2021年04月08日

信用取引は当たり前ではない

私は2002年に株式投資を開始してから、信用取引を行わずに日本株の現物取引のみで運用を続けて、2019年に2億円を達成しました。

投資元本も2003年時点の250万円からは追加投入していません。

Twitterを見ていると、信用取引が身近なものに見えますし、資産を増やすには信用取引が不可欠のように見えるかもしれませんが、そんなことはありません。

現に私はいまだに信用口座を開設せずにここまでやってこれています。

信用取引は手元の現金以上の金額の株式を売買できることもあり、そうしたレバレッジを効かせた取引をしていると損益の振れ幅が大きくなります。

そのため、信用取引は一度の失敗で、リカバリーできないほどの損失を被るリスクがあります。

私は現物取引オンリーだったのにもかかわらず、リーマンショックのころは900万円の含み損を抱えていましたので、仮に当時信用取引を手掛けていたら、大損して相場から退場していたと思います。

株式投資は大損することなく長く続けることが成功の秘訣ですので、信用取引をするのが当たり前のように思う必要は無いと思います。

Twitterでもつぶやいています。
ブログの更新情報もお知らせ。
株のブログランキングはこちら↓応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


kabu2oku at 06:00│Comments(3) このエントリーをはてなブックマークに追加 株日記 

この記事へのコメント

1. Posted by ZELDA   2021年04月08日 07:59
信用取引はなるべく利用しないほうが良いと思っているのですが、もし長期下落相場の場合に利益を得ようとするとレバレッジを1倍にした信用取引の仕組みは必要かもしれないと思っております。
長期下落相場に対しての投資方法について考えをお聞きしたいです。
2. Posted by 弐億貯男   2021年04月08日 08:24
>> ZELDAさん
私は長期下落相場でもコンスタントに儲けようとまでは思っていないため、信用取引を手がけようとまでは思っていません。
買いを手控えることで資産の下落を低減して耐え凌ぐ方針。
4. Posted by 落ち葉拾い   2021年04月10日 18:56
>>弐億さん、ZELDAさん
私もサラリーマンなので弐億さんと同じく一日いくら損益が増えたどころか、ひと月のパフォーマンスとかコンスタントに増やそうとは私も気にしていません。というかそれを私はできませんw

どちらかというと年間パフォとか5年~10年のパフォーマンスで考える方針です。
それも目標とかではなく自然に増えててるので「今年は世間は景気がよかったのか・・」と感じる程度です。
なので信用はレバレッジで投資金がゼロにもなることがあるし短期狙いすぎて利用してないですね。

ただしヘッジでかけることは否定はしません。私もやるときはあります。
だけど外すタイミングが難しく、結局は儲けたりする有効なケースは稀で、しないほうが良かったケースのほうが多いですね。短期の値動きを予想するのは下手くそなので・・

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitter プロフィール
リンク先更新情報
記事検索
株ブログ
貸付型クラウドファンディング
株式資産推移
2億円達成!
2003年8月250万円から開始
2003 3,749,270円
2004 10,050,809円
2005 19,343,361円
2006 26,607,577円
2007 24,009,559円
2008 25,674,910円
2009 27,361,196円
2010 29,754,162円
2011 38,800,835円
2012 55,320,170円
2013 77,306,846円
2014 91,818,192円
2015 103,301,223円
2016 119,956,097円
2017 157,516,713円
2018 187,954,799円
2019 224,487,100円
2020 237,813,529円
投資成績(詳細)
2015年以前の実績はこちら
2016年単月実績
1月-11,494円
2月-832,594円
3月+121,789円
4月+4,401円
5月+6,467,925円
6月+-0円
7月+2,378,006円
8月+4,517,426円
9月+1,305,800円
10月+-0円
11月+3,033,709円
12月+-0円
2017年単月実績
1月+8,844,528円
2月+-0円
3月+7,675,286円
4月-15,756円
5月-496,746円
6月+2,886,228円
7月+2,437,512円
8月+3,071,260円
9月+11,132,317円
10月+1,508,175円
11月+-0円
12月+517,812円
2018年単月実績
1月+4,994,254円
2月+5,304,190円
3月+4,894,312円
4月+-0円
5月-146,452円
6月+-0円
7月-549,540円
8月+2,082,060円
9月+10,972,686円
10月+3,864,116円
11月-977,540円
12月+-0円
2019年単月実績
1月+-0円
2月+-0円
3月+14,323,176円
4月+-0円
5月+178,475円
6月+25,485円
7月-33,846円
8月+22,693,180円
9月+-0円
10月+525円
11月-654,694円
12月+-0円
2020年単月実績
1月+1,584,824円
2月+1,691,824円
3月+748,173円
4月+6,325,400円
5月+577,105円
6月-129,713円
7月+-0円
8月+755,352円
9月+-0円
10月+359,977円
11月+1,075,987円
12月+337,500円
月別アーカイブ