2016年03月24日

景気は好調と言われつつもなかなか財布の紐は緩められない。

先週は大手自動車メーカーや電機メーカーの経営側が基本給の引き上げ(ベースアップ)の回答を行いましたが、大手についても月額で1,500円程度の引き上げ幅とのことで、基本給の引き上げの恩恵を受けられる人はそれほど多くなさそうです。

私が学生だった頃は日本企業は基本給の引き上げや勤続年数等に伴う定期昇給が当たり前だったようですが、いま私の勤めている会社は定期昇給も無く、成果主義の会社で、業績が好調な時はベースアップではなく賞与で還元するというスタンスですので、給与収入、特に年収は安定しません。

業績が好調な多くの企業は、ベースアップではなく賞与で還元しているところが多いと思いますので、年収は殖えたとしても、将来の収入が約束されているわけではありません。
財布の紐を緩める心理になりづらいのではないかと思います。

老後に夫婦2人がゆとりある生活を送るには1億円必要だという意見もありますので、30年、40年と働き続けている間、ずっと将来不安を抱え続けてしまいそうです。

将来に対して不安を抱えている人にとって、その不安から脱却するには、資産を築くしかないわけなのですが、起業したり、昇進昇格して経営者サイドになって稼ぐことが出来るのはほんの一握りです

そんなときに将来の生活不安から脱却するためのもうひとつの手段が株式投資などの資産運用です。

以前にも何回かこのブログで書いているのですが、私が株式投資をしている理由は、金を稼いで悠々自適、セレブな生活を送りたいからではなく、将来の生活不安からの脱却を図りたいからという理由が一番です。

株式投資はいまのところ上手くいっていますが、まだ将来不安は消えません・・・。

Twitterでもつぶやいています。ブログの更新情報もお知らせ。
株のブログランキングはこちら↓
最近苦戦気味。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ



kabu2oku at 06:00│Comments(2)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加 株日記 

トラックバックURL

この記事へのコメント

1. Posted by 名無し   2016年03月24日 08:25
今の現役世代はどことなく「人生を全う」する為に働いている感じですよね。
もっと言えば老後の為に今を消費していっている感じです。
2. Posted by 弍億貯男   2016年03月24日 22:19
名無しさん
お金はなるべく若いうちに使うべきだとは思っているのですが、どうも慎重になってしまいます。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
リンク先更新情報
記事検索
Twitter プロフィール
Twilog
http://twilog.org/2okutameo

株ブログ
株のブログランキングに参加しています。↓
にほんブログ村 株ブログへ
株式資産推移
目標2億円!
2003年8月250万円から開始
2003 3,749,270円
2004 10,050,809円
2005 19,343,361円
2006 26,607,577円
2007 24,009,559円
2008 25,674,910円
2009 27,361,196円
2010 29,754,162円
2011 38,800,835円
2012 55,320,170円
2013 77,306,846円
2014 91,818,192円
2015 103,301,223円
2016 119,956,097円
お勧め定期購読誌

週刊東洋経済
定期購読で最大40%OFF
週刊東洋経済は私が定期購読しているビジネス誌です。時折会社四季報の先取り特集も掲載されますので、銘柄選定にも役立ちそうです。
投資成績(詳細)
2009年単月実績
1月 -1,250円
2月 +294,916円
3月 -508,060円
4月 +441,170円
5月 +70,500円
6月 +-0円
7月 +133,777円
8月 -1,794円
9月 +1,062,470円
10月 +417,720円
11月 -10,374円
12月 -71,789円
2010年単月実績
1月 +419,191円
2月 -358円
3月 +429,661円
4月 +904,368円
5月 -26,837円
6月 +714,074円
7月 -134,412円
8月 -404,298円
9月 +41,689円
10月 -716円
11月 +297,847円
12月 +152,757円
2011年単月実績
1月 +716,553円
2月 +4,276,345円
3月 -904,665円
4月 +392,761円
5月 ‐1,074円
6月 +1,785,536円
7月 +1,067,905円
8月 -2,699円
9月 -36,722円
10月 -155,925円
11月 -1,101,595円
12月 +3,010,253円
2012年単月実績
1月 +445,236円
2月 +4,156,587円
3月 +464,643円
4月 +647,891円
5月 -303,563円
6月 +895,820円
7月 +500,588円
8月 +2,019,837円
9月 +2,309,029円
10月 +2,911,645円
11月 +1,905,038円
12月 +566,584円
2013年単月実績
1月 +3,689,198円
2月 ‐1,763円
3月 +4,488,956円
4月 +3,407,555円
5月 +3,391,754円
6月 -329,967円
7月 -255,109円
8月 +162,267円
9月 +330,533円
10月 +5,974,120円
11月 -1,901円
12月 +1,128,033円
2014年単月実績
1月 +1,037,699円
2月 -338,567円
3月 +874,188円
4月 +428,399円
5月 +-0円
6月 +420,193円
7月 +1,938,118円
8月 +2,804,096円
9月 +3,758,505円
10月 -269,071円
11月 +1,663,278円
12月 +2,194,508円
2015年単月実績
1月 +1,253,578円
2月 -509,235円
3月 +845,554円
4月 +4,359,524円
5月 +2,252,550円
6月 +1,742,012円
7月 +1,511,006円
8月 -324,288円
9月 +692,318円
10月 -279,694円
11月 -60,294円
12月 -330,094円
2016年単月実績
1月 -11,494円
2月 -832,594円
3月 +121,789円
4月 +4,401円
5月 +6,467,925円
6月 +-0円
7月 +2,378,006円
8月 +4,517,426円
9月 +1,305,800円
10月 +-0円
11月 +3,033,709円
月別アーカイブ