株辰の絶対に知ってはいけない、仕手株、材料株、大化け株、テンバガー、関連銘柄情報

株辰による金融業界からファンドまで、仕手株や材料株、除染関連、震災関連、放射能関連、3Dプリンタ関連銘柄、カジノ関連銘柄、バイオ関連銘柄、スマホ関連、株研関連、LINE関連(ライン関連)K筋銘柄、H筋スティール・パートナーズ・ジャパン・ストラテジック・ファンド、村上ファンド、R氏、ドンペリ倶楽部、S氏率いるネット仕手集団、N氏(西田グループ)、明宝の会、『泉の会』 『盛風の会』 『代官山クラブ』 『箱根クラブ』 『太陽の会』 『天声の会』 『箱根倶楽部』 『六本会』 『風の会』、泰山銘柄様々な銘柄、株、仕手株情報。仕手株、材料株、大化け株、テンバガー、関連銘柄情報も。

ブロードメディア、マツダ、UBIC,KLAB,コンセックの上昇を初期で当てた!!当ブログが送るメルマガレポート。
提供銘柄の90%が上昇。ブログでは乗せられない銘柄はメルマガで
ブログなんかには絶対に掲載できない「株辰銘柄」はメルマガでします。
※10月上旬に公開決定※
無料ですのでそれまでにメルマガ登録お願いします。
登録はこちらから

メルマガ登録

当ブログが今週注目している銘柄を下記にて公開
▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽▼▽
前回公開ユニゾホールディングスは目標達成!
10月16日からの注目銘柄とは

え?あれもこれもそれも急騰!?ブログでは絶対にかけない銘柄を無料で知りたい方はココをクリック

記事をご覧になる前にまずブログランキングのクリックをお願いします。→


日経平均は20000円を目前に折り返し、ロシアトルコなどの地政学的リスクと言われているが、どちらかというと休み前の利確売りのような気がする。
感覚的なものなのでこればっかりはなんともいえないが。。。

大型株は日経に連動して穏やかな動きの中、個別は非常に強い月だった。
そんな中仕手株がちょろちょろ動き出している。
8462フューチャーベンチャーキャピタルは業績でも買われているが、前から仕手株化しているのではという噂はあった。(定かではないが)
書き込みなどに左右されない売買をしていきたい。

9898サハダイヤモンドも木曜日に一旗揚げて33%も下落した。
つかんだ人はたまったもんじゃない。

どのような株にも機関投資家はもちろん入っている。
また、アルゴリズム売買で一方通行の株高や株安が発生するようなこともある。

しかし中には先日逮捕されたような売買手法で個人を翻弄するような所謂仕手に近いような大口投資家もいることは確かだ。

つまりはこのような仕手や仕手に近い投資家がいそうな銘柄には寄り付かずに経済や政策のテーマに沿った信用できる銘柄に投資することがどんなときでも気を付けるべきことなのである。

今は材料がしっかりしている銘柄が見直しされる相場である。

ここ2、3か月で株価がさほど変動していない銘柄を中心に材料を再度見直したい。

え?あれもこれもそれも急騰!?ブログでは絶対にかけない銘柄を無料で知りたい方はココをクリック

記事をご覧になる前にまずブログランキングのクリックをお願いします。→


2413エムスリーが予想通り1か月で目標の2700円達成。
一番安いところで変えているので投資した方はほとんどリスクなく利食いできたと思う。
6095メドピアは下げていた株価をだいぶ戻してきた。
株価上昇まで期間がかかりそうなのでここいらで銘柄乗り換えもありだろう。

先日押し目として紹介した3258ユニゾホールディングスはまたも5100円突破。
この銘柄は4800円以下は今のところ超安値圏。
5100円も安値圏だが、その上に上がっていくには時間がかかると判断し、目標株価に設定していた。
数日で8%とれたならいいほうだろう。

6030アドベンチャーはまだ株価は上がっていない。
売り上げ高の伸びに対して広告費がかかりすぎ、というのが市場の評価のようだ。
実際に私の判断では今回の広告費、売り上げは予想の中の「下限」に近い数字だが、それで株価は6500-7000円と判断している。
高校費用対効果が下がっているのは事実だが、広告費をこのように一気に使うときは次に効率的に広告を出すためのステップだと思われる。
2Qで広告費用対効果の改善がみられるはずである。
そして、先日の民泊事業参入はかなり大きいIRだ。
海外ではカウチソファやエアビーアンドビーなど前からあったが、国内上場企業で扱っているのは当銘柄だけ(だと思うが)。
airbnbの時価総額はすでに2兆円に達しており、まだ取り扱い商品が少ないとはいえ、当事業をやっている上場企業が当社だけと考えると評価が低すぎると思う。

