カブログゥ!

相場観や経済、投資、トレードの話題中心のブログです。

管理人の独り言


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!

現在 2017年1月11日 16時29分

日経平均株価 日足チャート

平成29年1月11日(水)日経

11日の日経平均株価は4日ぶりの反発となりました。
米大統領選以降、市場のムードは変わりましたが少し気になるのが金価格の上昇。

金先物 日足チャート
平成29年1月11日(水)金先物日足

昨年のクリスマス辺りからジワジワと上昇しています。
米大統領選以降、トランプが掲げる政策のプラス面ばかりがクローズアップされています。
ただ、足元の株価の伸び悩みやこの金価格の上昇を見ると懐疑的な見方もそれなりにあるようです。
きょうはトランプ次期米大統領の会見が控えていますが、まだ期待先行の相場が続くのかどうか、会見後の市場の動きを見て判断したいと思います。


●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

本日の株式市場


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!

[日経平均] 19,364.67 (+63.23)
[出来高] 19億4433万株
[売買代金] 2兆1801億円
[売買シグナル]
騰落レシオ   120.2%
25日乖離率      1.0%
ストキャス    72.3%
RSI           48.6%
三本新値陰転値 19,114.37円
(1月4日 陽転)

11日の日経平均株価は4日ぶりの反発。
CME日経先物に鞘寄せする格好から、寄り付きから買いが先行しました。
前場は円安を追い風にジリ高の展開となりましたが 、後場は円安一服で伸び悩み。
官邸で安倍首相と黒田日銀総裁の会談があったようですが、反応は限定的。
トランプ次期米大統領の会見を控え、積極的な売買は見送られたようです。
主要指数では2部指数、マザーズ指数が下落。
業種別株価指数は全33業種中26業種が上昇。
上昇率上位3業種は鉄鋼、非鉄金属、銀行。
下落率上位3業種は水産農林、不動産、ゴム製品。

●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

管理人の独り言


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!

現在 2017年1月10日 17時00分

日経平均株価 日足チャート

平成29年1月10日(火)日経平均

10日の日経平均株価は3日続落。

NYダウ 日足チャート
平成29年1月10日(火)NYダウ

NYダウは2万ドル手前でもみ合いが続いています。
米大統領選以降の急ピッチな上昇に対し、短期的な過熱感が指摘されていますが上昇が続くという見方が多いようです。

米大統領選後の企業動向で気になるのが、きょうの「トヨタ、米投資1.1兆円」や、先月の「ソフトバンク、米国に500億ドル投資」といった、大手企業の米国投資の話題。
先日はトランプ次期大統領がツイッターでトヨタを名指しで批判しましたが、きょうのトヨタのニュースはそんなトランプ氏の顔色を伺ったのかなという印象も受けました。

米大統領がツイッターで個別の企業やその経営者に関して私見を述べるというのは如何な物かと思いますが・・・トランプは大統領就任後もそうしたツイートを続けるのでしょうか?

去年はツイッターやフェイスブックで拡散した英国民投票や米大統領選に関する情報が大きな認知の歪みを生みました。
今年も同じような事が続きそうな気がします。
何が真実なのか・・・確りと本質を見抜く目を養うしかありませんね。

●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

本日の株式市場


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!

[日経平均] 19,301.44 (-152.89)
[出来高] 18億9467万株
[売買代金] 2兆5992億円
[売買シグナル]
騰落レシオ   121.7%
25日乖離率      0.9%
ストキャス    74.8%
RSI           51.0%
三本新値陰転値 19,114.37円
(1月4日 陽転)

10日の日経平均株価は3日続落となりました。
CME日経先物は小幅に下落しており、鞘寄せする格好から寄り付きは売りが先行。
マイナス圏で取引開始となりましたが、前場は円安を好感して下げ幅を縮小。
後場は円安一服となったため再度マイナス圏に沈むと、そのままマイナス圏で取引を終えました。
主要指数では2部指数、JQ指数、マザーズ指数が上昇しており新興市場はしっかり。
業種別株価指数は全33業種中、29業種が下落。4業種が上昇しています。
下落率上位3業種は保険、電気ガス、鉱業。
上昇率上位3業種は医薬品、紙パルプ、空運。


●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。

管理人の独り言


無料メルマガ遂に開始!!株から先物・オプション・CFDまでブログでしか書けない情報もアリ!

現在 2017年1月6日 15時58分

日経平均株価 日足チャート

平成29年1月5日(木)日経平均

ドル円 日足チャート
平成29年1月6日(金)USD

NYダウ 日足チャート
平成29年1月6日(金)NYダウ

きょう6日の日本株市場も底堅さが感じられました。
年明けで新規資金が流入しているようです。
きょうはファーストリテイリング1銘柄が日経平均株価を110円強押し下げており、それを考慮しても強いと言えます。

大発会から、はや3日が経過しましたが2017年の日本株は力強いスタートを切りました。
米国の経済指標は良好、為替は円安基調、国内の景気指標もまずまず、為替差益から企業業績も上振れが見込める状況、尚且つ下がれば日銀がETFを買ってくる、そんな状況ですから死角はないようにも見えます。
一時期騒ぎになった欧州銀行の不良債権問題などは全く取り沙汰されなくなってしまいました。
そんななか、年明け以降の大手証券会社のストラテジスト、ファンドマネージャーを名乗る方、株式評論家などの相場観・投資スタンスを聞いていると、強気な方が増えたな~という印象ですね。

ただ、昨年もそうでしたが大勢の予想通りに相場が動くケースは殆どありません。
恐らく、行き過ぎるか、梯子を外されるような調整が入るか、どちらかになるのではないでしょうか?
これだけ情報のシャワーを浴びてしまうと、先入観や固定観念を持たずに相場を見つめるというのは非常に難しいですが、できる限りフラットな視点を維持するように心掛けたいと思います。


●金融商品取引業者であることを証する事項

商号 株式会社暁投資顧問

当社は金融商品取引業者(投資助言・代理業者)です。登録番号 関東財務局長(金商)第2654号

【その他重要事項】当社は、一般社団法人日本投資顧問業協会の会員であり、会員名簿を協会事務局で自由にご覧になれます。
また、管轄の関東財務局で、当社の登録簿を自由にご覧になれます。

【十分読むべき旨】ご契約の締結前に、当社よりお渡しする「契約締結前交付書面」の内容を十分にお読みください。

『当ブログの掲載記事は、内容の正確性および安全性を保証するものではありません。また当ブログの掲載記事は、特定の銘柄や投資対象について、特定の投資行動や運用手法を推奨するものではありません。投資に関する最終決定はお客様ご自身の判断でお願いします。
なお、投資によって発生する損益は、すべて投資家の皆様へ帰属します。当該情報に基づいて被ったいかなる損害についても、当社は一切の責任を負うことはありませんので、十分にご注意下さい。
記事検索
簡易実績

ランキング

☟クリックお願いします☆☟ にほんブログ村 株ブログ 株式投資情報へ
にほんブログ村



人気ブログランキングへ




  • ライブドアブログ