2021年10月13日

割安な株だけでは不十分な理由

私は割安成長株狙いの投資ということで、割安株と成長株の二兎を追うようなことを言っています。

私が割安成長株ということで、銘柄選びの際に成長性を重視しているのは、今後日本国内において少子高齢化が着実に進むからです。

単純な考えなのですが、直近~今期までの数年間で成長できていない企業は、今後少子高齢化が進む中で減収減益のスパイラルに陥るかもしれません。

利益が減ると割安株が割安ではなくなってしまいますので、割安なだけでなく成長力のある銘柄を選ぶようにしています。

なお、日本株の中には割安かつ二桁成長の銘柄はまだまだたくさんありますので、割安株かつ成長株という二兎を追うことは十分可能だと思います。

私の書籍が9月8日発売されました!好評発売中。


Twitterでもつぶやいています。
ブログの更新情報もお知らせ。
株のブログランキングはこちら↓応援お願いします!
にほんブログ村 株ブログへ
にほんブログ村


kabu2oku at 06:00│Comments(1) このエントリーをはてなブックマークに追加 株日記 

この記事へのコメント

1. Posted by 落ち葉拾い   2021年10月13日 06:14
私も同じ選別法かな・・
EPSと売上高が右肩上がりで成長していて、なおかつ極端に割高ではない株をスクリーニングしています。
割安であることのみを理由で買うことはないですね。
なので長期保有で上がる株のみで急騰する株とかはほぼ掴めてないかもしれません。
テンバガーを狙う人は一年以内で急激な変化をした株を狙うと聞きます。
今年は日本郵船だけはその変化を見つけることができてうまく2000円台で買えましたがこういうのはほぼ運です。

コメントする

名前
 
  絵文字
 
 
Twitter プロフィール
リンク先更新情報
記事検索
株ブログ
貸付型クラウドファンディング
株式資産推移
2億円達成!
2003年8月250万円から開始
2003 3,749,270円
2004 10,050,809円
2005 19,343,361円
2006 26,607,577円
2007 24,009,559円
2008 25,674,910円
2009 27,361,196円
2010 29,754,162円
2011 38,800,835円
2012 55,320,170円
2013 77,306,846円
2014 91,818,192円
2015 103,301,223円
2016 119,956,097円
2017 157,516,713円
2018 187,954,799円
2019 224,487,100円
2020 237,813,529円
2021 250,201,321円
投資成績(詳細)
2015年以前の実績はこちら
2016年単月実績
1月-11,494円
2月-832,594円
3月+121,789円
4月+4,401円
5月+6,467,925円
6月+-0円
7月+2,378,006円
8月+4,517,426円
9月+1,305,800円
10月+-0円
11月+3,033,709円
12月+-0円
2017年単月実績
1月+8,844,528円
2月+-0円
3月+7,675,286円
4月-15,756円
5月-496,746円
6月+2,886,228円
7月+2,437,512円
8月+3,071,260円
9月+11,132,317円
10月+1,508,175円
11月+-0円
12月+517,812円
2018年単月実績
1月+4,994,254円
2月+5,304,190円
3月+4,894,312円
4月+-0円
5月-146,452円
6月+-0円
7月-549,540円
8月+2,082,060円
9月+10,972,686円
10月+3,864,116円
11月-977,540円
12月+-0円
2019年単月実績
1月+-0円
2月+-0円
3月+14,323,176円
4月+-0円
5月+178,475円
6月+25,485円
7月-33,846円
8月+22,693,180円
9月+-0円
10月+525円
11月-654,694円
12月+-0円
2020年単月実績
1月+1,584,824円
2月+1,691,824円
3月+748,173円
4月+6,325,400円
5月+577,105円
6月-129,713円
7月+-0円
8月+755,352円
9月+-0円
10月+359,977円
11月+1,075,987円
12月+337,500円
2021年単月実績
1月+-0円
2月+860,012円
3月+2,074,777円
4月+9,453,003円
月別アーカイブ