花が咲くには数年かかるとはいえ、日本企業ということでインバウンド相手にはairbnbよりメリットが出てくる場所もあるはずである。

期待を持ちたい。 

え?あれもこれもそれも急騰!?ブログでは絶対にかけない銘柄を無料で知りたい方はココをクリック

記事をご覧になる前にまずブログランキングのクリックをお願いします。→


先日フランスにて同時多発テロがあった影響で日経は本日は弱含み。
恐らく今晩の欧米の下落で明日も下げる可能性は高い。
フルレバレッジで投資しているのなら少し利食い、損切をして押し目を買える体制を整えたい。
仮にこれ以上下がらなかったとしても、決してマイナスではないはずである。
こういうリスクがどのように振れるかわからないときは欲張らずにいくのがいいだろう。

様々な意見や感情があると思うが、私は株式投資について紹介するためにこのブログを作ったので、当ブログではフランスのテロに関する細かいことは避けたい。

さて、原油価格は8月以来の低水準まで下がってきた。
シェール革命でアメリカが世界一の産油国となり、それから世界のコモディティ中心の経済バランスが変わった。
1990年代から中東産油地域が無条件で大金を支配する時代だった。
そしてその後ロシアが誕生して数年でロシア経済も急激な回復基調に。
今までアメリカ中心だった世界のパワーバランスは一極から多極に代わっていった。

まさに2013年まではロシア、中東ともに金にあふれていた時代だろう。
しかし、2010年代にシェール層から原油と天然ガスを採掘する技術がアメリカで生まれると情勢は段々変わってくる。

まず、シェール革命をつぶすために、中東、ロシアは原油価格を下げた。
これによりGMXリソーシズ等、アメリカでシェール採掘をしている会社は採算が合わなくなって倒産した会社もある。
日本では伊藤忠は撤退し住友商事も大打撃を受けた。

しかし、より長期投資傾向にある、資本が潤沢にある企業がシェールに投資したことにより、シェール革命は完全なる失敗から、成功と失敗の中間地点まで戻ってきた。

2015年にはアメリカは原油産出量で世界一となった。

今までシェール阻止のために原油価格を無理やり抑えてきた中東だったが、今後はマネーパワーバランスのかじ取り役を取り戻すために、アメリカが産油を増やし、今度は中東、ロシアへ、まるで経済制裁のようにさらに原油価格を下げた。

結果中東、ロシアの経済は依然ほどの裕福さはなくなり、コモディティに頼り切った経済から脱却しなければならない状態まで追い詰められつつある。

そうすると何とかして原油価格を上げる手立てにでるか、経済投資しかなくなる。

サウジアラビアなどはアメリカと日本に多額の投資をしていた。
が、中東情勢の不安と原油価格の低迷が原因で現金が必要となり、大幅に現金化することを余儀なくされた。

ロシアは限界に達したのか、ウクライナのクリミア半島を占拠した。

それでも原油価格は下がり続けている。 

こうなると武力衝突が生まれる可能性が高い。 
武力衝突では原油の供給リスクと空母や戦闘機など原油の軍需により、原油価格が上がる。
過去の第四次中東戦争後やイラン政変後の原油価格がまさにそれだ。

近年ではスワップ協定が生まれたり、デリバティブが増えたことでリスクリターンのバランスが一定を超えにくくなっており、昔ほどコモディティのボラティリティがあるとは思えないがそれでも2倍くらい急騰してしまう可能性は少なくない。

現在の日経は原油価格が上がると上値を抑えられる形である。
(原油価格が下がってもデフレと言われ上がりにくいが、、、)

このような地政学的リスクがあるときは1671WTI原油ETFへの投資も少なからず有効である。

さて、このような地合いだが、いくつか押し目として見たい銘柄を紹介したい。
3258ユニゾホールディングス
タワーマンション課税、および建築偽装から株価は伸び悩み。
一時目標株価の5100円に達するもまた4800円を割り込む。
底値はしれているので5100円利食いで投資したい。

6758ソニー
日経に連動して売られているが、本業は成長中で、東芝から半導体部門を吸収。
今後も売り上げは拡大すると思われる。
3400円あたりを目標に短期投資。

9684スクウェアエニックス
決算で売られたが、市場拡大と同時に今後も定期的に新製品は出るはず。
まだまだ成長中の銘柄。

6030アドベンチャーも朝一紹介したかったが、このラインだと明日の日経次第になってくるので保留。

 

↑このページのトップヘ