2016年01月22日

株式投資で儲けるために必要なこと

資産を殖やしていくためには、「大きく儲けること、損は少なくすること」が重要です。

当たり前のことを書いているように思えるかもしれませんが、資産は減らすのは簡単でも殖やすことはとても難しいため、それを常に意識しておくことが重要だと思っています。

よくある一例ですが、100万円を株式で運用していて、売買に失敗して50万円に減らしてしまったとします。

この場合、運用成績としては50%のマイナスですが、50万円に減ってしまった資産を元の100万円に殖やそうと思うと資産を100%(2倍に)殖やさなくてはなりません。

減らしてしまった資産を元に戻すのは、結構大変です。
その為、なるべく損失は少なくすることが重要なのです。

損失を少なくするために何が必要か?
ということですが、
株式投資であれば、損切りの徹底だと思います。

一例を挙げると、「含み損を抱えてしまって売るに売れない」という理由で保有している銘柄があれば、本来は早く売るべきだと思いますし、次回はもっと早いタイミングで損切りするように心がけると良いと思います。

Twitterでもつぶやいています。ブログの更新情報もお知らせ。
株のブログランキングはこちら↓
最近苦戦気味。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ



kabu2oku at 06:00│Comments(3)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 株日記 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by rie   2016年01月22日 17:24
はじめまして!
250万からはじめて1億ってすごいですね。
私ははじめて3年ぐらいになりますが、今現在損失を抱えて鬱みたいな状態です。
損失がすごいので計算もしたくありません。とても落ち込んでいます。
今までそういう状態になったことありますか?
自分でもこういう状態をどのようにしたら良いかわかりません。
文章が支離滅裂で申し訳ありません。
何かアドバイスありましたらお願いします。
2. Posted by 弍億貯男   2016年01月22日 23:08
rieさん
月並みですが、損切りしてすっきりしたほうが精神衛生上、良い場合もあると思います。
保有株を見たくないという状態は、売買の適切な判断が出来なくなりますますよろしくないので・・・。
3. Posted by s.u   2016年01月23日 07:44
いつも拝読しています。私も損切りは、ある程度戻したらした方が良いと思います。以前持ちすぎて耐えられなくなった経験もしました。弐億さんのブログを参考にして自分なりのルールを決めました。鬱になったら株取引も嫌にまります。株は競馬などのギャンブルよりはるかに経験と日々勉強する事で利益を得る事ができると思います。ワクワクしながらやりたいですね。(ここ何年かはできてるかな)

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
リンク先更新情報
記事検索
Twitter プロフィール
Twilog
http://twilog.org/2okutameo

株ブログ
株のブログランキングに参加しています。↓
にほんブログ村 株ブログへ
株式資産推移
目標2億円!
2003年8月250万円から開始
2003 3,749,270円
2004 10,050,809円
2005 19,343,361円
2006 26,607,577円
2007 24,009,559円
2008 25,674,910円
2009 27,361,196円
2010 29,754,162円
2011 38,800,835円
2012 55,320,170円
2013 77,306,846円
2014 91,818,192円
2015 103,301,223円
2016 119,956,097円
お勧め定期購読誌

週刊東洋経済
定期購読で最大40%OFF
週刊東洋経済は私が定期購読しているビジネス誌です。時折会社四季報の先取り特集も掲載されますので、銘柄選定にも役立ちそうです。
投資成績(詳細)
2009年単月実績
1月 -1,250円
2月 +294,916円
3月 -508,060円
4月 +441,170円
5月 +70,500円
6月 +-0円
7月 +133,777円
8月 -1,794円
9月 +1,062,470円
10月 +417,720円
11月 -10,374円
12月 -71,789円
2010年単月実績
1月 +419,191円
2月 -358円
3月 +429,661円
4月 +904,368円
5月 -26,837円
6月 +714,074円
7月 -134,412円
8月 -404,298円
9月 +41,689円
10月 -716円
11月 +297,847円
12月 +152,757円
2011年単月実績
1月 +716,553円
2月 +4,276,345円
3月 -904,665円
4月 +392,761円
5月 ‐1,074円
6月 +1,785,536円
7月 +1,067,905円
8月 -2,699円
9月 -36,722円
10月 -155,925円
11月 -1,101,595円
12月 +3,010,253円
2012年単月実績
1月 +445,236円
2月 +4,156,587円
3月 +464,643円
4月 +647,891円
5月 -303,563円
6月 +895,820円
7月 +500,588円
8月 +2,019,837円
9月 +2,309,029円
10月 +2,911,645円
11月 +1,905,038円
12月 +566,584円
2013年単月実績
1月 +3,689,198円
2月 ‐1,763円
3月 +4,488,956円
4月 +3,407,555円
5月 +3,391,754円
6月 -329,967円
7月 -255,109円
8月 +162,267円
9月 +330,533円
10月 +5,974,120円
11月 -1,901円
12月 +1,128,033円
2014年単月実績
1月 +1,037,699円
2月 -338,567円
3月 +874,188円
4月 +428,399円
5月 +-0円
6月 +420,193円
7月 +1,938,118円
8月 +2,804,096円
9月 +3,758,505円
10月 -269,071円
11月 +1,663,278円
12月 +2,194,508円
2015年単月実績
1月 +1,253,578円
2月 -509,235円
3月 +845,554円
4月 +4,359,524円
5月 +2,252,550円
6月 +1,742,012円
7月 +1,511,006円
8月 -324,288円
9月 +692,318円
10月 -279,694円
11月 -60,294円
12月 -330,094円
2016年単月実績
1月 -11,494円
2月 -832,594円
3月 +121,789円
4月 +4,401円
5月 +6,467,925円
6月 +-0円
7月 +2,378,006円
8月 +4,517,426円
9月 +1,305,800円
10月 +-0円
11月 +3,033,709円
月別アーカイブ