2020年03月23日

いまの相場はピンチはチャンス?

株式市場が2月以降、短期間で大きく調整しました。

ピンチはチャンスという言葉もある通り、株式市場の需給が悪化して暴落した局面は絶好の株式購入タイミングなことも多いのですが、いっぽうで景気後退局面においては下落の過程に過ぎないかもしれません。

私は2017年頃からアベノミクスの相場はそろそろ終わるのではないかということで、買付余力を増やしはじめました。

私が買付余力を増やしたタイミングは、結果としては早すぎで、2019年末までの上昇相場においてはチャンスロスにつながったのですが、ここ1年~2年は証券口座の約3分の2を買付余力として現金で残していましたので、今年2月からの新型コロナウィルス騒動による影響も3分の1に抑えることが出来ました。

ここまで株式市場が調整すると、またまたピンチはチャンスということで、私自身も買いたくなってきていますが、果たして日経平均株価は最悪どの水準まで下落するのでしょうか。

2016年につけた安値15,000円台なのか、アベノミクスをすべて帳消しにする日経平均株価10,000円までの下落なのか・・・。

万一株式市場がパニックになって日経平均株価が一時10,000円まで下落という展開になれば、ピンチはチャンスということで、落ちるナイフをつかみに行きますが、新型コロナウィルス問題の収束が見えない中で、いまの株価水準が底値だと判断しようがないため、いまはまだ強気に出ないようにしようと思います。

Twitterでもつぶやいています。
ブログの更新情報もお知らせ。
株のブログランキングはこちら↓応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログへ



kabu2oku at 06:00│Comments(4) このエントリーをはてなブックマークに追加 株日記 

この記事へのコメント

1. Posted by なにわ   2020年03月23日 07:54
競馬の予想と同じにするわけでは
ないですが、下落局面の一部分と思ってます。

底は誰にもわかりませんが、
コロナが終息するまでは、上値はありません。

長期的な低迷が続きそうな気がします。
1つの時代が終わりつつあると感じてます
2. Posted by こう   2020年03月23日 11:58
5 株は全て売り払い、日経225の売りを継続中です。

コロナの感染拡大が続いており、爆発的な感染もいつ起こるか分からない状況であり、治療薬も当面でてこないとのことです。
日経225は一時的に反発しても上昇に転じることはないと思いますので、反発したら売り増し予定です。
4. Posted by 大手川隆   2020年03月23日 12:17
先ほどの質問の質問は取り消してください。例えば、売買代金三兆円は大盛り上がりと言われてますが、そのまま額面通りその金額が取引されてるんでしょうか?日本人の株を取引きしてる人は1000万人にのぼるとされてますが、意外と少ないんじゃないでしょうか?くだらない質問ですいません。
5. Posted by 弐億貯男   2020年03月23日 21:04
>> 大手川隆 さん
この辺のところは普段意識していないため多いのか少ないのかよくわかりません。
売買高に占める短期売買の比率が多そうですが。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
リンク先更新情報
記事検索
Twitter プロフィール
Twilog
http://twilog.org/2okutameo

株ブログ
株のブログランキングに参加しています。↓
にほんブログ村 株ブログへ
貸付型クラウドファンディング
株式資産推移
2億円達成!
2003年8月250万円から開始
2003 3,749,270円
2004 10,050,809円
2005 19,343,361円
2006 26,607,577円
2007 24,009,559円
2008 25,674,910円
2009 27,361,196円
2010 29,754,162円
2011 38,800,835円
2012 55,320,170円
2013 77,306,846円
2014 91,818,192円
2015 103,301,223円
2016 119,956,097円
2017 157,516,713円
2018 187,954,799円
2019 224,487,100円
2020 228,511,921円
株式型クラウドファンディング
現在4社に投資中
投資成績(詳細)
2015年以前の実績はこちら
2016年単月実績
1月-11,494円
2月-832,594円
3月+121,789円
4月+4,401円
5月+6,467,925円
6月+-0円
7月+2,378,006円
8月+4,517,426円
9月+1,305,800円
10月+-0円
11月+3,033,709円
12月+-0円
2017年単月実績
1月+8,844,528円
2月+-0円
3月+7,675,286円
4月-15,756円
5月-496,746円
6月+2,886,228円
7月+2,437,512円
8月+3,071,260円
9月+11,132,317円
10月+1,508,175円
11月+-0円
12月+517,812円
2018年単月実績
1月+4,994,254円
2月+5,304,190円
3月+4,894,312円
4月+-0円
5月-146,452円
6月+-0円
7月-549,540円
8月+2,082,060円
9月+10,972,686円
10月+3,864,116円
11月-977,540円
12月+-0円
2019年単月実績
1月+-0円
2月+-0円
3月+14,323,176円
4月+-0円
5月+178,475円
6月+25,485円
7月-33,846円
8月+22,693,180円
9月+-0円
10月+525円
11月-654,694円
12月+-0円
2020年単月実績
1月+1,584,824円
2月+1,691,824円
3月+748,173円
月別アーカイブ