2016年03月17日

資産運用 私の妻の観点

私の妻は以前、株式投資や投資信託を手がけた時期もあったのですが、いまは資産運用を行っていません。

ワイン投資ファンドが倒産した件を踏まえて、ワイン投資についてどう思うか聞いてみたところ、「胡散臭い、怪しいとは思わないが、ワインという商品1つに絞って投資するのはリスクがあると思う。」という回答が返ってきました。

また、妻に言わせると「投資信託よりも株式投資のほうが安全だと思う。」とのこと。

投資信託は何に投資しているのか分からないが、株式投資の場合、少しずつ分散して購入し、毎日の変化、成長をチェック出来るから分かりやすい。

株式投資は家庭菜園のようなイメージだそうです。
私と観点が違っていて参考になりました。

投資信託は株式投資と比べると、分散投資が効いていてリスク分散が図れていますが、分かりにくいのは確かですね。

Twitterでもつぶやいています。ブログの更新情報もお知らせ。
株のブログランキングはこちら↓
最近苦戦気味。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ



kabu2oku at 06:00│Comments(5)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 株日記 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by M   2016年03月17日 12:41
投資信託は、分散投資が図られていてリスク分散されていますが、特にパッシブ型になると、投資に対する面白みの観点から言えばどうしても株式投資に劣りますね。
また、よっぽど投資のタイミングが良くないと、投資信託で年率10%を超えるのは至難の技ですから、それ以上を目指すのであれば、株式投資をやるべきだと思います。
私は、日本以外の株式にも興味があって直接投資したいとも思ってるのですが、時間や労力、知識不足の点から、外国株式に限っては投資信託で運用しています。
人それぞれ、置かれた環境や知識量、経験、資産目標、目的が異なるので、自分に合った投資商品を選択すればいいのではないでしょうか。
大事なのは、目的と手段が合致した投資を行っているか、短期か中長期か、資金管理、リスクコントロール、売買ルールを明確にし、徹底する事が大事かと思います。
周囲と話していても、これらの点を理解又は実行していない人が多すぎて、逆に驚かされます。
2. Posted by ジントニック   2016年03月17日 19:33
奥さんの言っていることは一理ありますね。

日本ではあまり聞かないですが、例えばサブプライムローンのモーゲージを組み入れていた債権ファンドはあったはずです。

僕も投資は農業のようなイメージがあるのですが、弐億さんはどんなイメージを持っているのですか?
3. Posted by あげあげ   2016年03月17日 23:44
>家庭菜園のようなイメージ
面白いですし、なるほど!です。
4. Posted by 弍億貯男   2016年03月19日 07:29
ジントニックさん
私は株式投資はタネをまいて育てるといったイメージは持っていませんでしたので、家庭菜園という話を聞いたときはなるほどねと思いました。
私の場合、育っている企業に乗っかっているイメージかな・・・。
5. Posted by 弍億貯男   2016年03月19日 07:30
Mさん
私はMさんと同じ考え方です。
同じ理由で国内は個別株、海外は投資信託中心にいきます。
興味の世界で一部海外の個別株も保有していますが・・。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
記事検索
Twitter プロフィール
Twilog
http://twilog.org/2okutameo

株ブログ
株のブログランキングに参加しています。↓
にほんブログ村 株ブログへ
株式資産推移
目標2億円!
2003年8月250万円から開始
2003 3,749,270円
2004 10,050,809円
2005 19,343,361円
2006 26,607,577円
2007 24,009,559円
2008 25,674,910円
2009 27,361,196円
2010 29,754,162円
2011 38,800,835円
2012 55,320,170円
2013 77,306,846円
2014 91,818,192円
2015 103,301,223円
2016 111,099,062円
お勧め定期購読誌

週刊東洋経済
定期購読で最大40%OFF
週刊東洋経済は私が定期購読しているビジネス誌です。時折会社四季報の先取り特集も掲載されますので、銘柄選定にも役立ちそうです。
リンク先更新情報
投資成績(詳細)
2009年単月実績
1月 -1,250円
2月 +294,916円
3月 -508,060円
4月 +441,170円
5月 +70,500円
6月 +-0円
7月 +133,777円
8月 -1,794円
9月 +1,062,470円
10月 +417,720円
11月 -10,374円
12月 -71,789円
2010年単月実績
1月 +419,191円
2月 -358円
3月 +429,661円
4月 +904,368円
5月 -26,837円
6月 +714,074円
7月 -134,412円
8月 -404,298円
9月 +41,689円
10月 -716円
11月 +297,847円
12月 +152,757円
2011年単月実績
1月 +716,553円
2月 +4,276,345円
3月 -904,665円
4月 +392,761円
5月 ‐1,074円
6月 +1,785,536円
7月 +1,067,905円
8月 -2,699円
9月 -36,722円
10月 -155,925円
11月 -1,101,595円
12月 +3,010,253円
2012年単月実績
1月 +445,236円
2月 +4,156,587円
3月 +464,643円
4月 +647,891円
5月 -303,563円
6月 +895,820円
7月 +500,588円
8月 +2,019,837円
9月 +2,309,029円
10月 +2,911,645円
11月 +1,905,038円
12月 +566,584円
2013年単月実績
1月 +3,689,198円
2月 ‐1,763円
3月 +4,488,956円
4月 +3,407,555円
5月 +3,391,754円
6月 -329,967円
7月 -255,109円
8月 +162,267円
9月 +330,533円
10月 +5,974,120円
11月 -1,901円
12月 +1,128,033円
2014年単月実績
1月 +1,037,699円
2月 -338,567円
3月 +874,188円
4月 +428,399円
5月 +-0円
6月 +420,193円
7月 +1,938,118円
8月 +2,804,096円
9月 +3,758,505円
10月 -269,071円
11月 +1,663,278円
12月 +2,194,508円
2015年単月実績
1月 +1,253,578円
2月 -509,235円
3月 +845,554円
4月 +4,359,524円
5月 +2,252,550円
6月 +1,742,012円
7月 +1,511,006円
8月 -324,288円
9月 +692,318円
10月 -279,694円
11月 -60,294円
12月 -330,094円
2016年単月実績
1月 -11,494円
2月 -832,594円
3月 +121,789円
4月 +4,401円
5月 +6,467,925円
6月 +-0円
7月 +2,378,006円
月別アーカイブ