カブログゥ!

相場観や経済、投資、トレードの話題中心のブログです。

本日の株式市場


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!

[日経平均] 19,095.24 (-192.04)
[出来高] 14億6955万株
[売買代金] 1兆8872億円
[売買シグナル]
騰落レシオ   113.7%
25日乖離率     -0.9%
ストキャス    38.8%
RSI           40.0%
三本新値陽転値 19,594.16円
(1月16日 陰転)

16日の日経平均株価は反落となりました。
13日のCME日経先物は上昇していたものの、円高を嫌気して寄り付きから売りが先行。
後場は為替が1ドル=113円台まで円高に振れる局面もありましたが、
日銀によるETF買い入れも入ったようで日経平均の下値は限定的でした。
ただ、主要指数は全て下落、業種別株価指数は空運を除く32業種が下落。
6047Gunosyなど材料の出た新興銘柄が局所的な賑わいを見せたものの、ほぼ全面安となりました。
下落率上位3業種は鉄鋼、海運、鉱業。


●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

管理人の独り言


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!

現在 2017年1月13日 16時35分

日経平均株価 週足チャート

平成29年1月13日(金)日経週足

1月第2週の日経平均株価の週足チャートは下髭の陰線が示現しました。
大発会の大幅上昇以降は売りに押される展開が続いています。

ドル円 週足チャート

平成29年1月13日(金)ドル円

ドル円の週足チャートは大きな陰線が示現しており、先安感が強い形状。
今週の日経平均は下げましたが、為替と比較してかなり強いなという印象です。

今週はトランプの記者会見が動意材料となりました。
来週20日はいよいよ第45代米大統領就任式です。
昨年の米大統領選以降、「株は大統領就任式までは強い」という見方が多かったですが、NYダウは12月中旬以降は二万ドル手前でもみ合いが続いています。
「セルインメイ」と言われる春までは強いと言う見方も多いようです。
逆に、ここからトレンドが変わると予測している識者はほぼ皆無。
それもそのはずで、足元の株価は上昇基調で経済指標も特段悪化していない今の状況では先行きの見通しが楽観的になって当然です。
ただ、そう言う時に大きなリスクをとって勝てるなら、株式投資で負ける人は殆ど居ません。
引き続き、今は大きなリスクを取るべき局面ではないというスタンスは維持したいと思います。


●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

本日の株式市場


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!

[日経平均] 19,287.28 (+152.58)
[出来高] 16億0020万株
[売買代金] 2兆2566億円
[売買シグナル]
騰落レシオ   123.3%
25日乖離率      0.3%
ストキャス    49.6%
RSI           43.6%
三本新値陰転値 19,114.37円
(1月4日 陽転)

13日の日経平均株価は反発。
CME日経先物に鞘寄せする形で寄り付きから買いが先行しました。
買い一巡後はもみ合いが続きましたが昼休み中の円安&先物高を受けて後場寄りから上げ幅を拡大。
後場寄り後すぐにこの日の高値を付けた後は伸び悩みましたが、高値圏で取引を終えています。
主力株で目立った動きを見せたのは決算が評価された3382セブン&アイHDの大幅高。
半面、新商品の強気な価格設定が嫌気された7974任天堂は大幅安。
主要指数は全て上昇、業種別株価指数は鉄鋼、非鉄金属、その他製品を除く30業種が上昇。
上昇率上位3業種は小売、紙パルプ、電気ガス。


●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

管理人の独り言


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!


現在 2017年1月12日 16時07分

ドル円 日足チャート

平成29年1月12日(木)ドル円

市場参加者注目のトランプ次期米大統領の記者会見が終了しました。
彼が自国経済にとって不利になるような発言をするはずもなく、私は大統領選後の勝利宣言のような優等生的な会見になるのではないかと予想していました。しかし、その予想は外れました。

会見の内容で目立ったのは、米大統領選へのサイバー攻撃に関与したとされるロシア、製薬会社、日本・中国・メキシコとの貿易、メディア(報道機関)などへの批判でした。
特にメディアに対しては辛辣で、CNN記者の質問を拒否するという力技に出ました。
改めてトランプ氏の人格や品格が問題視されているようですが、ここは純粋に政策の方向性のみを見ることが肝要でしょう。
トランプ氏の虚像と実像との乖離は大きく、メディアに毒された極東の島国から実態を掴むのは無理です。
その認識のズレで、多くの識者が英国民投票や大統領選の予想を外しました。

記者会見から察するに、米国の保護主義的政策は撤回されず押し進められることになりそうです。
メキシコとの国境に大きな壁を建設するという案も撤回しておらず、その建設費は後日メキシコに請求するそうです。
(これにメキシコははっきりと拒否の姿勢を示しています。)
CNN記者とのやり取りで見たトランプ氏の意固地な姿勢は今後、様々な対立や摩擦を生むことになりそうです。

会見後の為替はドル安に振れており、市場参加者はトランプ氏の貿易に関する発言をドル高への牽制と捉えたようです。
米国株は上昇しましたが力強さは感じられませんし大統領選勝利宣言後のような動きにはなっていません。
市場はトランプ氏の会見をあまり好感しなかったようです。

「アンチグローバリゼーション」と「米国経済が世界経済を牽引する」という2つの考え方は矛盾します。
今後米国が保護主義的な政策を押し進めていく上で、どういう事が起こり得るのか・・・自分なりに考察してみたいと思います。


●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

本日の株式市場


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!

[日経平均] 19,134.70 (-229.97)
[出来高] 20億0700万株
[売買代金] 2兆3761億円
[売買シグナル]
騰落レシオ   116.2%
25日乖離率     -0.3%
ストキャス    58.3%
RSI           41.8%
三本新値陰転値 19,114.37円
(1月4日 陽転)

12日の日経平均株価は反落。
円高の影響でCME日経先物が下落しており、寄り付きから売りが先行しました。
寄り付き後は円高一服で下げ幅を縮小する場面もありましたが、戻りは限定的。
後場も円高基調は変わらず、安値圏でのもみ合いが続きました。
物色面ではトランプ次期米大統領が記者会見で薬価が高いと発言した煽りを受けて医薬品株の下落が目立ちました。
主要指数は全て下落。業種別株価指数は石油石炭、水産農林を除く31業種が下落。
ほぼ全面安となっています。
下落率上位3業種は医薬品株、紙パルプ、精密機器。


●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。
記事検索
簡易実績

ランキング

☟クリックお願いします☆☟ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




  • ライブドアブログ