深すぎる欲」が経営者には不必要であることは、京セラの創業者である稲盛氏がおっしゃられていますが、その話は別の機会に。









kaboch99 at 21:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2006年05月01日

ガソリンはサービスエリアで

忙しい日々も、連休の中日でひと段落です。連休中はお客様も休みが多く、パート社員にも休みを取ってもらえる良い機会なので、工場レイアウトの改善をしています。

ところで、この5月から変わったことって何でしょう?
1.新会社法の施行
2.酒税の変更(焼酎の増税!)

と、これは以前から知っていたのですが、これは新聞を見てびっくり。
3.ガソリン価格の大幅値上げ

社用車を多く持っている会社には痛い値上げです。そろそろ、運送会社も運賃を値上げしないと経営できなくなるころでしょうか。当社のように遠方に納品することが多い会社には、運賃値上げはかなり痛いです。
コンビニや外食チェーンなど、多頻度配送の業種にとってもコスト上昇要因ですよね。

GWにお出かけの皆様のために、サービスエリアのガソリン価格です。
ガスステーションのご案内

実はこういう価格上昇面において、サービスエリアのガソリン価格は市価より安くなることが多いんです。ガソリンはサービスエリアで入れましょう。


kaboch99 at 20:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 中小企業経営 

2006年04月17日

金を儲けなさい

相変わらず、忙しい日を送っています。
景気は悪化していて、周囲の社長たちは皆、昨年の同時期より仕事が少ないと言っています。運送会社の荷物も減っているようです。

先日、取引先の社長(50歳ほどの大先輩)とこんな会話をしました。

社長:「儲けてる?」
私 :「ボチボチです」
社長:「今、しっかり儲けなさい。知力も体力もあって、世の中のことがわかる年が30代だからね。その後は、経験でしか仕事ができなくなるから」
私 :「しっかり、いろいろ企んでいます」
社長:「そうそう、それで儲けなさい」

こういう励ましが、毎日の一番の力になります。


kaboch99 at 22:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 中小企業経営 

2006年03月30日

新聞の特殊指定についての議論

現在、公正取引委員会による新聞の特殊指定廃止の議論がされていますが、どうも一方的な「廃止に反対」の情報ばかりが届きます。
これこそ情報操作なのでは? と勘ぐってしまいます。そして、主要な政党全てが、反対を表明しています。
「特殊指定」見直し、民主議員懇が反対決議
新聞の特殊指定見直し、福島・社民党党首も反対
公明党懇話会、新聞の特殊指定「堅持を」申し入れへ

少しおかしいと思うのは、そもそも公正取引委員会が議論しているのは「同一紙・同一価格」についてです。これがいつの間にか『地方における宅配の中止→情報格差の発生』に議論が摩り替わっているのです。
この流れを誰がリードしたかというと、日本新聞協会なのです。
「新聞特殊指定」の堅持を求める特別決議を採択=新聞協会

これを読む限り、『価格自由化→販売店の競争→宅配制度崩壊』となっているのですが、いくつか疑問がわきます。

・自由価格は資本主義社会の原則であり、定価販売の見直しが議論されるのは当然のことでないか?

・価格を自由化すると、新聞社は販売店間のテリトリーをコントロールできないのか? この理論が正当と仮定するなら、自動車販売店は既に競争で自動車販売網が崩壊しているはずである。

・販売店が競争すると、なぜ宅配制度が崩壊するのか? そもそも販売店も利益が出ているから、現在の宅配が成立しているはずであり、販売価格を現在と変えなければ地方でも採算は合うということであろう。配達効率のよい都市部では値下げが見込めるので、国民の利益になるはずだが。

新聞協会の無理な意見は、単に既得権益を守ろうとする新聞社のエゴであり、政治家がそれに賛成するのは新聞社に対するリップサービスでしかない。

ただ一人、客観的な意見の人は、小泉総理だけ。首相、新聞特殊指定に「よく議論してほしい」
小泉総理は新聞の宅配サービスは維持されるべきだといった上で、こう言っている。
>また、小泉首相は「同一紙・同一価格でないと戸別配達サービスは維持できないのか、その点についてもよく協議していただいたらいい」とも述べた。

そのとおり、特殊指定の話と新聞宅配制度の話は、分けて議論するべきである。


kaboch99 at 22:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0) 日経新聞に一言