2016年02月23日

同一労働同一賃金に関して思うこと

同一労働同一賃金について、政府がガイドラインの作成を進めています。

同一の職務内容であれば同一の賃金を支払うべきということは、そうあるべきだと思いますが、日本の企業の場合、職務内容が同じにもかかわらず年功序列もしくは勤続年数に応じて基本給が異ることも多いと思います。

また、転勤を伴う異動があり得る社員とそうでない社員、「総合職」と「事務職」で行う業務に差が無いケースなど、同一労働同一賃金の言葉通りの運用実現にはハードルがいくつもあるように思います。

企業としては、同一労働同一賃金をその言葉通りに実現すると人件費の高額化につながるでしょうから、前述の年功序列や異動の有無等を駆使して、実態としては同一労働にもかかわらず給与の差を温存するように行動するのではないかと思います。

企業業績が悪化すると、株価にも影響しますので、政府がどこまで踏み込むか見ものです。

私個人としては、企業にとって年功序列といった旧来の制度を無くして成果主義の給与体系に移行していく良い機会だと思います。

Twitterでもつぶやいています。ブログの更新情報もお知らせ。
株のブログランキングはこちら↓
最近苦戦気味。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ



kabu2oku at 06:00│Comments(6)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 株日記 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by sun   2016年02月23日 07:18
私個人としては、企業にとって年功序列といった旧来の制度を無くして成果主義の給与体系に移行していく良い機会だと思います。

このご意見私もそう思います。今までいろんな会社で派遣やパートで働いてきましたが、「なんでこの人正社員でこんな給料もらってんの?」と思う、仕事を全然してない人がどこの会社にも必ず何人かいましたから。こーいう人ってただ仕事をしてないだけじゃなくできる人にその分まで仕事が集まりしんどくなるのに、給料はそこまでの差がついてないので、できる人のモチベーションまで下げてしまうという悪影響をまき散らしますからたちが悪いです

PS
弐億さんのツイッターのアイコン小桜インコちゃんですか?手に甘えてますね。かわいいです。私も小さいころから手乗りインコを飼っていてインコ大好きなので思わず反応してしまいました(笑)
2. Posted by おひげ☆ぼーぼー   2016年02月23日 10:36
僕も同一労働同一賃金よりも成果主義の給与体系の方が良いかなと思います。
同一労働=同一成果なら話は別ですが。。。
3. Posted by 弍億貯男   2016年02月23日 22:32
sunさん
わたしも成果主義への移行推進派です。
残業して給料を稼ぐ人よりも、てきぱきと仕事を終わらせて早く仕事を終える人のほうが給与が少ないのはおかしいので。
4. Posted by 弍億貯男   2016年02月23日 22:33
おひげ☆ぼーぼーさん
はい。収入が安定しない点はあるのですが、成果主義のほうが公正だと思っています。
5. Posted by とし2051   2016年02月23日 23:24
自分も成果主義に賛成です。
日本の企業の労働生産性が欧米の企業に比べて極端に低いのも、旧来の給与体系が多少は関係しているんじゃないかと思います。
6. Posted by 長期投資勉強中   2016年02月24日 00:20
助け合いが無くなり業績悪化になるような気がします。
人間が感情を持たなければ成果主義は成功すると思いますが。
成果主義より解雇条件の緩和に期待したい。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
Twitter プロフィール
Twilog
http://twilog.org/2okutameo

株ブログ
株のブログランキングに参加しています。↓
にほんブログ村 株ブログへ
株式資産推移
目標2億円!
2003年8月250万円から開始
2003 3,749,270円
2004 10,050,809円
2005 19,343,361円
2006 26,607,577円
2007 24,009,559円
2008 25,674,910円
2009 27,361,196円
2010 29,754,162円
2011 38,800,835円
2012 55,320,170円
2013 77,306,846円
2014 91,818,192円
2015 103,301,223円
2016 111,099,062円
お勧め定期購読誌

週刊東洋経済
定期購読で最大40%OFF
週刊東洋経済は私が定期購読しているビジネス誌です。時折会社四季報の先取り特集も掲載されますので、銘柄選定にも役立ちそうです。
リンク先更新情報
投資成績(詳細)
2009年単月実績
1月 -1,250円
2月 +294,916円
3月 -508,060円
4月 +441,170円
5月 +70,500円
6月 +-0円
7月 +133,777円
8月 -1,794円
9月 +1,062,470円
10月 +417,720円
11月 -10,374円
12月 -71,789円
2010年単月実績
1月 +419,191円
2月 -358円
3月 +429,661円
4月 +904,368円
5月 -26,837円
6月 +714,074円
7月 -134,412円
8月 -404,298円
9月 +41,689円
10月 -716円
11月 +297,847円
12月 +152,757円
2011年単月実績
1月 +716,553円
2月 +4,276,345円
3月 -904,665円
4月 +392,761円
5月 ‐1,074円
6月 +1,785,536円
7月 +1,067,905円
8月 -2,699円
9月 -36,722円
10月 -155,925円
11月 -1,101,595円
12月 +3,010,253円
2012年単月実績
1月 +445,236円
2月 +4,156,587円
3月 +464,643円
4月 +647,891円
5月 -303,563円
6月 +895,820円
7月 +500,588円
8月 +2,019,837円
9月 +2,309,029円
10月 +2,911,645円
11月 +1,905,038円
12月 +566,584円
2013年単月実績
1月 +3,689,198円
2月 ‐1,763円
3月 +4,488,956円
4月 +3,407,555円
5月 +3,391,754円
6月 -329,967円
7月 -255,109円
8月 +162,267円
9月 +330,533円
10月 +5,974,120円
11月 -1,901円
12月 +1,128,033円
2014年単月実績
1月 +1,037,699円
2月 -338,567円
3月 +874,188円
4月 +428,399円
5月 +-0円
6月 +420,193円
7月 +1,938,118円
8月 +2,804,096円
9月 +3,758,505円
10月 -269,071円
11月 +1,663,278円
12月 +2,194,508円
2015年単月実績
1月 +1,253,578円
2月 -509,235円
3月 +845,554円
4月 +4,359,524円
5月 +2,252,550円
6月 +1,742,012円
7月 +1,511,006円
8月 -324,288円
9月 +692,318円
10月 -279,694円
11月 -60,294円
12月 -330,094円
2016年単月実績
1月 -11,494円
2月 -832,594円
3月 +121,789円
4月 +4,401円
5月 +6,467,925円
6月 +-0円
7月 +2,378,006円
月別アーカイブ