168755_01[1]deco4ccad52683b49[1]deco4ccad52683b49[1]deco4ccad52683b49[1]日向市宣伝の為にも1日一回クリックお願いします!!人気ブログランキングへ

 公開されたときに劇場で観ましたが、アマゾンプライムで再見です。
 
『女手一つで娘を育て上げた73歳の瀬山カツ(倍賞美津子)は頑固でおせっかいな性格のため、周りからは敬遠されがち。ある日、ふと入った写真館で写真を撮り店を出ると、20歳のときの若々しい姿のカツ(多部未華子)になっていた。カツはヘアスタイルやファッションを一新、名前も節子にし、人生を取り戻そうと決意。その後、のど自慢大会で昭和歌謡を歌ったことから……。』

 20歳だけど中身は73歳ですから、不自然な言動がコミカルで笑ってしまいます。楽しいコメディなんですが、子供を育てる親の心情が描かれていて、涙を誘います。

 多部未華子は可愛いし演技も上手。歌が上手いのには驚きます。路上ライブの「真っ赤な太陽」ラストのコンサート「帰り道」もノリノリで良いんですが、「悲しくて やりきれない」がこの映画のベストシーンでしょうか。



 映画をご覧になった方はご存じの通り、多部未華子の歌唱シーンにカツが子育てした頃の思い出のシーンがフラッシュバックして、たまらなく良いシーンとなってます。

 親が皆そうだとは言わないけど、多くの親は自分より子供を優先し、苦労して子供を育てるものです。

 もう一度若返り人生をやり直したい。しかしラストで多部未華子姿のカツが娘を抱きながら、人生がやり直せてもまたお前の親になる、寸分違わず同じ人生を歩むよ、という言葉は胸を打ちますね。 
 我が子の為にした苦労で後悔することはない。そして再び人生を歩むことが出来ても、我が子の居ない人生に意味はない。多くの親は共感するはずです。

 ここあたりは子供を持たないと理解出来ない心情かもしれません。

 笑えて泣ける、とっても良い映画です。

 日向・門川・延岡テイクアウト情報

日向グルメ天国 テイクアウト情報 
日向市テイクアウト情報 フェイスブック
延岡テイクアウト ノベメシ

よろしければポチッと応援のクリックお願いします(*・ω・)ノ