2017年07月17日

株式投資で儲けるために、勝率以上に重要なこと

私は株式投資でこれまでプラスのリターンを得ることが出来ていますが、株式投資は勝率を上げていくだけで儲けられるわけではありません。

むしろ売買タイミングを改善していくことのほうが勝率よりも重要かもしれません。

利益確定は極力遅めにして利益額を最大化し、損切りは早めに判断して損失額を最小化する、そういった売買タイミングの改善です。

株式投資において底で買って天井で売るなどといったことは出来ませんが、1万円儲かっただけで利益確定しつつ、損切りの判断は5万円~6万円の含み損を抱えてもなかなか出来ないといったことが、株式投資の初心者の方に多いと思います。

その売買のタイミングを改善していくことで、株式投資で儲けがでるようになってきます。

売買タイミング改善活動は私も継続中で、終わりのない取り組みになると思っています。

Twitterでもつぶやいています。ブログの更新情報もお知らせ。
株のブログランキングはこちら↓
最近苦戦気味。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ



kabu2oku at 06:00│Comments(2) このエントリーをはてなブックマークに追加 株日記 

この記事へのコメント

1. Posted by 中原信者につぐ   2017年07月17日 09:15
勝率を高める、とは、多分、経済の各項目を推定し、一つ一つ確認しながら、投資額を増やしていくということでしょうか。
人手不足→新卒内定率→半導体産業の拡大基調変わらず→半導体産業への大口派遣元UTグループへの投資。
投資(売買)タイミング、とは、人手不足が分かった時点で、一部運用資産をUTグループに振り向けておく、ということでしょうか。
日経平均は右肩上がり、日本企業のEPSは拡大基調となってきていますので、これらを見通して早くから投資できた投資家ほど有利となります。日経恐怖指数VIも低下基調ですし、経済危機が無いなら、短期投資では利益を上げにくくなり、中長期投資に切り替えていった方が儲かることになります。
私はトランプ政権が短期ドル安・長期ドル高と矛盾に満ちたことを唱えている間は、国際政治が流動的で経済危機が起きやすいと思っています。矛盾に満ちたとは言っても、アメリカ都合で為替が動くということでしょう。為替変動幅は年々拡大すると思います。
日本株は為替影響が比較的強いため、ドル安円高の限界を見定めて、売買タイミングを決定することが重要になりそうです。

2. Posted by Reko   2017年07月17日 13:08
買うときはあまり考えず
ポチっとできるのですが、
売るときのタイミングがまったく分かりません。買値の半分近くになると半分あきらめて、損切りもせずに2年ほどそのまま放置しているとグングン上がってきたりもします。。。個別株はおもしろいです。

コメントする

名前
URL
 
  絵文字
 
 
リンク先更新情報
記事検索
Twitter プロフィール
Twilog
http://twilog.org/2okutameo

株ブログ
株のブログランキングに参加しています。↓
にほんブログ村 株ブログへ
投資型クラウドファンディング
私も利用中です。
株式資産推移
目標2億円!
2003年8月250万円から開始
2003 3,749,270円
2004 10,050,809円
2005 19,343,361円
2006 26,607,577円
2007 24,009,559円
2008 25,674,910円
2009 27,361,196円
2010 29,754,162円
2011 38,800,835円
2012 55,320,170円
2013 77,306,846円
2014 91,818,192円
2015 103,301,223円
2016 119,956,097円
2017 155,490,726円
株式型クラウドファンディング
現在1社に投資中
投資成績(詳細)
2009年単月実績
1月 -1,250円
2月 +294,916円
3月 -508,060円
4月 +441,170円
5月 +70,500円
6月 +-0円
7月 +133,777円
8月 -1,794円
9月 +1,062,470円
10月 +417,720円
11月 -10,374円
12月 -71,789円
2010年単月実績
1月 +419,191円
2月 -358円
3月 +429,661円
4月 +904,368円
5月 -26,837円
6月 +714,074円
7月 -134,412円
8月 -404,298円
9月 +41,689円
10月 -716円
11月 +297,847円
12月 +152,757円
2011年単月実績
1月 +716,553円
2月 +4,276,345円
3月 -904,665円
4月 +392,761円
5月 ‐1,074円
6月 +1,785,536円
7月 +1,067,905円
8月 -2,699円
9月 -36,722円
10月 -155,925円
11月 -1,101,595円
12月 +3,010,253円
2012年単月実績
1月 +445,236円
2月 +4,156,587円
3月 +464,643円
4月 +647,891円
5月 -303,563円
6月 +895,820円
7月 +500,588円
8月 +2,019,837円
9月 +2,309,029円
10月 +2,911,645円
11月 +1,905,038円
12月 +566,584円
2013年単月実績
1月 +3,689,198円
2月 ‐1,763円
3月 +4,488,956円
4月 +3,407,555円
5月 +3,391,754円
6月 -329,967円
7月 -255,109円
8月 +162,267円
9月 +330,533円
10月 +5,974,120円
11月 -1,901円
12月 +1,128,033円
2014年単月実績
1月 +1,037,699円
2月 -338,567円
3月 +874,188円
4月 +428,399円
5月 +-0円
6月 +420,193円
7月 +1,938,118円
8月 +2,804,096円
9月 +3,758,505円
10月 -269,071円
11月 +1,663,278円
12月 +2,194,508円
2015年単月実績
1月 +1,253,578円
2月 -509,235円
3月 +845,554円
4月 +4,359,524円
5月 +2,252,550円
6月 +1,742,012円
7月 +1,511,006円
8月 -324,288円
9月 +692,318円
10月 -279,694円
11月 -60,294円
12月 -330,094円
2016年単月実績
1月 -11,494円
2月 -832,594円
3月 +121,789円
4月 +4,401円
5月 +6,467,925円
6月 +-0円
7月 +2,378,006円
8月 +4,517,426円
9月 +1,305,800円
10月 +-0円
11月 +3,033,709円
12月 +-0円
2017年単月実績
1月 +8,844,528円
2月 +-0円
3月 +7,675,286円
4月 -15,756円
5月 -496,746円
6月 +2,886,228円
7月 +2,437,512円
8月 +3,071,260円
9月 +11,132,317円
月別アーカイブ