2012年02月04日

ネット証券に毎月分配型投信は向かない

いま人気の毎月分配型投信は大半が分配余力以上の
高額分配金を払い続ける「タコ足配当」を続けて、顧客獲得を
図っているように見えますが、こうして分配余力以上の
配当を続けていくと、投資信託の基準価額がどんどん
下がっていきます。

100万円投資信託に投じ、分配金で年間10万円の高額
配当をもらったとしても基準価額が85万円になっているので
あれば意味がありません。

しかもネット証券の場合、投資信託の平均買い付け価格よりも
基準価額が安くなると、評価損として明確に表示されます。
毎月分配金を貰っても、評価損が大きくなっていくのを見ているのは
精神的に良くないのではないかと思います。

そう考えると、基準価額の下落による損失が明確に分かる
ネット証券には、毎月高額の分配型を払う投資信託は
そぐわない感じです。

それでも、高額な分配を払い続ける投資信託が売れ続けるのは、
インターネットでの投資信託や株式取引は行わず、
店頭系証券会社の営業マンに勧められるがままに投資信託を購入し、
分配金の総額を計算することはあっても基準価額の下落による
評価損を考慮していない投資家が多いのでしょう・・・。

株のブログランキングはこちら(クリックをお願いします!)
にほんブログ村 株ブログへ



kabu2oku at 15:00│Comments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 投資コラム 

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
リンク先更新情報
記事検索
Twilog
http://twilog.org/2okutameo

株ブログ
株のブログランキングに参加しています。↓
にほんブログ村 株ブログへ
貸付型クラウドファンディング
株式資産推移
2億円達成!
2003年8月250万円から開始
2003 3,749,270円
2004 10,050,809円
2005 19,343,361円
2006 26,607,577円
2007 24,009,559円
2008 25,674,910円
2009 27,361,196円
2010 29,754,162円
2011 38,800,835円
2012 55,320,170円
2013 77,306,846円
2014 91,818,192円
2015 103,301,223円
2016 119,956,097円
2017 157,516,713円
2018 187,954,799円
2019 224,487,100円
2020 228,511,921円
株式型クラウドファンディング
現在4社に投資中
投資成績(詳細)
2015年以前の実績はこちら
2016年単月実績
1月-11,494円
2月-832,594円
3月+121,789円
4月+4,401円
5月+6,467,925円
6月+-0円
7月+2,378,006円
8月+4,517,426円
9月+1,305,800円
10月+-0円
11月+3,033,709円
12月+-0円
2017年単月実績
1月+8,844,528円
2月+-0円
3月+7,675,286円
4月-15,756円
5月-496,746円
6月+2,886,228円
7月+2,437,512円
8月+3,071,260円
9月+11,132,317円
10月+1,508,175円
11月+-0円
12月+517,812円
2018年単月実績
1月+4,994,254円
2月+5,304,190円
3月+4,894,312円
4月+-0円
5月-146,452円
6月+-0円
7月-549,540円
8月+2,082,060円
9月+10,972,686円
10月+3,864,116円
11月-977,540円
12月+-0円
2019年単月実績
1月+-0円
2月+-0円
3月+14,323,176円
4月+-0円
5月+178,475円
6月+25,485円
7月-33,846円
8月+22,693,180円
9月+-0円
10月+525円
11月-654,694円
12月+-0円
2020年単月実績
1月+1,584,824円
2月+1,691,824円
3月+748,173円
月別アーカイブ