2018年12月04日

税務署から手紙が届きました

先日、地元の税務署から一通の手紙が届きました。

IMG_1041IMG_1040










私は株式投資の納税方法を源泉徴収ではなく申告分離方式で行っていて、毎年確定申告を行っています。

毎年国税庁のホームページの「確定申告書作成コーナー」で申告書フォームに必要事項を入力の上、印刷し、源泉徴収票などとともに税務署に郵送しているのですが、今回届いた手紙の内容は簡単に言うと「e-Taxの手続きが便利になります」という内容でした。

従来e-Taxによる確定申告を行う場合は、マイナンバーカードやICカードリーダライタの準備が必要だったのですが、税務署にてIDとパスワードを発行すれば、どちらも不要でe-Taxによる確定申告が出来るというものです。

ID、パスワードの発行は税務署が営業している平日しかできませんし、税務署に行かなくてはならない不便さはありますが、先日平日に有給休暇が取れましたので最寄りの税務署でID、パスワードを発行してもらってきました。

待ち時間をのぞくと、ID、パスワード発行に必要な時間は10分程度で、発行手続きには本人確認書類(運転免許証など)の持参が必要になります。

国税庁としては「マイナンバーカード」による申告を推奨していて、ID,パスワード方式による申告は暫定的な対応とのことですが、全国どこの税務署でもID,パスワードの発行はしてくれるそうですので、確定申告にe-Taxを利用していない方は来年2月の申告時期までに平日に休みが取れれば、税務署に訪問してみると良いと思います

Twitterでもつぶやいています。ブログの更新情報もお知らせ。
株のブログランキングはこちら↓
最近苦戦気味。応援よろしくお願いします!
にほんブログ村 株ブログへ



kabu2oku at 06:00│Comments(5) このエントリーをはてなブックマークに追加 株日記 

この記事へのコメント

1. Posted by 弱虫投資家   2018年12月04日 23:24
5 年に一回、e-Taxの確定申告時だけに使っているマイナンバーカードは、こうなると年に一回も使うことなく半永久的に引き出しの中に眠ったままとなりそうです。σ(^_^;
2. Posted by ひらめ   2018年12月05日 10:19
4 いつも拝見しております。
なかなかうまくいかないのに日々苦戦しております。そこで質問です
どうして申告分離課税になれているでしょうか?
理由などなりましたら 参考にしたいのです。
一般的には源泉を利用するかと思うのですが
確定する金額の大きさでやはり変わるものなのでしょうか?よろしくお願いします。
3. Posted by 弐億貯男   2018年12月05日 19:44
ひらめさん
申告分離課税で確定申告を毎年やっておかないと損益通算が出来ないためです。
4. Posted by はるたろう   2018年12月05日 20:36
自分は 特定口座(源泉徴収) ですが、やはり損益通算はしたいので確定申告はしています。
便乗質問ですみませんが、源泉徴収しない形にしているのはなぜですか? 「税の影響を受けない状態での損益」を記録しやすい、とかですかね?
5. Posted by 弐億貯男   2018年12月05日 21:38
@はるたろうさん
あとはふるさと納税で確実に確定申告が必要になってます。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
リンク先更新情報
記事検索
Twitter プロフィール
Twilog
http://twilog.org/2okutameo

株ブログ
株のブログランキングに参加しています。↓
にほんブログ村 株ブログへ
投資型クラウドファンディング
私も利用中です。
株式資産推移
目標2億円!
2003年8月250万円から開始
2003 3,749,270円
2004 10,050,809円
2005 19,343,361円
2006 26,607,577円
2007 24,009,559円
2008 25,674,910円
2009 27,361,196円
2010 29,754,162円
2011 38,800,835円
2012 55,320,170円
2013 77,306,846円
2014 91,818,192円
2015 103,301,223円
2016 119,956,097円
2017 157,516,713円
2018 185,068,223円
株式型クラウドファンディング
現在4社に投資中
投資成績(詳細)
2009年単月実績
1月 -1,250円
2月 +294,916円
3月 -508,060円
4月 +441,170円
5月 +70,500円
6月 +-0円
7月 +133,777円
8月 -1,794円
9月 +1,062,470円
10月 +417,720円
11月 -10,374円
12月 -71,789円
2010年単月実績
1月 +419,191円
2月 -358円
3月 +429,661円
4月 +904,368円
5月 -26,837円
6月 +714,074円
7月 -134,412円
8月 -404,298円
9月 +41,689円
10月 -716円
11月 +297,847円
12月 +152,757円
2011年単月実績
1月 +716,553円
2月 +4,276,345円
3月 -904,665円
4月 +392,761円
5月 ‐1,074円
6月 +1,785,536円
7月 +1,067,905円
8月 -2,699円
9月 -36,722円
10月 -155,925円
11月 -1,101,595円
12月 +3,010,253円
2012年単月実績
1月 +445,236円
2月 +4,156,587円
3月 +464,643円
4月 +647,891円
5月 -303,563円
6月 +895,820円
7月 +500,588円
8月 +2,019,837円
9月 +2,309,029円
10月 +2,911,645円
11月 +1,905,038円
12月 +566,584円
2013年単月実績
1月 +3,689,198円
2月 ‐1,763円
3月 +4,488,956円
4月 +3,407,555円
5月 +3,391,754円
6月 -329,967円
7月 -255,109円
8月 +162,267円
9月 +330,533円
10月 +5,974,120円
11月 -1,901円
12月 +1,128,033円
2014年単月実績
1月 +1,037,699円
2月 -338,567円
3月 +874,188円
4月 +428,399円
5月 +-0円
6月 +420,193円
7月 +1,938,118円
8月 +2,804,096円
9月 +3,758,505円
10月 -269,071円
11月 +1,663,278円
12月 +2,194,508円
2015年単月実績
1月 +1,253,578円
2月 -509,235円
3月 +845,554円
4月 +4,359,524円
5月 +2,252,550円
6月 +1,742,012円
7月 +1,511,006円
8月 -324,288円
9月 +692,318円
10月 -279,694円
11月 -60,294円
12月 -330,094円
2016年単月実績
1月 -11,494円
2月 -832,594円
3月 +121,789円
4月 +4,401円
5月 +6,467,925円
6月 +-0円
7月 +2,378,006円
8月 +4,517,426円
9月 +1,305,800円
10月 +-0円
11月 +3,033,709円
12月 +-0円
2017年単月実績
1月 +8,844,528円
2月 +-0円
3月 +7,675,286円
4月 -15,756円
5月 -496,746円
6月 +2,886,228円
7月 +2,437,512円
8月 +3,071,260円
9月 +11,132,317円
10月 +1,508,175円
11月 +-0円
12月 +517,812円
2018年単月実績
1月 +4,994,254円
2月 +5,304,190円
3月 +4,894,312円
4月 +-0円
5月 -146,452円
6月 +-0円
7月 -549,540円
8月 +2,082,060円
9月 +10,972,686円
月別アーカイブ