IPO投資

2009年09月16日

IPO狙いの投資法6 IPO投資にお勧めの証券会社

私がIPO投資用にお勧めする証券会社をまとめました。

IPOの需要申告には、どの証券会社も配分数以上の
申し込みが殺到している為、
当選確率を上げるためにも、IPO投資用に2~3社の
証券口座を持っておくことをお勧めします。


お勧め証券会社


マネックス証券
配分方法 : 完全抽選
マネックス証券はIPOの配分方法も資産や取引状況に関係なく
平等に抽選をおこなう為、個人投資家に有利です。
比較.ComのIPOでは、主幹事だったマネックス証券への
割り当て数は実に4,000株ということで、マネックス証券に
口座開設していた数多くの投資家が200万円以上の利益を
手にしたと思われます。


SBI証券
配分方法 : 完全抽選(+ポイント制)
ネット専業証券会社としてダントツの1位の口座数を
誇るだけあって、現在はIPOの需要申告を行っても
なかなか当選しない状況が続いていますが、
外れるたびにIPOチャレンジポイントが加算される為、
そのポイント数分当選確率が上がっていきます。


株のブログランキングはこちら(投票お願いします!)
にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ


kabu2oku at 12:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加

2009年09月15日

IPO狙いの投資法5 IPOで当選確率を上げるには?

IPOは最近では人気が殺到し、需要申告を行っても
百人に一人、千人に一人しか購入できない(当選しない)
といったケースも出てきています。
だからといって諦めてしまうのは非常にもったいない話です。
少し工夫をすればIPO銘柄を手に入れられる確率を上げる
ことができます。
これからその方法をご案内しますので皆さんも実践してみて
ください。

IPOで当選確率を上げるには、
通常株式取引を行っている証券会社とは別に2~3社、
証券口座を開設することをお勧めします。

そして証券会社を選ぶ際には以下の基準を参考にしてください。

1.IPOの引き受け数の多い証券会社を選ぶこと。
IPOの引き受けが少ない(あるいは、無い)証券会社に
口座開設をしても、なかなかIPO銘柄を手に入れることは
出来ません。

2.個人投資家に有利な株式の配分を行っている
証券会社を選ぶこと。

割り振りを抽選で公平に行う証券会社を選ぶことを
お勧めします。
取引状況によって、当選確率に差をつける証券会社もあります。

3.IPOの引き受けが多い割に口座開設者数が少ない
証券会社を選ぶこと。

口座開設者(利用者)の少ない証券会社ほど、IPO銘柄が
当選しやすいです。
あえて大手の証券会社以外にも口座開設をしておくと良いと
思います。

4.主幹事を引き受けることがある証券会社を選ぶこと。
主幹事証券会社には、公募増資と売出しの株式を合わせた
公開株式合計の50%以上が割り当てられるケースが多く、
主幹事となることが多い証券会社に口座開設しておくと、
当選確率が上がります。

なお、IPOの需要申告は証券会社に口座を開設しているだけでは
抽選の対象とはなりません。その為、IPOの需要申告を
おこなう際は証券口座にお金を入れている必要があります。

IPOの度に証券会社間の資金移動をするのは、手間がかかり
ますので、資金的に余裕があれば、IPOの需要申告用に
開設した口座には、常に50万円前後の資金を置いておいた
ほうが便利だと思います。

さて、具体的に私がお勧めする証券会社を紹介します。

株のブログランキングはこちら(投票お願いします!)
にほんブログ村 株ブログへ人気ブログランキングへ


kabu2oku at 12:00|PermalinkComments(3)TrackBack(0) このエントリーをはてなブックマークに追加
リンク先更新情報
記事検索
Twitter プロフィール
Twilog
http://twilog.org/2okutameo

株ブログ
株のブログランキングに参加しています。↓
にほんブログ村 株ブログへ
株式資産推移
目標2億円!
2003年8月250万円から開始
2003 3,749,270円
2004 10,050,809円
2005 19,343,361円
2006 26,607,577円
2007 24,009,559円
2008 25,674,910円
2009 27,361,196円
2010 29,754,162円
2011 38,800,835円
2012 55,320,170円
2013 77,306,846円
2014 91,818,192円
2015 103,301,223円
2016 119,956,097円
お勧め定期購読誌

週刊東洋経済
定期購読で最大40%OFF
週刊東洋経済は私が定期購読しているビジネス誌です。時折会社四季報の先取り特集も掲載されますので、銘柄選定にも役立ちそうです。
投資成績(詳細)
2009年単月実績
1月 -1,250円
2月 +294,916円
3月 -508,060円
4月 +441,170円
5月 +70,500円
6月 +-0円
7月 +133,777円
8月 -1,794円
9月 +1,062,470円
10月 +417,720円
11月 -10,374円
12月 -71,789円
2010年単月実績
1月 +419,191円
2月 -358円
3月 +429,661円
4月 +904,368円
5月 -26,837円
6月 +714,074円
7月 -134,412円
8月 -404,298円
9月 +41,689円
10月 -716円
11月 +297,847円
12月 +152,757円
2011年単月実績
1月 +716,553円
2月 +4,276,345円
3月 -904,665円
4月 +392,761円
5月 ‐1,074円
6月 +1,785,536円
7月 +1,067,905円
8月 -2,699円
9月 -36,722円
10月 -155,925円
11月 -1,101,595円
12月 +3,010,253円
2012年単月実績
1月 +445,236円
2月 +4,156,587円
3月 +464,643円
4月 +647,891円
5月 -303,563円
6月 +895,820円
7月 +500,588円
8月 +2,019,837円
9月 +2,309,029円
10月 +2,911,645円
11月 +1,905,038円
12月 +566,584円
2013年単月実績
1月 +3,689,198円
2月 ‐1,763円
3月 +4,488,956円
4月 +3,407,555円
5月 +3,391,754円
6月 -329,967円
7月 -255,109円
8月 +162,267円
9月 +330,533円
10月 +5,974,120円
11月 -1,901円
12月 +1,128,033円
2014年単月実績
1月 +1,037,699円
2月 -338,567円
3月 +874,188円
4月 +428,399円
5月 +-0円
6月 +420,193円
7月 +1,938,118円
8月 +2,804,096円
9月 +3,758,505円
10月 -269,071円
11月 +1,663,278円
12月 +2,194,508円
2015年単月実績
1月 +1,253,578円
2月 -509,235円
3月 +845,554円
4月 +4,359,524円
5月 +2,252,550円
6月 +1,742,012円
7月 +1,511,006円
8月 -324,288円
9月 +692,318円
10月 -279,694円
11月 -60,294円
12月 -330,094円
2016年単月実績
1月 -11,494円
2月 -832,594円
3月 +121,789円
4月 +4,401円
5月 +6,467,925円
6月 +-0円
7月 +2,378,006円
8月 +4,517,426円
9月 +1,305,800円
10月 +-0円
11月 +3,033,709円
月別アーカイブ