2020年01月14日

私がIPOセカンダリー投資を活用する理由

私は新規上場(IPO)銘柄が、上場後数か月程度経過して人気が無くなって株価が割安になったところで購入する、いわゆるIPOセカンダリー投資を好んで行っています。

なぜIPOセカンダリー投資を活用しているのかというと、銘柄探しに手間をかけたくないためです。

全上場銘柄の中から割安成長株を見つけ出すのは、証券会社が提供するスクリーニング機能をもってしても難しく、時間のかかる作業になります。

いっぽうで新規上場銘柄の多くは成長戦略を掲げていますので、目論見書や成長可能性に関する資料(マザーズ銘柄の場合)、そのほかに上場時の社長インタビューを通して、成長性がありそうだと判断した銘柄を株価指標的にお手頃感が出てきたタイミングで拾っています。

この運用ですが、2011年、2012年頃からずっと続けていて成果につながっていますので、うまくいく間はこの手抜き投資であるIPOセカンダリー投資を継続したいと思います。

なお、IPO銘柄の中には上場後すぐに業績を下方修正する上場ゴール銘柄もありますので、成長銘柄だと思って購入した銘柄であっても、その目論見が崩れるような悪材料が出た場合は、躊躇せずに損切りすることを徹底していきたいと思います。

Twitterでもつぶやいています。
ブログの更新情報もお知らせ。
株のブログランキングはこちら↓応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログへ



kabu2oku at 06:00│Comments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 株日記 

この記事へのコメント

1. Posted by サラリーマン投資家   2020年01月14日 07:54
こんにちは。いつも楽しくブログを読ませていただいております。よろしければ質問をさせてください。
私もセカンダリー投資を行なっておりますが、初値で買い、その日もしくは数日後に売るという短期です。
株価が落ち着いてから買われるのは具体的な目安の時期はありますか?例えば、90-180のロックアップ解除後や、BCが売却後など。もしありましたら、教えてください。よろしくお願いします。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
リンク先更新情報
記事検索
Twitter プロフィール
Twilog
http://twilog.org/2okutameo

株ブログ
株のブログランキングに参加しています。↓
にほんブログ村 株ブログへ
貸付型クラウドファンディング
株式資産推移
2億円達成!
2003年8月250万円から開始
2003 3,749,270円
2004 10,050,809円
2005 19,343,361円
2006 26,607,577円
2007 24,009,559円
2008 25,674,910円
2009 27,361,196円
2010 29,754,162円
2011 38,800,835円
2012 55,320,170円
2013 77,306,846円
2014 91,818,192円
2015 103,301,223円
2016 119,956,097円
2017 157,516,713円
2018 187,954,799円
2019 224,487,100円
株式型クラウドファンディング
現在4社に投資中
投資成績(詳細)
2015年以前の実績はこちら
2016年単月実績
1月-11,494円
2月-832,594円
3月+121,789円
4月+4,401円
5月+6,467,925円
6月+-0円
7月+2,378,006円
8月+4,517,426円
9月+1,305,800円
10月+-0円
11月+3,033,709円
12月+-0円
2017年単月実績
1月+8,844,528円
2月+-0円
3月+7,675,286円
4月-15,756円
5月-496,746円
6月+2,886,228円
7月+2,437,512円
8月+3,071,260円
9月+11,132,317円
10月+1,508,175円
11月+-0円
12月+517,812円
2018年単月実績
1月+4,994,254円
2月+5,304,190円
3月+4,894,312円
4月+-0円
5月-146,452円
6月+-0円
7月-549,540円
8月+2,082,060円
9月+10,972,686円
10月+3,864,116円
11月-977,540円
12月+-0円
2019年単月実績
1月+-0円
2月+-0円
3月+14,323,176円
4月+-0円
5月+178,475円
6月+25,485円
7月-33,846円
8月+22,693,180円
9月+-0円
10月+525円
11月-654,694円
月別アーカイブ