2021年10月12日

株式市場に暴落懸念があれば保有株は売るべきか?

中国の不動産バブルの崩壊懸念が話題になっています。

中国の恒大集団がデフォルトしたら株式市場が暴落するから、保有株式はいったんすべて手放そうと思う人も多いと思いますが、私はそのようなことはしません。

株式市場では数年に一度大きく下落する局面があり、年に数回は株式市場が暴落する日があります。

株式市場に先行き懸念があるからと毎回保有株を全部手放していたら、中長期投資が成り立ちませんし、そうした自分自身や市場の予測は外れて、反対に大きく上昇することもあり得るからです。

現在、私は株式などで保有する資産が45%で、現金買付余力が55%くらいですが、相場の状況によりその比率を多少調整をかけることがあっても、フルポジ、ノーポジといった極端なポジションはとならないつもりです。


私の書籍が9月8日発売されました!好評発売中。


Twitterでもつぶやいています。
ブログの更新情報もお知らせ。
株のブログランキングはこちら↓応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


kabu2oku at 06:00│Comments(6) このエントリーをはてなブックマークに追加 株日記 

この記事へのコメント

1. Posted by 落ち葉拾い   2021年10月12日 06:21
リーマンショックのときに暴落時に手放し、回復したら買おうと思って損切りして安値で買いましたが、二番底を喰らいまた手放し回復を見て買うということをしてしまい結局手放さなければ良かったと思うことがありました。
好調なときにキャッシュを蓄え、極端な暴落時には買い増すことはしても手放さないほうがいいですね。
2. Posted by イチ   2021年10月12日 12:41
いつも楽しく拝見しております。
購入された良品計画は大きく低下しておりますが、まだまだ持ち続けるのでしょうか?
3. Posted by 弐億貯男   2021年10月12日 13:35
>> イチさん
すみません。保有株の売買予定についてはコメントしたしません。
決算発表間近ですので、足元の業績はそちらで確認しようと思ってます
4. Posted by ごえ   2021年10月13日 04:06
こんにちは😃

会社でDCをやってます。
確定拠出年金の運用方法、とネットで調べると
殆どが確定拠出年金は投資し続けることに意味があり、売買はしない方が良い
といった内容の記事を見ます。
もちろん今後の株価は予想できませんが、下がらないとも思えないため、利確したいと思います。
スイッチングで利確することは、確定拠出年金の運用メリットに反いてますか?
予測できないことをやるのはギャンブルっぽいですが、同じ投資信託を持ち続けることも同様に下がらないとも言えないので同じような気がします。
5. Posted by 弐億貯男   2021年10月13日 05:56
>> ごえさん
私は確定拠出年金で海外株式100%だったのですが2017年あたりに半分程度売却して定期預金と海外債券にスイッチングしてしまいました。
判断が早すぎてリターンが低下しまったのですが一気に比率を変えるのは予想を外すと後悔しますね…
6. Posted by ごえ   2021年10月14日 06:13
弐億さん

ご回答ありがとうございます。
今は海外株式が100%です!やり過ぎないようにしながらも、スイッチングやってみようと思います!

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitter プロフィール
リンク先更新情報
記事検索
株ブログ
貸付型クラウドファンディング
株式資産推移
2億円達成!
2003年8月250万円から開始
2003 3,749,270円
2004 10,050,809円
2005 19,343,361円
2006 26,607,577円
2007 24,009,559円
2008 25,674,910円
2009 27,361,196円
2010 29,754,162円
2011 38,800,835円
2012 55,320,170円
2013 77,306,846円
2014 91,818,192円
2015 103,301,223円
2016 119,956,097円
2017 157,516,713円
2018 187,954,799円
2019 224,487,100円
2020 237,813,529円
2021 254,018,724円
投資成績(詳細)
2015年以前の実績はこちら
2016年単月実績
1月-11,494円
2月-832,594円
3月+121,789円
4月+4,401円
5月+6,467,925円
6月+-0円
7月+2,378,006円
8月+4,517,426円
9月+1,305,800円
10月+-0円
11月+3,033,709円
12月+-0円
2017年単月実績
1月+8,844,528円
2月+-0円
3月+7,675,286円
4月-15,756円
5月-496,746円
6月+2,886,228円
7月+2,437,512円
8月+3,071,260円
9月+11,132,317円
10月+1,508,175円
11月+-0円
12月+517,812円
2018年単月実績
1月+4,994,254円
2月+5,304,190円
3月+4,894,312円
4月+-0円
5月-146,452円
6月+-0円
7月-549,540円
8月+2,082,060円
9月+10,972,686円
10月+3,864,116円
11月-977,540円
12月+-0円
2019年単月実績
1月+-0円
2月+-0円
3月+14,323,176円
4月+-0円
5月+178,475円
6月+25,485円
7月-33,846円
8月+22,693,180円
9月+-0円
10月+525円
11月-654,694円
12月+-0円
2020年単月実績
1月+1,584,824円
2月+1,691,824円
3月+748,173円
4月+6,325,400円
5月+577,105円
6月-129,713円
7月+-0円
8月+755,352円
9月+-0円
10月+359,977円
11月+1,075,987円
12月+337,500円
2021年単月実績
1月+-0円
2月+860,012円
3月+2,074,777円
4月+9,453,003円
5月-245,350円
6月+-0円
7月+1,815,234円
8月-638,253円
9月+-0円
10月+-0円
11月+3,266,800円
12月-381,028円
月別アーカイブ