2016年02月16日

株価のテコ入れ策として期待すること

今年は年初から日本株は大幅下落し、今年は儲けられそうにないという人が多いと思いますが、日本の株式市場のテコ入れ策として、やはり証券税率の引き下げを願いたいです。

NISAの限度額を大きく引き上げたり、証券税率を再び10%に引き下げることで、低金利下で運用難となった資金が流入するのではないかと思います。

ただ、日経平均が15,000円の水準だと、まだ富裕層優遇批判を恐れて政治判断は出来ないでしょうから、望み薄だなとも思います。

しかしながら年金基金や日銀のETF購入では限界があると思いますので、個人の資金を株式市場に引き入れる策が必要だと思います。政府や自民党には検討を願いたいところです。

Twitterでもつぶやいています。ブログの更新情報もお知らせ。
株のブログランキングはこちら↓
最近苦戦気味。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ



kabu2oku at 06:00│Comments(6)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 株日記 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by うーむ   2016年02月16日 09:08
一番長期でインパクトありそうなのは上場株式の相続税評価を80%にするでしょうかね。現金、不動産からリート、株式に資金シフトが起こります。
2. Posted by ジロリンチョ   2016年02月16日 18:41
証券税率の引き下げ賛成です。
単純な私は財布の中身は変わらないのに、含益が拡大すれば「うなぎ」、含損が拡大すれば「袋ラーメン」ってな感じで、行動してます。あらさがし国会はウンザリ。野党を含め、世界の先を行くアイデアについて論争してほしい。選挙目当てに高齢者に3万円をバラマクのなら、みずほの株付き証券口座をバラマクってのはどうでしょう。(アハっ)どこの株が入っているか分からない福袋口座の方が楽しめるか?なっ(アハハっ)
3. Posted by 弍億貯男   2016年02月16日 21:51
ジロリンチョさん
例えば証券会社は利用顧客が自社の株式を購入したら購入補助を出すとか。
従業員持ち株会みたいに。
4. Posted by 大崎株好き男   2016年02月16日 23:36
個人としては賛成ですが、国としてここまでの支援をすることは反対ですね。
税収が増える分まで、あげれるようには考えられないです。
5. Posted by さいもん   2016年02月19日 08:03
こんにちは。

証券税率の引き下げは大賛成です。でも実現するとしたら2000年代前半並に相場が低迷する必要があるでしょうね。それは嬉しくないです。

上の方もコメントしてますが昨年金融庁が要望を上げてる上場株式等の相続税評価の見直し、これが実現すれば凄いですね。今後大相続時代が来るので、一番お金を持っている老人層へ働きかけるべきでしょう。

http://www.mof.go.jp/tax_policy/tax_reform/outline/fy2016/request/fsa/28y_fsa_k_11.pdf
6. Posted by 弍億貯男   2016年02月19日 22:41
さいもんさん
そうですよね。証券税率10%が延長になったのは、日経平均株価が1万円を割っていましたからね・・・・。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
Twitter プロフィール
Twilog
http://twilog.org/2okutameo

株ブログ
株のブログランキングに参加しています。↓
にほんブログ村 株ブログへ
株式資産推移
目標2億円!
2003年8月250万円から開始
2003 3,749,270円
2004 10,050,809円
2005 19,343,361円
2006 26,607,577円
2007 24,009,559円
2008 25,674,910円
2009 27,361,196円
2010 29,754,162円
2011 38,800,835円
2012 55,320,170円
2013 77,306,846円
2014 91,818,192円
2015 103,301,223円
2016 102,253,231円
お勧め定期購読誌

週刊東洋経済
定期購読で最大40%OFF
週刊東洋経済は私が定期購読しているビジネス誌です。時折会社四季報の先取り特集も掲載されますので、銘柄選定にも役立ちそうです。
リンク先更新情報
投資成績(詳細)
2009年単月実績
1月 -1,250円
2月 +294,916円
3月 -508,060円
4月 +441,170円
5月 +70,500円
6月 +-0円
7月 +133,777円
8月 -1,794円
9月 +1,062,470円
10月 +417,720円
11月 -10,374円
12月 -71,789円
2010年単月実績
1月 +419,191円
2月 -358円
3月 +429,661円
4月 +904,368円
5月 -26,837円
6月 +714,074円
7月 -134,412円
8月 -404,298円
9月 +41,689円
10月 -716円
11月 +297,847円
12月 +152,757円
2011年単月実績
1月 +716,553円
2月 +4,276,345円
3月 -904,665円
4月 +392,761円
5月 ‐1,074円
6月 +1,785,536円
7月 +1,067,905円
8月 -2,699円
9月 -36,722円
10月 -155,925円
11月 -1,101,595円
12月 +3,010,253円
2012年単月実績
1月 +445,236円
2月 +4,156,587円
3月 +464,643円
4月 +647,891円
5月 -303,563円
6月 +895,820円
7月 +500,588円
8月 +2,019,837円
9月 +2,309,029円
10月 +2,911,645円
11月 +1,905,038円
12月 +566,584円
2013年単月実績
1月 +3,689,198円
2月 ‐1,763円
3月 +4,488,956円
4月 +3,407,555円
5月 +3,391,754円
6月 -329,967円
7月 -255,109円
8月 +162,267円
9月 +330,533円
10月 +5,974,120円
11月 -1,901円
12月 +1,128,033円
2014年単月実績
1月 +1,037,699円
2月 -338,567円
3月 +874,188円
4月 +428,399円
5月 +-0円
6月 +420,193円
7月 +1,938,118円
8月 +2,804,096円
9月 +3,758,505円
10月 -269,071円
11月 +1,663,278円
12月 +2,194,508円
2015年単月実績
1月 +1,253,578円
2月 -509,235円
3月 +845,554円
4月 +4,359,524円
5月 +2,252,550円
6月 +1,742,012円
7月 +1,511,006円
8月 -324,288円
9月 +692,318円
10月 -279,694円
11月 -60,294円
12月 -330,094円
2016年単月実績
1月 -11,494円
2月 -832,594円
3月 +121,789円
4月 +4,401円
月別アーカイブ